誘われて、山・あ・る・記

自然の中に咲く花を求めて、山野を彷徨い歩く”風よとまれ~息を止めて”指先に一伝わる感動の瞬間♪

さわし柿

2016年09月21日 17時24分45秒 | 田舎日記

    ”さわし柿”を作ってみました。

   我が家の圃場の法面に2本の柿の木がありますが、法面に有る事と大木になっている事と

   ちょうど食べ頃になると、我々よりの先にカラスが食べてしまって、なかなか手に出来ません。

   どうせだめならと、”さわし柿”を作ってみました。

            

               収穫した柿です。

      ”さわし柿”は、牡蠣の渋みにショックを与えることで柿渋みがなくなるのです。    

    ショックの与え方は、熱い灰汁の中に数日入れておく入れて方法とアルコール(焼酎)を付ける方法を知っています。

    アルコールショックの方が、簡単で柿も綺麗なのでアルコールショック方法で作りました。

             

                柿のヘタを綺麗に切ります。

                (焼酎が浸み易い様に)

                

                蔕部分をアルコールに付けます。

               (濃度の濃い、ホワイトリカーを使いました。)

        

               密閉できるジップロックニ、残りのアルコールもいれて封印

           

          

                  更に、タオルや毛布に包んで暖かい場所に置いておきます。

    2~3日すると、牡蠣の渋が抜けて、さわし柿独特の風味が味わえます。

     *アルコールは残っていないと思いますが、沢山食べたら車の運転は控えた方が良いかも・・・・・・・・・・?

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼きジャガイモ | トップ | 白菜の定植 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL