今日も、歩いて行こうか…

近郊の山歩きや、昔の街道・古道を歩いてみたり…、鈍行列車で知らない町を訪ねると、探していたモノが…きっと見つかる。

番外編:熊野古道”中辺路”を歩く・・・

2017-04-25 11:19:01 | 昔探しの旅:街道・古道…

昨年後半頃から熊野古道を歩こうと考え、計画しつつ好天が続かずだったり…。

4月、暑くなる前に…と、宿泊場所と週間天気と合わせながら実行計画を立て、

結局、宿泊は紀伊田辺駅近くのホテルで出発二日前に予約、往復のJR特急指定席も。

<一日目>

4月23日(日)朝6:52発の快速で新大阪、特急くろしお1号で紀伊田辺9:58着…

10:15発の明光バスで10:54滝尻バス停下車、

滝尻王子に参拝後、11:00ハードな登りから中辺路が始まりました。

(滝尻王子の向かい、熊野古道館=前もって調べていたので立ち寄らず…)

いきなり始まる木の根道の急坂はホンマにキツイ!

(500mごとに立てられた番号道標が楽しみに…)

11:15不寝王子~登ったり下ったり、木の階段もあれば石畳道もあったり…

もう、汗・汗・汗だく!

高原の集落に近づき12:25高原熊野神社~平坦な道や石畳の下りだったり…

また山中の登りに…、12:54高原池でホッとしたあと、13:00大門王子~

再び、登ったり下ったりを繰り返しながら十丈王子~上多和茶屋跡~大坂本王子~

14:37…牛馬童子口バス停。

ここは国道311号に面し、道の駅:牛馬童子ふれあいパーキングがあり、

ここで”めはりすし”を購入し昼食タイム。

昼食後14:55出発、15:09牛馬童子に出合い…

休むまもなく出発、山道を下ると近露の集落、15:24近露王子…

この集落には美術館や民宿などもあって、外国人ハイカーの姿も多く見かけました…

集落を過ぎて、15:45楠山坂登り口から再び山中の登り坂が続き…

16:04比曽原王子~16:19継桜王子、

この先に進むと、紀伊田辺へ戻るバスの時間に間に合わなくなる恐れもあり、

一日目はここまでに。

継桜王子から下ると”野中の清水”名水百選に選ばれていることで有名…

車道を下り、野中の一歩杉バス停に16:45着、

17:30の最終バスまで時間待ち…

17:30龍神バスで紀伊田辺駅前へ戻り、ホテルにチェックイン18:50、

駅周辺で晩食を済ませホテル(泊)。

 

<二日目>4月24日(月) ホテルを6:20チェックアウト、

紀伊田辺駅 6:35始発の龍神バスで野中の一方杉バス停へ…

野中の一方杉バス停7:49着、出発~継桜王子、

とがの木茶屋前8:07~小広王子~9:05草鞋峠~

草鞋峠から下り林道へ出ると、この先通行禁止で迂回路へ…林道は平坦、

でも、山中の迂回路に入ると

厳しい登り坂、これでもかこれでもかという細い急坂が続き青息吐息…

はるか下に登り始めた付近も…

ようやく登り切った所で、朝のバスで近露から乗車したご夫婦(小広峠まで乗車)が休まれていて…

こちらの足の速さに驚かれながら、近露での民宿が少し離れた場所だったけど一泊二食、弁当も満足だったとか…

小休止を済ませ、先を急ぐことに…歩き難い急な下り坂を経て林道へ~途中、細い坂を下ると10:21蛇形地蔵。

少し進むと、本来の古道分岐に合流、清流の谷川に掛かる橋を渡り

10:30湯川王子~

(この付近ではハイカー(外国人など)の姿も少し見かけるようになったり…)

徐々に坂道、次第に急な坂道を登りきると車道に出て、

10:50三越峠着(小休止)10:55出発…

峠からは下り坂が続き、やがて林道、分岐から下ると音無川沿いに歩き~

11:38船玉神社に…

再び、登り坂を登りきると…11:58、発心門王子に到着

(ここはバスで来ることも可能)

静かな車道の舗装路を下り…

車道の舗装路を下り続け、12:20水呑王子~

集落に入りアップダウンを繰り返しながら伏拝王子~

再び山道に入り整備された下り坂を経て…

13:00三軒茶屋跡・九鬼ヶ口関所跡を過ぎると…

丸石の石畳の登り坂(歩き難い)を過ぎると緩やかなアップダウン~

途中、展望台への分岐があり、階段を上りきると広場があり…

13:20”ちょっとよりみち展望台”本宮の旧社地:大斎原の大鳥居が見えます。

ここで持参のパンを食べながら小休止、13:30出発、

ここからは石畳や整備された下りが続き、集落に出て…

脇道を下ると熊野本宮:裏鳥居前に到着=13:41、(予定よりも早く到着)

本殿に無事到着の感謝をして表鳥居に抜け、バス停、バスの時間を確認後、

14:00旧社地である大斎原へ…

(静かな雰囲気が楽しめると思っていたけど、数箇所で作業員の落ち葉を吹き飛ばす機械の音がうるさくて…)

早々に退散…バス停に戻り14:20…14:37発の明光バスで紀伊田辺駅へ…

紀伊田辺駅前に16:10着、みどりの窓口で当初(19:56発)の特急を変更、16:32発くろしお26号に乗車。

新大阪18:51、新快速に乗り換え、芦屋に19:24帰着。

<参考>

中辺路のメインルート…木の根道、大半が杉林の中の山道、林道、集落の舗装路、

厳しい登り坂もあれば、心地良い風が吹きぬける場所もあったり…でした。

歩行距離:滝尻バス停(滝尻王子)→継桜王子・野中の一方杉バス停

16.9km(標準歩行時間7時間10分、標準所要時間9時間40分)

→今回:歩行時間=4時間45分

歩行距離:野中の一方杉バス停(継桜王子)→熊野本宮大社(大社前バス停)

20.8km(標準歩行時間7時間、標準所要時間8時間50分)

→今回:歩行時間=5時間50分

 普段、六甲山で歩き鍛えているので、今回の時間で歩き通せたようです。

●山中では常にリスクがあると考えるのが基本なので、それらも十分考えました。

●天気が不安定な日は避ける…濡れた石畳道は滑り易く、疲労度が増します。

●途中、民宿などありますが値段設定が外国人向けと思えるような…?

熊野古道:次回は”小辺路”を歩きたいと思っていますが…いつになることやら?

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年 近鉄:新春1dayチケ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。