八王子市のお散歩日記

高尾山を中心とした八王子市の植物・昆虫・野鳥等を日記で綴る

カルガモの親子、ジャコウアゲハの卵・幼虫・蛹

2017-06-09 13:39:06 | 
湯殿川沿いの散歩より。

カルガモの親子が二組いました。雛は6羽のと10羽のでいずれも大分大きくなっています。
親鳥はしっかり見張っているようですが、一人(1羽)でこれだけの子供を育てるのは大変でしょうね。
これだけいても全部は成鳥になるまで生きていけません。ヘビ、カラス、イタチなどに食われるのでしょう。自然の摂理です。





ジャコウアゲハの子供たちはいろんな成長段階のがいました。

卵と幼虫:卵のは今いる幼虫がウマノスズクサを食べ尽くすまでに孵化すればいいのですが。


蛹になりかけの幼虫:本能とはいえうまく糸を使ってつかまるものです。


蛹(お菊虫)


成虫は飛んでいません。そのうち蛹が羽化するのでしょうが、今度は夏型の成虫になっているでしょう。

ものすごく棘があるアザミがありました。ヨーロッパ原産のアメリカオニアザミです。
要注意外来生物に指定されていますが、あまりに棘が強くて駆除しにくいそうです。




以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イチヤクソウ、蟻地獄 | トップ | ムヨウラン(無葉蘭)、カジ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東鴨ルパン)
2017-06-09 18:40:29
ジャコウの誕生場面が見られたら最高ですね!こちらはスズクサも見つかりません。花が咲く時期に見つけてみようと思っています。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL