八王子市のお散歩日記

高尾山を中心とした八王子市の植物・昆虫・野鳥等を日記で綴る

秋に咲く桜

2016-10-14 20:12:37 | 
今日は高尾山登山です。

高尾山の入口、ケーブル清滝駅の近くに今、桜が咲いています。
多分十月桜だと思いますが、この花は春と秋の2回花が咲きます。
春ほど花数が多くありませんが、ピンクがかった可愛い花です。


この他秋の花が沢山咲いていました。

メナモミ:よく似た花でコメナモミというのもありますが、メナモミは葉が大きく縁のギザギザが小さい。また茎に長い毛が生えているのがコメナモミとの相違です。いずれもいわゆるクッツキ(ひっつき)虫の1種です。


木下沢などの湿った場所に集団で生えている花たちです。

ミゾソバ:川沿いの湿った場所などに多く生えています。今は写真のようにまだ蕾がほとんどですが咲く前のほうがピンクが目立って綺麗だと思います。


ツリフネソウ:これも川沿いなどの湿った場所に多く生えていますが盛りは過ぎたようです。ホシホウジャクやヒメクロホウジャク等のスズメガの1種が良く吸蜜に来ています。


セキヤノアキチョウジ


シラネセンキュウ(左)とヤマゼリ(右)


木下沢林道で咲いていた花。

クコ


イヌホオズキ:若い果実もついています。


<花と蝶・蛾>

アサギマダラとアズマヤマアザミ(左)、ヤマゼリ(右)。アサギマダラは非常に多くの種類の花に吸蜜する蝶で生活力?がありますね。


ホシホウジャクとアズマヤマアザミ


<果実>

ヤブミョウガの果実:1号路に沢山ありました。


トキリマメの果実と種子;花は黄色ですが果実は綺麗な赤色です。また、果実が割れても種子はくっ付いたままです。


ツリバナの果実:花は薄い白色で目立ちませんが、果実はご覧のとおり良く目立ち、種子がくっついた変わった形になっています。


<今日の残り蛾>


上の2段はエダシャク蛾です。左上:ウスキツバメエダシャクかシロツバメエダシャクかどちらでしょうか?
右上:クロズウスキエダシャク、中左:クロミスジシロエダシャク、中右:ナカウスエダシャク、下左:ウスキトガリヒメシャク?ヒメシャクは難しい。下右:ヨスジノメイガ。

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冬の訪れ:コガモ | トップ | エリマキツチグリ(コフクロ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アサギマダラ (東鴨ルパン)
2016-10-15 15:27:49
数千キロも移動するのは、道程のあちこちに咲く花の蜜を食することが出来るのも、ひとつの要因のようですね!ひとつの花が絶滅すれば自分も生きられない蝶ではないから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL