八王子市のお散歩日記

高尾山を中心とした八王子市の植物・昆虫・野鳥等を日記で綴る

アケビコノハ(通草木葉蛾:ヤガ科の大形の蛾)

2017-05-20 16:01:05 | 
今日は高尾山へ。好天の土曜日とあって高尾山は繁華街のような賑わいでした。
混雑を避けて、大垂水峠から入り小仏城山から高尾山へと逆道を辿りました。

帰り道の高尾ケーブル山麓駅の近くでアケビコノハに出会いました。

ヤガ科エグリバ類で前翅長が50mmぐらいある大形の蛾です。
この蛾が前翅を閉じると木の葉とそっくりになり、後翅はご覧のとおり綺麗な模様を持ちます。
真昼間にこのように飛び歩くことはまれで、後翅の模様まで見られたのは非常にラッキーでした。


また、この蛾の幼虫は変わった目玉模様を持っています。蛇に擬態して敵を脅す?と言われています。
参考に2015年に撮影したものをあげておきます。


参考:前翅を閉じたアケビコノハ

まず高尾山口駅で東南方の山中に絡みついていたジャケツイバラの黄色い塊が綺麗でした。駅のホームから撮影。


今日他に咲いていた花はエビネ、イカリソウ、ヒメハギ、キンラン、コゴメウツギ、ホウチャクソウ、オオバウマノスズクサ、ホタルカズラ等でいずれも沢山咲いていました。

エビネ:あちこちにあった中で最も数多く群生していたものです。


イカリソウ


ヒメハギ


キンラン:最近の保護活動が徹底されたのか増えてきたように思います。


面白い形をした花でラン科のツレサギソウも先週はまだ蕾でしたが今日は咲いていました。


以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミカンの花 | トップ | 変わった蛾:トリバガ、色の... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (東鴨ルパン)
2017-05-20 17:43:00
ほんとに木の葉ですね!でも擬態しているのに後翅が派手なのは?だな。お洒落かな!
それにしても高尾山は相変わらず随分ながく春が楽しめて羨ましい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL