等阿弥の想う処

朱地等阿弥の投網日記

六花の勇者2 四章 急転

2016-12-24 16:47:02 | 読書
 三年前。
 モーラは<塩>の聖者ウィロンに密約を告白し、協力を請う。
 モーラの本職である万天神殿の長の役割をウィロンに代わってもらい、策略を成功させるため、自分の修行に専念する。
 ーーーウィロンを関わらせたことが、アダとなるのだが。

 テグネウは、配下の四体の凶魔を連れていた。

 モーラは塩嶺結界を張り、テグネウたちを閉じ込める。
 六時間は持つ結界が効いている間に、アドレットたちがテグネウの謎を解くため、奇襲を受けた丘に向かう。

 モーラには千里眼の能力があり、山彦の力と組み合わせると、遠方のものと会話ができるが、フレミーとの七人目への疑惑の議論中、その能力を閉じていた。
 テグネウはモーラに呼びかける。留守番役のウィロンが、もうすぐシェニーラを殺すと。しかし、モーラには聞こえていない。

 丘では、アドレットたちが、テグネウが飛び出してきた穴につながる地下坑道を発見して、探索していた。

 テグネウの再度の呼びかけに、モーラは応じた。
 テグネウはその策略をモーラに語る。
 ウィロンにモーラからの嘘の手紙を出した。魔神が目覚めてから十五日後に、シェニーラに巣食った寄生虫は、彼女を凶魔に変えてしまう。もし、テグネウを倒せなかったら、シェニーラを殺せ、と。
 ーーーだから、あと二日しか猶予はないのだ。

 アドレットは発見した。テグネウのいた地下室に、もう一体の非常に小さな凶魔の痕跡を。
 
 アドレットたちの帰還をまたず、モーラはテグネウを倒すために、一人飛び出す。チャモとフレミーがそれを追う。
 モーラには、奥の手、自爆攻撃をも覚悟していた。
 モーラの身を案じたチャモが、モーラを取り押さえる。

 テグネウは、モーラに話しかける。
 七つ目の紋章を手に入れた経緯と、それを与えたのがお前だと。
 そう言い終えると、テグネウはクラゲの凶魔の中に身を投げ、その凶魔も、結界に飛び込んで、結界を抜け、逃げ去った。
 ーーーこれが嘘で、テグネウ(トカゲ頭の体)は死んだのだが、それも作戦だったわけだ。

 <言葉>の聖者マームアンナの前で、モーラには嘘はつかないと誓ったテグネウである。七人目は自分だったのかと合点したモーラは、シェニーラを救うもう一つの手段、六花の一人を殺すことを決意する。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六花の勇者2 三章 <永の... | トップ | 六花の勇者2 五章 背信者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。