東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

食べなきゃ痩せる? エコな体は不健康?! 健康になる為のダイエットを!

2015年04月25日 | 健康関連

「痩せたいから食べない!」

  という子が来ました。

 

今回来院した子の症状は

頭痛、低血圧、めまい、不眠、生理痛、不順・・・

 

見た目は細い

施術で触れると筋肉の張りがない

脈も弱い・・・

 

聞くとダイエットをしていて、それから余計に症状が重くなっている。

食事は、サラダ中心の食事

一見ヘルシーですね。

けど摂取カロリー不足は明らか

 

恐らく1日の摂取カロリーは1,500kcalに届いていないでしょう。

 「でも動けているし痩せたいし・・・」

 

その気持ちは良くわかるけど、エネルギーが足りないとどうなるか?

 

1日につかうエネルギーはどのくらいでしょう?

(体重維持のために必要なエネルギー量)

一般女性ですと1800~2000は必要とされています。

 

------------------------------

興味がある方は調べてみてください

http://www.h-nc.com/cat3/post_34.html

-------------------------------
 

この必要なエネルギーは基礎代謝活動代謝などに分けられます。

 

基礎代謝というのは何もしなくても消費されるエネルギー

呼吸であったり、食べたものを消化したり

もちろん休むことのない心臓の動きも。

これだけで男性だと1500kcal、女性で1200kcalは必要です。

(年齢や体重にもよります)

 

これが全体の60%

もっとも重要なのは生命を維持する基礎代謝になりますよね!

最優先でエネルギーが使われます。

ですから最低でも基礎代謝のラインは超えないといけないのです。

 

これ以外の40%は

・活動代謝(日常生活で使うエネルギー)

・食事誘発耐熱代謝(食事で消化吸収する際につかうエネルギー)

があります。

----------------------

自分の代謝量をしらべたい方は

http://www.e-uruoi.net/about/index3.htm

他にも色々なサイトがありますので調べてみてください。

------------------------

 

摂取カロリーがこれより上回るとどうなるかという事は想像しやすいですね。

余分なエネルギーは脂肪となり蓄積されます。

 

で問題は下回った場合

足りないエネルギーは体内にある脂肪を燃焼し使います。

痩せていいじゃん!

確かに。

 

ただし、日常的に下回るとどうなるか?

 

エネルギーを使わない体になります

燃費のいいエコなからだに。

イメージがいいでね~でもこれがくせ者

 

基礎代謝は生命維持で必ず必要なエネルギーですので減らせません。

ということは活動代謝の分を減らすのです

 

筋肉が多いと消費量が多いので筋肉を減らす

だから張りがなくなる。

動けないし代謝も落ち太りやすい体へと悪循環に

 

動くと消費するから、動きたくない・・・というか動けない

疲れる

だるい

などなど様々な不調が出ることは当然です。

 
さらに続くと基本的な体の生命維持にも影響が出ます。
 
こちらのほうが深刻です
 
無理なダイエットを続けて生理不順になってしまう子も多いです。
 
 
 
 
さてさて、その子はどうなったかというと。。。。
 
とりあえず納得してもらい、1ヶ月摂取カロリーを増やしてもらいました。
 
おもに主食を増やして。
 
 
まず頭痛とめまいが取れてきたそうです。
 
今後、ほかの症状が取れることと
 
「食べてしまうことへの罪悪感」
 
との戦いがまだ大変そうですが、目指す方向はなんとなく見えてきました
 
 
 
実は私もよくわかります。。。
次回はそんなことも
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 《患者さんの声》 肩を治し... | トップ | 健康でスリムに! 動いたら... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL