東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

腰痛の方は「ふむき」な事はしないようにしましょう!

2006年01月24日 | 症例

先日のヘルニアの患者さん。無事に仕事に行けているようです
痛みは、朝と夕方に感じるが、鋭い痛みは無し!
良くなっていくのが目に見えて分かると、こちらも張り合いがあります。

痛みが酷くなってから約2週間、まだまだ油断が出来ません。
実際、仕事を休んだのは3日間、家族の人からは「もう大丈夫なんだ~」
家族でこれだと職場では
当然“普通に働ける”と思われちゃいますよね

 

 もう数年前の話しになりますが、苦い経験があります・・・

 建設業の40代の男性。酷い腰痛で歩くのもやっとの状態でした。施術を開始して約1ヶ月、仕事もこなせるようになり喜んでいました。

 1週間に2度の施術から、週に1回、10日に1回と間隔を空けながら様子を見ていると、全く痛みを感じない日が1週間以上続くようになりました。

 ちょっとウチから遠い方なので(車で1時間以上かかります)、痛みが無いとなかなか来なくなりました。 油断していたわけではないのでしょうが、仕事も溜まっていた事も有りハードに動いたそうです。

 

1ヶ月以上来院が無く「元気かな~」と心配していると電話が「先生、動けなくなっちゃったよ・・・」 そこから良くなるまでは約1年、かなり時間がかかりました。

私も身をもって経験しているので良く分かりますが、一度痛めた所は弱点になります。

ふむき」な動きはしないようにすること!

-不意に(人に声をかけられた時、階段を踏み外すなど)

-無理に(重い荷物を持つ、同じ姿勢をとり続けるなど)

-急に(走る、振り返るなど)

 

そしてケアを忘れないようにしないとですね。基本は「ストレッチ」です

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リベンジ成功? | トップ | 寝ていて目が痛むのです・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL