東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

長引いた腰痛・・・ どこが悪いの? 見極め方と対策!

2016年09月20日 | 健康関連

体を左に倒すと同じ側の腰が痛い!

 

この腰痛の原因は筋肉? 関節? 

--------------------------------------

 

前回の記事でも書きましたが・・・

(急な腰痛 正しい対処は冷やす? 温める? 動く?? 安静?!)

ぎっくり腰など急な腰痛の場合、安静が第一です。

発症から1週間くらいゆっくりしていれば、ほとんどが回復していきます。

 

では 慢性的な痛み の場合はどうでしょう?

 

 

☆ 腰痛の見極め方の目安です

(基本的な目安ですので痛みがひどい方や長期にわたる方は専門家に診てもらって下さい)

 

〇まず患部を伸ばして痛みますか?

 

体を左右に倒してみます

 

右に倒すと 反対側の左が痛い

  この場合は「筋肉」の痛み

 

・軽い痛みでしたら疲労性

 

・強い痛みでしたら筋肉に傷がついていることが考えられます

 

強い痛みの場合

 発症して1週間は冷やしてください

 それ以降は基本、温めて患部の血流を上げると回復力アップにつながります

 適度に動かすと良いです。

 

 

患部を縮めて痛い

 再び 体を左右に倒してみます


左に倒すと 左が痛い

 この場合は「関節系」の痛みが考えられます

 

関節系の痛みの場合

発症から一週間は常温、以降保温をする。

電気治療などは有効です。

動かすと痛い方向への運動は控えてください。

 

 

体がまっすぐに伸ばせない

くしゃみが出来ない

階段が苦しい

下半身に腫れ

足に痛みやシビレがある

 

これらは重症のこともあります。

自己判断せず専門家の治療を受けましょう。

 

 

自分でできる腰痛の改善策として

基本は保温ストレッチです。

これは危ないなと感じた時はコルセット安静

 

ただしコルセットは・・・

痛みがあるとき

痛みが出そうな時だけ

頼ると筋力が落ちますので

 

 

なぜ腰痛になるか

疲労とストレスです。そしてケア不足。

まず以下の事は注意してみてください。

 

 

<起床>

朝起きる時は一度体を反転してから起き上がりましょう

<仕事>

重いものを持つ時はコルセットをするか、重心を下げて持つ

<運動>

痛みのある時は腰痛を悪化させる事もあります。無理なく行ってください。

<姿勢>

楽な姿勢が最も良い姿勢です。無理して良い姿勢をすると腰痛悪化

 

 

 こんな時は調整を

 朝起きた時痛みがある

 くしゃみ、咳をして痛みのある

こんな時は治療や調整が必要な時期だと思って下さい。

 

 

 

あなたの健康をいつも願っています。

-------------------------------------------

浅見整体療術院(ホームページ)

 浅見まさひで

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 急な腰痛 正しい対処は冷や... | トップ | ツボは押し方で効果が変わる... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL