東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

柔道少年の腰痛

2007年04月29日 | 症例

柔道をしている高校生、Y君
2ヶ月前から腰痛でだんだん酷くなり練習もままならない
病院などに何件か行ったが一向に良くならない
「でも、もうすぐ部活を卒業だし試合も近いし・・・
先々週来た時は顔を見ても辛そうで切実でした(>_<)

母校の後輩、ここは何とかせねば

しかし痛みが強く体もかなり歪んでいる
腰痛が出るかなり前から、手首、肩、背中は常に痛みがあった

つもりに積もったものが出ているようでした
実はこういう人、とっても多いのです!
「まだ大丈夫!」ってガンッバっちゃうんですよね
真面目で頑張りやさんに多いのですね。

さてこのY君
幸い骨には異常なし
ただし右の背部の張り非常に強くかなり盛り上がっている
施術で取れはしたのですが、また動くと出るのです

   左:施術前  ⇒    右:施術後
(背中に水平に棒を2本置くと右側が盛り上がっているのが分かります)

試合前なので数日おきに施術をしているのですが、右背部の緊張は取れたのですが張りは依然としてある
肉離れをしたせいで筋膜とかが伸びてしまったのかも、それも長期間・・・
これは後で知ったのですが、中学時代から肘を痛めていてその時からかなりしんどかったらしい
その時からかもね・・・

そのY君も明日は個人選がある
数日前から練習も普通に出来る様になり痛みもほとんど無し
万全ではないけど大丈夫でしょう

2週間で施術5回
今後は週1回程度調整の予定です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鹿児島セミナー! | トップ | 野球少年の夢 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

症例」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL