東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コルセットには頼り過ぎない!

2007年06月24日 | 症例

サッカー部の中学生男子
15歳で腰痛暦5年
1年以上コルセットをしています。

寝る時意外はしっぱなし
何とサッカーをしている時も
どうしても治らなかったのでしょうがないと諦めています

 ― 動きづらいでしょう?

「痛みがあるので・・・

全身のバランスでは臀部(お尻)の筋肉が少ない

 ― コルセットをしていると楽?

「何となく」

聞くと、医師に痛い時はするように言われたらしい。
真に受けてずっとしている。
実に真面目、それだけ治したくて一生懸命と言う事

以前にも書いたが、頼りすぎは良くない
(コルセットは痛いときだけ!)

ましてこの少年の腰痛みは筋肉
そして姿勢の問題
筋肉は甘やかすと弱くなる。

― 思い切って部活の時、外してみようか?

外すのは怖いはずです。

実はアドバイスをしている私も怖いのです
これで痛みが強くなったら試合に出れないし、信頼を裏切りかねない

でもこのまま頼るのは良くないし、幸い施術後には痛みが消える

 ― 座る姿勢とストレッチをすれば良くなるはず
   コルセットに頼るのは辞めよう!

わかりました
彼も納得し外しました。

 ― 痛みが出て辛かったら直ぐにおいでね。


1週間後再び来院

 ― どう?

「大丈夫です!普段もつけるのを忘れています

 (よし心の中でガッツポーズ

無事に最後の大会にも出れたはず
電話が無いので無事に終わったかな
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医師の一言は重いのです! | トップ | 部活を卒業したら「ありがと... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL