東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

山登りで膝痛に

2008年07月05日 | 症例

久しぶりに山登りをしたらが痛くて・・・

普段は腰痛で悩まされているNさん
今回は膝痛です。

「階段を下りるのがつらくて・・・

普段ウォーキングなどをしていて自信があったそうですが、今回の事で少し自信をなくしたようです

大腿四頭筋という太ももの筋肉が使い過ぎで硬くなり、膝のお皿の下に痛みが出ているようです。
実は山登りで筋肉を疲れさせるのは、山を登る時より降りる時に起こる事が多いのです。

太ももの筋肉は上に上る時は“収縮しながら力を発揮”します。
これを収縮性動作といいます。
逆に降りる時は“伸ばされながら力を発揮”します
これを伸張性動作といいます。

伸張性動作は、筋肉に負担が掛るので組織を傷めやすいのです

では下る動作を止めればよいのか?

確かに傷める事は減りますが、筋力はUPしません。

傷めた後は元に戻すため筋肉を治します
そして治す時に少しだけ筋肉を強くします

また、繰り返すことで修復速度も速くなります
体にとって無理のない量の負荷をかけていくとよいでしょう。

膝が痛くなるようですと少し負担がかかりすぎかもしれませんが、
回復を待って続ける事で、痛みも出なくなると思いますよ

痛みはすぐ取れましたので、関節自体は問題ないですしね
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 膝の痛みと靴 | トップ | 川端さん おめでとう! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

症例」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL