東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

坐骨神経痛快方へ

2005年12月10日 | 症例
昨日は仕事をお休みして、来年早々に行う手技療術指導協会セミナーの打ち合わせを兼ね、横浜の師匠の所へ行きました

セミナーの話もそこそこに私の坐骨神経痛の話になります。

はて、原因は?
思い返すと前兆はあったのです

①夏過ぎから背部の張り←胃の疲れ
②食欲が収まらない→食べすぎ→東洋医学では脾経絡の異常
③便秘気味→腹に力が入らない(腹圧不足)
④水分補給が足りない(腎臓の疲れ)
⑤冷え(腎の疲労)
⑥睡眠不足(肝臓疲労)
⑦筋トレの量を増やした

そこへ来て
⑧ゴルフの練習再開
先日同級生コンペがあり、久々に練習を詰めてやりました・・・

う~ん、全てが繋がっています
というか原因が多すぎ

分かっていたのに・・・かなり反省です

ストレッチ&腹式呼吸は日課としてました。

自分でできることはとりあえずやっているので、この位で収まっているのかな?

今回、骨盤&股関節&腰椎のストレッチや自分で出来る方法をいろいろしました。
その場はかなり楽になるのですが、痛みが再発する訳が身をもって体験できたのは収穫


さて師匠に施術をしてもらったのですが
「胸椎12&腰椎1に負荷がかっているよ」

カイロではたしか股関節が痛む原因とされている。

そうそう、最初に左股関節がおかしくなったのだ

そうそう、肝臓、胃の疲れがずっと抜けていなかった

肝臓が疲れると目に症状が出やすい。確かに・・・

当然、腰の腑である腎臓も硬いのでした・・・

やっぱり生活の乱れだよね。
反省しながらの帰宅でした。

師匠に施術もしていただいたお陰で大分楽になったのでした。
今日も無事に仕事ができました。感謝

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 坐骨神経痛の痛み | トップ | 宮城シンジ作・似顔絵完成! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL