東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

急な腰痛 正しい対処は冷やす? 温める? 動く?? 安静?!

2016年09月16日 | 健康関連

突然襲う「ぎっくり腰」などの強烈な腰の痛み

 

急に腰が痛くなったらどうすればよいのでしょうか?

 

どれが正解でしょうか?

1、温める

2、冷やす

3、動かす

4、安静

 

 ---------------------------------------

 慢性的な腰痛についてはこちら↓↓↓

長引いた腰痛・・・ どこが悪いの? 見極め方と対策!

 ---------------------------------------

急な痛みの場合「4、安静」が正解です

 

よく急な腰痛を「ぎっくり腰」といいますが、

・急に強い痛みが出た

・腰がギクッとなった

・力が抜けた

 

などになったら、すぐに「脱力」をしてください

 

寝られる場所なら横になってみます

そして「楽な姿勢」をとるようにしてください。

 

しばらくその状態で様子を見ながら、少しづつ動けるか試してください。

 

ケース① 寝返りもできない、辛いほどの痛み

 

 無理に動くと悪化をします

 

  その場合は 「楽な姿勢」 で安静 が一番です

 

 

ケース② 動けるし歩けるけど「顔をしかめるほどの強い痛み」

 

  上記と同様になるべく安静にして下さい

 

ケース③ 動くのに支障がない程度の我慢できる痛み

 

  筋肉などの組織に傷がついていることもあります。

  日常生活は大丈夫だと思いますが無理に動かないようにしてください。 



「楽な姿勢」とは・・・

 

痛みが出ない姿勢です。

 

症状によって変わりますが

・仰向けで膝の下にクッションを入れたり

・横向きに寝て、両膝でクッションを挟む

   などが比較的楽です

 

 

多くの場合は、安静にすることで楽になります。

痛みが落ち着いてゆっくりでも動けるようになったら、なるべく早めに専門家に診てもらうと良いです。

早目の調整は回復を早くします。調整をすることで、楽に動けるようになることも多いため早めにご相談ください。

 

 -----------------------------------------------------

突然の痛みが出た場合、注意をしていただきたい事

 

下記の症状が出ていたら早めに病院へ


・寝返りをうった時だけでなく、絶え間なくの痛みが続く

・楽な姿勢が探せないほど腰が痛い

・腰が痛いだけでなく、発熱、冷や汗の症状がある

・腰が痛いだけでなく、足にしびれや、麻痺の症状が出ている

もちろん、の痛み以外に、嘔吐や他の部位にも痛みが見られたら救急にかかるようにしてください。

 ---------------------------------------------------------------

 

突然の強い痛みは、多くの場合、炎症を起こしています。

この状態で、温めるのは良くありません

お風呂に入るなども避けた方が良いのです

この痛みがある場合には、無理して歩いたり、重いものを持ったりすることも出来るだけ避けてください。

このような状況で無理をすると、早く治るものも治らなくなってしまうからです。

 

 

動くとなぜダメか?

 

筋肉の組織が傷ついている場合は動くと悪化します

腫れて熱をもってしまいます

痛みを長引かせます

 

 

ぎっくり腰など、急にでる「強烈な腰の痛み」

こんな経験がある人は、再び繰り返すことがあります。

 

あの苦しみを味合わないために、どうすればいいのか?

 

個別に細かい指導もできますがまずは基本から。

 

やはりストレッチ、ラジオ体操などでも良いです。

適度に動かす事が大切

 

ただし、無理にしない事。

痛みを我慢して行うのは逆効果になることもありますので。

 

バランスがいいというのは当たり前ですが

逆に悪いものというと

インスタンス、甘いもの、油・・・・

摂ってほしいものは

 

 

しっかり休む。睡眠不足は危険です。

ストレス対策をしっかりとってください!

瞑想など効果的ですよ。

 

 

 

 

最近、腰が痛むようになった…という方にも、効く方法です。

痛みが無い時に、痛くならないために行う予防法になります。

これからきっと突然、「腰が痛い!」ということは激減するはずです!

 

 

日常生活のなかで

・腰に力が入らない

・朝起きると痛みが強い

・時々ツレるような張りや痛みがある

   こんなサインを見逃さないで下さい。

 

あなたの健康をいつも願っています。

-------------------------------------------

浅見整体療術院(ホームページ)

 浅見まさひで

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本当に効く押圧の方法から、... | トップ | 長引いた腰痛・・・ どこが... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL