東洋医学を施術に活かす!「長瀞の整体師」

秩父、長瀞の整体院です。
整体・療術の勉強したい、資格を取得したい方、整体学校を開講しています。 

本当に効く押圧の方法から、足に出る痛みやシビレの改善方法

2016年08月10日 | 東洋医学

本当に効く押圧の方法から、足に出る痛みやシビレの改善方法

《第41回療術セミナーDVD》 ダイジェスト版を公開しました。

今回は足に出る痛みやシビレの改善方法です

ストレスの関連や効果的な押圧の仕方などを詳しく解説しています

 

押すときに力を入れてはいけない理由は?

奥さんや旦那さんの肩や腰を揉むと手が疲れますよね・・・

プロは疲れを我慢して押しているのか?

 

《手技療術指導協 療術セミナーDVD ダイジェスト》

講義と実技で症状を見極め改善する方法を学びます

(本編内容 約120分)

・効果的な押圧は力ではなく「重さ」
・力いっぱい押してはいけないワケ
・その痛みやシビレ、原因は?
   本当に腰椎、ヘルニアが原因
・東洋医学で考えるストレス

詳しい内容は手技療術指導協会ホームページへ
http://ryojyutu.com/menu/dvd.html

《内閣府認証NPO法人 手技療術指導協会》
東洋医学の普及と発展を目的とした活動をしてます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

白湯とレモン水で、肝臓と腸をクレンジング

2016年07月31日 | 仕事について

夏を元気に乗り切るに胃腸の調子を整えることが大切

前回、前々回とそのような話をしてきました↓↓↓

夏のダイエットは難しい? ダイエットと夏バテの関係

血流が悪いと脂肪が燃焼しないワケ

 

その中で胃腸の調子を整え、

肝臓の解毒力も回復させるのに お薦めなのが

白湯&レモン水

胃腸の調子を整えデドックスを促します

 

白湯

胃腸の調子を整え、吸収力と排泄力をUPします

 

そしてレモン水

レモンは抗酸化作用が強いです

疲労回復とともに

腸のクレンジング効果もあるそうです.

お試しください。

 

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

血流が悪いと脂肪が燃焼しないワケ

2016年07月28日 | 健康関連

前回は夏の代謝アップについて

夏のダイエットは難しい? ダイエットと夏バテの関係

内臓の冷えが夏バテに、そして太る原因にという話をしました。

 

今回のテーマは水分について。

水分が代謝を上げ、太りにくくする理由を考えてみようと思います。

 

 夏は暑さで大量の汗が出ます

当然、身体の中の水分量が少なくなります


熱中症対策に水分補給を欠かさないようにしていますよね。

水分量の低下は命にかかわるので大変危険です

代謝にも大きく影響をします

 

ここで質問

Q、血液の役割はなんでしょう?

 


簡単に言うと・・・


栄養を運び、いらない物を排泄にまわす

 

まさに代謝そのものなのです

 

という事は

血液が少ない

 = 栄養や老廃物が動かない

 = 代謝の低下

となってしまうのです・・・

 


少し視点を変えます。

 

痩せるには脂肪を燃焼させる必要があります

脂肪を燃焼するのはどこ?

 

体に溜まった脂肪は血液に溶けて

各細胞へ運ばれ、エネルギーとして使われます


血流が良いという事は

脂肪も流れやすい

細胞も使いたいときに使いやすいのです

 

ですから血流を良くすることが大切なのです

血流を良くするには水分量がまず必要なのです。

 

そして

血流を良くするために運動

ストレッチでも良いです

 

ストレッチは筋肉だけでなく

血管も伸ばします。

内臓も動かします

特に体幹部は大切ですね

 

大腰筋、腸腰筋のストレッチ&トレーニングを行ってください

 


そしてもう一つ

汗をかく

汗と一緒にミネラルも出て行ってしまうという事に問題があります。

ただでさえ食欲不振で栄養不足になりがちなのに

 

やはり胃腸の調子を整えることが大切

 

胃腸の調子を整え、水分補給を 

お薦めなのが

白湯

胃腸の調子を整えデドックスを促します

 

そしてレモン水

レモンは抗酸化作用が強いです

疲労回復とともに

腸のクレンジング効果もあるそうです.

 

詳しくは↓↓↓

白湯とレモン水で、肝臓と腸をクレンジング


ぜひお試しを。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏のダイエットは難しい? ダイエットと夏バテの関係

2016年07月27日 | 健康関連

夏こそやせるぞ

と思っている方も多いと思います。

 

実は夏は痩せるのが難しいのです

「えっ暑いし汗かくし代謝が上がるのでは

と思いますよね。


 

以前スーパーのアイスクリーム売り場で

「冷たいものを食べると、体は温めようとして代謝が上がります

と書いてありました。

 

確かに一理あります()

でも、代謝が上がるのは一時ですよね・・・

 

 

代謝を上げるのにはどうすればいいのでしょう?

 

 

運動

まず思いつきますね。

 

代謝は基礎代謝活動代謝です。

 

運動は・・・活動代謝

内臓を動かすのは・・・基礎代謝

 

一般的な割合だと

活動代謝は全体の30

基礎代謝は全体の70

 

基礎代謝の方が断然割合が多いのです。

 

夏は暑いし汗をかくし代謝があがるのでは?

と思うでしょうが、

代謝を下げる要素が多い季節です

 

夏場は冷たいものを食べる、飲む機会が増えます

 

体の外は暖かいけど

内臓は冷える

 

代謝が上がれば脂肪が落ちる

  と皆さん分かっています。

 

 

内臓も筋肉です

 冷えていては活動が落ちます

 

 

プラスして冷房

 冷房は外から冷やすから良いのでは?

   と思うかもしれません

 

冷房の中にいると手足が冷えますよね。

体温調節で、溜まった熱を逃がそうとしています。

 

手足が冷える

 その血液が体幹部に戻り体の中を冷やします


だから冷えすぎるとお腹を壊したりだるくなるのです

 

そんな状況で

氷の入った飲み物を飲んだら

冷たいビールを一気に入れたら・・・

 

内臓は悲鳴を上げます

 

それが

内臓の機能低下

 ➡ 食欲不振

 ➡ 体力の低下

 ➡ 夏バテに

      悪循環です

 

 

夏バテで栄養が取れない

 ➡ 代謝が落ちる

 ➡ 筋力低下

 ➡ 脂肪がつきやすい


こんな悪循環にならない為に

夏こそ

温かいものを取るべきです

全部でなくて良いです。

 

冷房の中にいる時は

食前、食後はホット(せめて常温)にする

 

それだけでも体調が変わりますよ

 

内臓が強くないと代謝が上がりません

 

食べたものが代謝されず蓄積されやすくなります

食べないと体力が低下し筋肉が落ちます

太りやすい体になります

 

アスリートや体を作るボデイービルダーの方たちは

トレーニングと同様に胃腸の疲労をとても気にします。

しっかりと体を作るには、摂った栄養が吸収できる

という事が大切なんですね。

 

夏こそ温かい飲み物を

そしてしっかりとお風呂、

   湯船につかってください

 

血流が大切な理由は《関連記事↓↓↓》

血流が悪いと脂肪が燃焼しないワケ

夏の疲れを溜めないぞ! カギは肝臓の解毒力&腸能力 そして体幹ストレッチ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の疲れを溜めないぞ! カギは肝臓の解毒力&腸能力 そして体幹ストレッチ

2016年07月27日 | 健康関連

療術院通信No29完成

今回のテーマは「夏の疲れを溜めないぞ」という事で

1、肝臓の解毒力を高め疲労回復へ

2、腸の強さが体力の目安

3、肝臓と腸を良くする食材

4、ストレッチで筋肉も血管も柔軟に

 ・大腰筋・腸腰筋のストレッチ

5、インナーマッスルを鍛える「ドローイン」

 

を記事にしています。

 

動画でも体幹ストレッチの方法やチエック&トレーニングを紹介してます

参考にして下さい

体幹使えてますか?「大腰筋のチェック&トレーニング」で腰痛、姿勢、骨盤を整えよう

体幹を整える「大腰筋ストレッチ」で腰痛、姿勢、骨盤を整えよう

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加