かるがも雑記

雑々と♪ 思うがままに楽々と♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ひきこもり支援相談士

2017年01月16日 11時08分23秒 | Weblog



ひきこもり支援相談士の資格認定証がきました!

もっと、もっと、世の中が素晴らしい事になりますように
精進していこうと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもの貧困=x

2016年12月19日 12時48分53秒 | Weblog

お人好しで人情に厚い友人。
仕事柄、夜の商売をしている人達の悩みを聞き、
アドバイスをしたり、諭したりしているステキな友人。
その友人が、こんな話を始めました。
「小学生の息子の同級生なんだけど、
その子、弁当の日に、弁当持って来ないんだって。
いくら先生が注意しても、弁当持って来ないんだって。
ある日、弁当持ってきたら
冷えてガシガシになったキリタンポを切ったヤツを4本。
ガッコ(たくあん)とミカンを弁当に入れて来たンだって。
先生は、褒めたそうだよ。自分で作ってきたんだね。って。
そしたら、その弁当、半分残したんだって。
「食べないの?」
「これ、全部食べると夜のご飯が無くなるから・・。」
うち息子さ、
「ぱぱ、一回ウチに連れてきて良いか?」って

連れてきたのよ。
その子、ウチに来たらさ。
「これ・・全部食べていいんですか?!」
って喜んでさ。
すごい食べてくれたんだ。美味しい~!って。
で、最後に喜ぶだろうと思ってフライドチキン出したのよ。
そしたら、食べる前に吐いちゃった・・・。
「お母さん、彼氏とかと出かけるとき、これ置いていくの。
これがテーブルにあると、お母さん・・帰ってこないの。」
オレさ~子どもの前で泣いちゃいけないと思って
台所行ったらさ~妻が鼻水たらして泣いててさ~。
それでもその子、お母さん大好きって言うんだよ。」
子どもの貧困って、いったいなんだろう?
子どもを貧困から救うのは誰なんだろう?
愛ってなんだろう?
やさしさってなんだろう?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

成人式

2016年02月29日 12時11分18秒 | Weblog

スーパーに買い物に行ったら、
「私、今日【成人式】だのよ!だから、お酒っこ買って飲もうと思って!」
と、嬉しそうなおばあちゃんに遭遇。

??????
??????

「!!!!!」

あ~!今日がお誕生日なんだ!

おめでとう!4×20歳!
実に初々しいチャーミングなおばあちゃんでした!
4×20歳!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やめていただきたい!給食抜きの罰。

2015年11月12日 14時36分00秒 | Weblog

長女の時もあったのだが。
最近よく聞くこんな先生の話。

「宿題をやってこなかったから。」
「この課題が出来ないと。」
「ふざけて準備が遅くなったから。」
こんな理由で児童生徒の給食を抜いてしまう教師がいる。

給食費は親の給料で支払われている。
飢餓の状態にならないように、
成長の糧になるように、
カロリーまで計算されている給食。
どんな状態であっても、
それを教師が奪うということは間違ってる!

宿題の罰ならば、
勉強で。
課題が出来なければ、
時間を作って。
それが本当ではないだろうか?

教師の権限で給食を食べさせない。
時間の問題で食べられないような状況を作ってしまう。
絶対にあってはいけない。
どんな状態でも、子どもにひもじい思いをさせてはいけない。

250円弱であっても費用を支払っているのだ。

給食を学校で食べさせない。
食べる権利を奪う。
これって虐待だと思うの。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人と人の間。

2015年11月05日 13時17分09秒 | Weblog

先日、車で買い物に行った。

「あ~にゃん!人が倒れてる!」とコッコ。
papaに、
「車止めて!とめて!とーめーて!!」と叫び、...
マクバから、百均方向へ駆け寄る。
車の脇で倒れてる・・・
しかも、どっかで見たことのあるお爺ちゃん。
そんなこたぁどーでもいい!
自力で立とうとするも、立ち上がれない。
「ごめんなさいね!ちょっと触りますよ!
 どっか痛くないですか?気分悪くないですか?」
【大丈夫です。】と言いつつも立てない。
「ゆーっくり立ちまーす。ゆーっくりですよ-。」と抱き上げ
車のシートへ。

倒れてても、素通りしていく人達。
何ともないのを確認して、大丈夫ですかと声をかけ始める人達。
「店から見てたけど、車から降りてすぐ転んだ。」と
証言を始める人達。

・・・・その前にさ・・・。
手を差し伸べられないのかな・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第10回はまなすネットワークのしろフォーラム【元気のない方への寄り添い方】

2015年10月28日 14時04分16秒 | Weblog

平成27年10月24日(土)
能代市働く婦人の家で
第10回 はまなすネットワークのしろフォーラムがありました。

こころ豊かにいきいきライフ
~いま、わたしにできること~

「元気のない方への寄り添い方」と題して、
秋田大学院准教授の佐々木久長先生が講義して下さいました!
久長先生は、
ほわ~~っと
ふわ~~~っと
癒しの森の妖精のごとく、とってもいいお話しをして下さいました。
もう、その話しぶりに癒される癒される!
その時のメモがこちら!

なにしろ、メモのつもりが~いいお話しだったので

【ノート持ってくりゃよかった!】と後悔しきり。

中でも、印象に残ったのは、
タダだまーって一緒にいてあげることの大切さ。
そして、相手をコントロールしようとしないということ。
あらためて、そかそか!と聞いてまいりました。

そして!いいお話し後に!
新人ユニットMusik Buch(むじか・ぶーふ)のデビュー!(笑)

ミニパーカッションを用いて
「あるはれたひに」を演じました。
みなさん、喜んでくだすって嬉しい限り!
もっと、模索して
もっと、愉快でたのしいお話しをご披露したいと思います!
ひと味違った、読みきかせ。
あちこちでご披露出来たらいいな!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読みきかせ♪おならうた♪

2015年10月22日 17時02分22秒 | Weblog



おならうた←ココをクリックするとYouTubeに飛びます。

先日、お世話になっている方々と
読みきかせの録音をしてまいりました!

作 谷川 俊太郎
絵 飯野 和好

エンジニア:金野正樹
尺 八   :金野鈴道
朗 読   :澤田あ~にゃん(笑)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマケーション♪

2015年10月16日 09時50分11秒 | Weblog

先日、昨年に続き、
市内中学校の家庭科の授業に参加させて頂きました。
2年生・2時間。2クラス。
ドラマケーションのファシリテーターの資格を頂いてから
初めての本格的な体験授業。
東京の仲間に大きなアドバイスを頂いて
小さなチャレンジです!


被服室に入って、時間を待ちます。緊張がおかしな状態で襲ってきます!
さ!頑張るぜ!

ピーンポーンパーンポーン・・・・♪
授業の始まりッ!

「おはようございます!
 私は、私語でも意見だと思っているので注意しません。
 でも、せっかくだから、その楽しい私語をシェアしましょう。
 そこだけで楽しまない。
 みんなで楽しむ!そこから、何かが生まれるかもしれません。
 感想もそうです。優等生の答えなんて求めてません。
 素直な、不器用な言葉でいいんです。
 ジェスチャーでもいいんです。
 それも、やだなと思う人は目で訴えてください。
 どんな手段でもいい、伝えてください。今日はみんなで楽しみましょう。」
正しいのか、正しくないのかはわかりませんが、最初に行った言葉です。

☆1時間目・読みきかせ☆

先月、娘の中学校の吹奏楽部コンサートで読みきかせの機会を頂きました。
全部の楽器の音を改めて聞いて貰おうと
一時間、ワークショップをして本番!
子ども達の感性で、音をドンドン重ねていって
素晴らしい読みきかせになったことを思い出しました。
これも、ドラマケーションだったんだ!!!!!!
これをもっとやってみようと思ったのが、読みきかせに音楽を付けるという試みでした。

【読んだ本】
あいはそらいっぱいのお星さま

じごくのそうべえ
おもちゃの打楽器セットを持って行ったので
効果音をつけてみないか?と提案。
あなたの感性で音を付けていいよ、失敗してもいいよ!と
励ましもせず、遊び感覚で開始!
照れもせずに、真剣にアイコンタクトをとってくれる男子生徒。

終わってから
「やってみてどうだった?聞いてみてどうだった?」と感想を聞くと。
~音に色が見えました。(!!!!!)
~絵が動いているようだった。
~音が入ることで、物語の内容がいつもと違う感じで受け取れた。
~タイミングを合わせるのが難しいけれど面白かった。
~意気投合する感動がありました。
~やってる子に対して、頑張れ!って思いました。

読み手も、聞き手も一体感を味わえたと思います。
これは面白い!


☆2時間目・ドラマケーションであそぼう!☆

倒れる
後ろ向きになって倒れる人を支える。
どうしても恐怖心が湧いてしまう、この動き。

まずは、見本を見せます。
「ふわぁぁぁ。。。。」と声にならない声で倒れかかってくる男子生徒。
それを支える私。
ケガの無いように注意を促して生徒さん開始!

す。。る。。と。。。
あちらこちらで【遊び】が始まった

二人が三人に、三人から四人に・・・・!!

「だいじょうぶだよ!おっけーおっけー!」
「あ!オレ、体力あるから後ろ行くわ!」
「お前、ケガしてんだろ!前行け!」
「行くぞ~~~!」
ガーハハハハハ!わーははははははは!

「あたしたちもやろ!」
「え~~!無理~~!」
「じゃあ、見てて!」
「行くよ~~!」
ガーハハハハハ!わーははははははは!

なんと、これだけで、みんな長いこと勝手に遊んでくれてました。
外されている子は、一人もいませんでした。

~倒れる時の不安感と、支えられた時の安心感がちょっと快感でした。
~自分は思いので迷惑をかけると思うと、本気でいけなかった。
~友達を本気で信じるって、こういう事かと思いました。
~支えた時の友達の重さが、なんとも言えなく..表現出来ないけれどよかったです。
~すごく怖くて、本気で出来なかったけど
  「大丈夫だよ!おいで」と行ってくる友達の言葉が嬉しかった。

 

寄りかかり(立ってみよう!)
1.まずは、一人で立ってみる。
2.ペアを組んで背中合わせで同時に立ってみる。
3.人数を増やして立ってみる。

これもまた、勝手に遊びが始まる。
全員でやってみようと言う場面で、それぞれが意見を出しアドバイスを始める。

「イメージはさー、こうー言う感じ!こうー立つと最後まで立てないジャン?
 お互いに頼ってさ、相手の力で立てばいいんだよ。
(この台詞で泣きそうになる(笑))
「かけ声かけようぜ!」
「いいね~!」
「2A魂~!そーれ!」
(ここでまた、泣きそうなる(笑))
4回目に立ち上がった生徒、みんなで勝利のウォークライ!

~力を合わせることの大事さを感じました。
~人の力を考えると言うことに気付きました。
~立てないのは誰の所為でもない、自分が頑張るってのが大事と思った。
~久しぶりに、人の身体と寄り添った
~一体感ってイイナと思いました!
~爽快な気分です。青春って感じです。
~声を出して、励ますって力になるんだってわかりました。


リレー物語

クラス全員で、物語を繋げていく。
「あるところに」から始まり、最後は全員で「めでたしめでたし」で終わる。
起承転結の話をし、それにこだわらなくてもいいと説明。

昔々あるところに、小さいおじいさんとお婆さんがいました。
お婆さんが川へ洗濯にいくと、
桃が流れてきました。
お婆さんは、その桃を見過ごしてしまいました。
おじいさんが、ひっかかっている桃を見つけて、
家に帰って桃を切ると
中から
お爺さんとお婆さんが生まれてきました。(大爆笑)
どんどんおおきくなったお爺さんとお婆さんは
ゲーセンに行き、1万枚のコインを手に入れました。
お婆さんはそのコイン全部で、
プリクラを撮りまくりました。
それをお爺さんに見せると、
「ワシも一緒にとりたかった」と言いました。
二人は又、ゲーセンに行きプリクラを撮りまくり、
部屋中に貼って夜露をしのぎましたとさ。
「めでたし、めでたし」

~前の人の話を聞いていないと話が繋げられない。
~その人らしさが出ていて良かった。
~どんな話になるのか、聞いていて楽しかった。
~物語が書けそうな気になった。


なにしてるの?

例:洗濯しているゼスチャーをする
  「なにしてるの?」と聞く。
  「野球してるの」とゼスチャーと全く関係のないことを答える。
  次の人は、野球の仕草をして、全く関係のないことを答えていく。

自分の動きと違う答えを言うのに、悪戦苦闘。
「そのまんまやん!」とツッコミの入ること多数。
でも、みんな笑顔!
~普段、ナニも考えずに行動していた自分に気がついた。
~言葉って、すごい意味を持っていると思った。
~居眠りしている時のいいわけに使えそう。


カウントアップ

1.2.3.。。と、人と重ならないように数字を行っていく。
重なってしまったら、1からもう一回。全員言えるかな!

まずは、ゆっくりと出席番号を言って貰いました。
だんだんスピードを速めていきます。
次に、出席番号の最後の人からカウントアップ。
これも、スピードを速めていきます。
普段やらないから、一生懸命前後を確認しています。

いよいよ、ばらばらにカウントアップ。
「好きな数字でいいんですよね?!」
「そうだよ!では行きます!カウントアップ。用意!スタート!」
「11!!!」
大爆笑!
「違うよ、好きな数字言っていいけど、1から順番に行くンだよ!」

私一言。

「ありがとう!ありがとう!君と同じ事思ってた人、絶対いるよ!
 うんうん、間違ってくれてありがとう。
 みんな、彼のお陰で笑顔になったね、みんなでお礼言おうぜ!」

「ありがとー!!!」

~重なったらどうしよう。と言う不安でいっぱいでしたが、言えた時ホッとしました。
~重なっても、すぐに「もう一回!」と言って貰えて嬉しかった。

最後は、みんな大いに笑ってコミュニケーションを深めたので
ゆっくりと読みきかせ。
みんな、最初の時と違って親しみの笑顔でいっぱい!
ひとりひとりの元へ歩いて行きながら読みきかせをしました。
目を合わせようとしなかった生徒も、しっかりアイコンタクトをしてくれました。

~団結力、人の気持ち、一体感を味わう快感。
 クラスがますますいいクラスであるように、
 頑張りたいし、頑張れる自信が付きました!

ありがとう。
ドラマケーション。
ありがとう。
アドバイスをくれたドラマケーション普及センターの
尾田先生、松元どかんちゃん。
生徒さん達の大事な時間を共有出来て、とても幸せ!

今回、ドラマケーションをしてみて、
いかに、子ども達がリーダーを必要としているのかと言うことに
気付きました。
それが、大人であってもいい。
子どもと、こころを共有出来れば、それでもいいと感じました。
その中から、きっと、子どもの中のリーダーが生まれる。
自立を目指す教育も大事だと思いますが、
リーダーを育てる力も養われて然るべきと思ったのです。
デリカシーを持って、
人の言葉尻ばかりを捉えない。
間違ったら、悪かったことを反省する。
いろんな学びと遊びがありました。
ドラマケーションのファシリテーターとして、
ちょっとだけ、親指一本分だけ前進出来たかな?と思った1日でした。

興味のある方は、ぜひ、ドラマケーションで検索してみてくださいね!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

娘の勇気。

2015年10月02日 10時02分46秒 | Weblog

どこの子どもの社会でもそうだと思うのだけれど。

「じゃあ、ドッチボールするから組み分けしよ!
(あたしグー出すから、あんたもグーだしな!)」

自分の組みたい人でなければやり直しを促す。
様々な言い訳を付けて。
そこで、他の子も「あ~あたしと組みたくないんだな。」と気づき始める。
それでも、じゃんけんは繰り返される。
そのグループが確立されるまで。

「文句があるなら、抜けてくれてもイイですけど!」と言われた娘。

「うん。じゃぁ、抜ける。」

そこで相手が逆ギレ。
「ワガママなんじゃないの?!」

「そういうの、なんかイヤなの。
組みたい人とそうなるまでじゃんけん続けたら嫌な気分になるもの。」

「イイコぶらないでよ!」と言われたそうだ。

泣きたいのを我慢して報告する娘。

「よく言った!えらいっ!」
褒めたよ。
うん。褒めた。
勇気がいっただろう。
言うの迷っただろう。
仲間外れにされるかもとも思っただろう。
それでも、そう言ったと。

わかってくれる子がいて、その子も一生懸命戦ってる。
その子は、「生意気だ」「イイコぶってる」「ワガママ」と
トイレに呼ばれて足を蹴られたそうだ。
何度も、私物を「検査」と称して除かれるそうだ。
わずかな人数なのに、毎日のように起こる様々な問題。

なぜ?どうしてそんなことをするんだろう?
親は知らないのか?
理由はあるんだろう。どんな理由にせよ。
親のモラルの低下が叫ばれているものの、
それを改善出来ないのは非常に悲しい。
こどもは可愛い。いとおしい。
そうであれば、そうであるほど躾け、抱き寄せ、寄り添いって大事だと思う。

自分の事だけじゃない。
一緒にいる悲しそうな表情の友達のことも考えて勇気を持った娘。
守ってやりたい!

「どんな汚い言葉で言ってもイイよ。腹立ったでしょ。」
「自分たちがグループ作るために、仲いいの見せびらかすために
人のこと誘ってンじゃネーよ!だったら、オメェ等だけで遊んでろってんだ!」

すっきりしたか?娘よ。愛してるぞ。

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

外は吹雪・・・トイレも吹雪。

2015年01月29日 12時03分35秒 | Weblog



天候不良の我が家・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊んでるんだって。

2015年01月21日 12時31分51秒 | かるがもの歯ぎしり

先週の金曜日。

雪がつもった学校の駐車場。
娘が、男子から雪玉をぶつけられた。
「やめてよ~!」と笑いながら注意したら
周りにいた男子から、雪玉の集中砲火。
娘に当てるから、と、雪玉を力強く握った男子達。
そのひとつが目にあたった。

でも、娘は雰囲気で笑ったそうだ。

空気を読んだのか、別の女子に雪をかけ始める。
すると、
「ちょっと!そういうのは、こっちにやってよ!」と
娘を指さし激怒したそうだ。
「許可貰ったから!」と、また娘には堅い雪玉の集中砲火。

昨日。

「いこう!」と誘われて、一緒にグランドで雪遊び。
そこで、また男子からの集中砲火。
さすがに、監視の目があると思ってか、女子が先生に言いつけた。
先生は、「なんで、そんなまでして行くンだ?教室で一人で本を読んでいればいい。」と
指導したそうだ。

いじめられている子は、誘って貰えばいじめられるのを覚悟で行く。
断ったら、もう、二度と声をかけて貰えないんじゃないかという不安があるから。
いじめている子は、【遊んでいるだけ。】と思ってる。
「やれやれ!」とはやし立てられれば、
「楽しんでくれてる!仲間に入れて貰ってる!」と思い、
過剰なほどに期待に応えてしまう。
しかし、これが6年生のすることだろうか。
他の学校の6年を見れば、男女間に友情が芽生え、
男子が女子を気遣ってるシーンをよく見かける。
こんなことを笑ってしているのは、3年生・4年生のレベルだ。
親と口をきいているというと
【子どもだ!うざい!】と嘲笑する子ども達。
井の中のオタマジャクシは、大海をしらない。
大海に出ても、オタマジャクシ同志でしか交わらない。
あきらかなるコミュニケーション不足。

私は決して娘達をがばわない。
親がするべきは、守ることだと思うから。

やられてもやり返さない。
絡んでくる男子の気持ちも察して、笑顔を作る。
叱られても泣かないクセに、
優しい言葉をかけると泣き出す娘。
いじめてしまったかも知れないことを、
相談しに来る娘。
先生の指導の言葉の意味を理解しようと必死になる娘。

誰がなんと言おうと、確実に成長していると思う。
親バガと言われようが、
可愛い娘のために、
そして、ココロ打ち明けられない子ども達のために
静かな戦いをしようと思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少子化対策ってなによ??

2014年12月19日 10時37分40秒 | かるがもの歯ぎしり

来年から、娘の小学校が複式学級になる。(らしい)
6クラスあったものが、3クラス。
中学校は、団体競技が出来ないから、
団体競技の部活を廃止するのだそうだ。

...

一学年に、一人の先生。
どんなに人数が少なくても、
一学年に一人の専門の先生って絶対必要だと思う。
考察が出来ない、検証が出来ないというけれど、
今の世の中、パソコン学習も映像学習も充実しているはず。
どうして、それをやらないのだろう。
大人数の学校に吸収されていく子ども達。
地域から、ドンドン子どもがいなくなっていく恐怖。
地域から、学校という環境施設、オアシスを無くしてしまう行政。
こどもは、どんな環境にも適応する。という、言い訳にも似た判断。
やりたい部活がないからと、地域を捨ててしまう保護者。
雇用の拡大と叫んでいるのに、
先生の職場は必然的になくなっていく。
講師ばかりがドンドン増えていく。

満足のいく教育を受ける権利、少人数でもそれは出来ると思うが・・・。
メリットばかりを誇示して、デメリットを隠す大人の世界。

部活の再編、どの学校に所属していても
野球の好きな子は野球が出来る環境、
空手の好きな子は空手が出来る環境。
部活は学校活動だから、
学校の名誉をしょっているから単独行動は許されないのだそうだ。
県北だけじゃなく、きっと、秋田県全体の問題だと思うのだ。
「しかたがない」「しょうがない」「こどもは適応能力がある」
ほんとうに、これでいいんだろうか。
少子化対策って、なんなんだろう。
金銭的な問題だけではないと思うのだけれど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長男

2014年10月20日 15時47分18秒 | Weblog

長男・アンディでーす。

どうぞよろしくお願いします。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

最後のレクレーション

2014年08月11日 09時14分27秒 | Weblog

土曜日は、ミハ小学校生活最後の親子レクレーション。

学校でちょっと遊んでから、近くの集会所で一泊のお泊まり会。

みんなのウチから持ち寄った野菜でカレーとバーベキュー!

見上げれば、台風前のキレイな虹。

父ちゃんは2時出勤だったけど、無事に参加。

飲んだ飲んだ!笑った笑った。楽しかったーー!

夜も更け・・女子が「あ~にゃん、ちょっと・・」というのでお布団へ。

みんなで輪になって、コソコソコソコソ・・。

お友達の悩み、家族の悩み、恋愛の悩み、いろーんなことを

それぞれが話してくれました。

「あ~にゃんは、友達感覚だから!」と言われ、チョー嬉しかった。

幼いなーと思っていたけど、みんなしっかりした考え方を持ってる。

でも、大人に遠慮して、理不尽なことにも黙って怒られている子ども達。

親の気持ち、先生の気持ち、友達の気持ち、

人生の裏技、大人の心理を交えて結構ディープに話しました。

なんかあったら、守ってあげるよ。の私のことばに、

「ずっと信じられる。」と言ってくれました。

子ども達のためなら、あ~にゃん、なんだってするぞ!と

改めて誓う私なのでした。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ピアノ!

2014年07月24日 14時36分01秒 | Weblog

ピアノ君を調律してもらいましたーー!

能代の一級調律師高ちゃん!さすがですわー。

チェンバロがピアノに生まれ変わりました!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加