喜怒哀楽~自分のことをあまり書かないBLOG~

気になった人、ものにスポットを当てていくBLOG。しばしば自分のことも書いちゃってますがスルーの方向で(笑)。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タモリ倶楽部

2004年11月15日 22時47分10秒 | TV(バラエティー)
ちょっと言い切っちゃうのは女性としてどうかと思いますが…
いいじゃん。開き直りという事で。


私はタモリ倶楽部が好きで、毎週見てます。
タモリが好きです。というか、マニアックな人が好きです(恋愛対象は少し別として)
そんなタモリ氏が本を出してます。

その名も
タモリのTOKYO坂道美学入門


前々から坂道フェチで有名なタモリがいつのまにか出してました、このような本を。
特に坂好きでもない&東京在住ではない私なので
即買いとは至ってませんが、書店で出会ったら手に取ってみようと思います


で、タモリ倶楽部の話に戻しますが
やっぱり「空耳アワー」が好きです。
毎週2・3曲の短い時間ですが、そこは集中です。
OPENINGの「♪~空耳~ア~ワ~」は絶対一緒に歌います。逃したらビデオ巻き戻します。
でも、空耳は洋楽ONLYなので最近まで邦楽ONLYだった私には
せいぜいビートルズくらいしかアーティストがわかりません。


あれって、英語詞の邦楽じゃダメなんでしょうか?
一曲だけアテがあります 
ただ、くだらないです。でも下じゃないです。
やっぱ無理だな…あのタモリの厳しさじゃ手ぬぐいすら無理。


そういえば、今日ビデオで見てた回のタモ倶楽に伊集院が出てましたが
結構ホリエモンに似てる???
何かホクロとかが似てるなぁと1人思ったのでした…(独り言)


関係ないけど、最近「くりぃむナントカ」のせいで
上田兄がすっごく気になります。ほとんど、上田まんまやん!
上田兄のオールナイトニッポン、あり得るような気がしてきた…
同じ熊本なのでいつかどこかで会えるような気がします(ウソ)。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おーい!おざーさーん(涙) | トップ | カニカニ@ラストクリスマス »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手ぬぐい多いですよね(笑) (ねげいら)
2004-11-16 16:01:19
タモリ倶楽部、自分も大好きですわ(笑)

別に女がタモリ倶楽部好きだっていいじゃないすか、

全然オッケーですよ!(゜∀゜)ノ



空耳は画面の下に出る字幕読みながら聴くと

知らない曲でも爆笑しちゃいます。

ヘビメタ系の曲の空耳が一番面白いすね。

投稿する人ってよく気づくなぁ…と思います。

手ぬぐいかTシャツ欲しい(笑)
テンプレートは空に泡ですな (as_i)
2004-11-16 22:01:19
んなこたーない(タモリ)



何度か見たことあります。

あの髪の毛無茶苦茶なおっさんとやってるやつですね。

タモリもヅラ(えっ違うの?)だからというわけではないですが、a-koさんのサンズラス(思い切り間違い)お眼鏡にかなうと嬉しいです。

いやあの大変恐縮なのですが、載せました。

Bang!!
Re:手ぬぐいに執念を… (a-ko)
2004-11-17 00:16:29
やーん、嬉しいです。

慰めて(?どこが?)くださって。

ただのエロじゃないトコが好きですよ、タモリ倶楽部。



空耳、私も知らない曲で笑います。

タモサンの「意地でも手ぬぐい」精神が好きだったり。

でもたま~に「Tシャツでいいんじゃ…」って思う時も。

ジャンパー(?)はいらないっすね(笑)。
Re:Bang!! (a-ko)
2004-11-17 00:21:08
あの「ボンバヘッ」のおっさんは安斎さんですね。

某ジャニグループのセンターの方が主役だったドラマ「ム○殿」の役名も全く同じだったような…

サンズラスって私が素で間違ったのじゃないですよね?(焦

結構タイプミスがあるもので…



載せて頂けてよかったです前髪。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
空耳アワー。 (ひまじん日記)
おもろページ。「◇◆週刊ソラミミスト◆◇ヽ(`Д´)ノウワァァァン」というページです。なんと過去の空耳作品が見れる!2001年の作品から今週の作品まで。 ●空耳アワーを知らない貴方に。 「タモリ倶楽部」というものすごくマイナーなテーマを深く深く掘り下げまくっ
タモリのTOKYO坂道美学入門 (東京都心生活)
タモリのTOKYO坂道美学入門広大な関東平野にあって、東京の中心部には実は坂が多い。例えば京都や大阪の中心部にはこれといった坂がないことを考えると、これは東京特有の地形である。著者タモリ氏が、定義する「良い坂」とは、1. 勾配が急である2. 湾曲している3. まわりに