和楽の会民謡(唄、三味線、尺八、太鼓、箏 etc..)

インターネットで民謡好きならどなたでも ネット民謡の会(和楽の会)情報交換、大会応援、交流会などを楽しみましょう♪

 第10回音戸の舟唄全国大会 予選96番

2017-01-30 19:41:47 | 民謡大会ニュース
第10回音戸の舟唄全国大会 予選96番


大分県の競技者さん、私の運命を変えた1曲を披露してくださいました  私は競技者さんを初めて生で観たのは、菅笠節大会の前年度優勝発表の時だった(姫路) それは、それは美しく抜ける素晴らしい声であったことは今でもよく覚えています。 けれども、今年から初出場なのに・・ いきなり これだけ見事な節回しが完成させれるなんて 

私は舞台上手の合いの手控え場所にて(舞台袖)、競技者さんの唄い声をじっと聴いていた  ところが  なんかおかしいぞ 合いの手がいないのである 誰も合いの手をしていなかった・・ 私は一瞬、自分が勝手に入ろうかと考えた  だが、これは選手側が、初めての挑戦だから、あえて抜いているという可能性を考えたのと、声が女性で高かったために、私では自信が持てなかったのである

後で伺ったら・・ 主催者側に合いの手必要と申し込んでいたそうでした ただ、このようなことは、時に起こるので注意が必要かもしれませんね  だけど、初参加で、合いの手さんにまで挨拶をしに伺うのも、なかなか出来ませんから  大分県さんの唄についてですが・・ 最初のヤレーの部分から、その素晴らしい発声と迫力に完全に度肝を射抜かれましたから  複雑かつ確実な正しい音程での清らかな節回し 会場で生で聴けた方々は、本当にラッキーであったと思います  私は民謡をやってて良かった  このような素晴らしい唄と出会えて幸せでした 

私の中で歌詞のミスさえなければ、間違いなく優勝になると感じて聴いていたのです  すると序盤で歌詞忘れのミスが出てしまいました  会場の誰もが、やっちゃったっと残念がられたことでしょう 私は、9年間も音戸の舟唄を研究して今日に至っておりますが・・ 大分県さんの唄と私の唄を比べると、そりゃー月とスッポンほどの違いがありましたから  来年は、共に決勝に上がりましょうねと夢を語りました 

全国には、本当に恐ろしく上手な方がいるものだと・・ 真の蔵が興奮してしまいましてね  予選直後にブログへの掲載をダメ元にて、お願いしましたところ・・ 「えいいですよ」って  普通は自分の失敗した動画は、困りますと断るのですが・・ いや、この動画を民謡ファンの方が観ることが出来るってのは、本当に貴重な資料となることでしょう(嬉) 

話は変わるのですが、隠岐から大会資料が届きました 要綱を読んでみて驚きました  撮影一切禁止と書かれてありました(残念) これで私達が映像を撮影し学ぶことは叶わなくなってしまいました  私は映像を観て研究する競技者ですので、残念ですが参加を諦めます  (隠岐の先生方、誠にすみませんです

最後に、誠に見事な唄を、失敗しているのにも関わらず、貼ることを許可してくださりまして、大分県さま、誠にこの度は、ありがとうございました  心より感謝申し上げます  またの再会を心から楽しみにしておりますね 

人気ブログランキングへ

追伸 大分県さんは、昨年9月に民謡の舞台を仲間を集めて行いましてね、熊本県阿蘇市に向けてチャリティー(収益全額寄付)されておられました。 私は、そのことを初めて知った時、心の底から本当に嬉しかったんです  そんな方が、この日本に存在したことを・・ だから私も続きたいと思っています 


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第10回音戸の舟唄全国大会... | トップ |  安来節を練習してみた(三... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

民謡大会ニュース」カテゴリの最新記事