和楽の会民謡(唄、三味線、尺八、太鼓、箏 etc..)

インターネットで民謡好きならどなたでも ネット民謡の会(和楽の会)情報交換、大会応援、交流会などを楽しみましょう♪

 二度と唄えない音戸の舟唄

2017-04-25 17:33:04 | 熊本支援コンサートHANA
二度と唄えない 音戸の舟唄


私は9年連続で音戸の舟唄全国大会に出場してきました  正直にいつか日本一になりたいとずっと思って唄ってきました  だけど、この日の音戸の舟唄は人と競う必要のない特別なステージだったのです  私は生まれて初めて強めのスポットライトを浴びていた

床屋をやっていて歌が好きなお客様から「スポットライトは眩しいぞ」と聴いていたのでしたが・・ まさか、こんなに眩しいとは知らなかった  それでも心地の素晴らしい眩しさだった・・ 客席は、ほとんど見えず  その強い光線は、私をまるで天国へと導く・・ そう、フランダースの犬とパトラッシュが最後に天に召される時の・・ 上昇してゆくような不思議な感覚だった 

私は、まるで自分の背中に跳ねが生え・・ 17年前に亡くなった大好きな父の下へと会いにゆけるような聖なる雰囲気に浸っていた  今日は、世界一尊敬していた民謡歌手の須賀道子さんも舞台袖で私のことを見守ってくださっていましたし、私にとっては本当に天に行くには絶好のロケーションだった。 あれだけの素晴らしい民謡人の中で天に召されたならば、どんなに幸せだろうか と一瞬だけ思いにふけった 

後方ではプロの尺八奏者である、米谷大輔さんが、まるで隠岐に生える樹齢600年のかぶら杉の根元のごとく非常にどっしり安定感抜群のメリハリと静けさ、力強さとを巧みにわけた大変素晴らしい音色に私は嬉しすぎて酔いそうになった  大輔さんの音戸は本当に度肝を抜くほどに太くたくましく、最高だったのであった 

私は、つまり、最高の舞台上に立っていた  心から尊敬している民謡人ばかりに囲まれ、最高の布陣に支えられ、スポットライトを大量に浴びて、それは、まさに私だけのためのセッティングのように感じられた。 その素晴らしすぎる条件に毎日睡眠不足と過労で弱っていたはずの私が・・ なぜ、これだけの唄が唄えたのだろうか と考えても今でもわからないのです。

確実に信じられない力と勇気が働いたのでしょう  民謡は心だと思っておりましたが・・ この時の音戸の舟唄を唄っている時の心情は誠に幸せであり、その裏には人に言えない苦しみを乗り越えた現実が隠されていたのであった  主催者にしかわからない苦しい重圧と責任  去年の暮れに秘書が誕生し運よくも私は助けられた。

もうコンサートは止めようと、何度考えたことだろうか 結局、無理に実行するより、私は自分の命が惜しかったのです。 最悪、止めようと考えておりました。 でも、どたんばで命の覚悟をした時、最悪、逃げる手もあるので大丈夫だと自分を励ましました。 逃げて、恥をかいてでも、自分の命だけは絶対に守らなければならないと思ったのでした。 私は1週間寝込みました、本番1ヶ月半くらい前の話です 

島では、相棒の田村さんが、無償で写真を作ってくださったり、チラシの作成を受けてくださっておりました。 お金を注ぎ込んだのは私だけではありませんでした。 秘書も京都から何度も呉に足を運んでは、観覧数を上げようと、各、会社にお誘いしては努力を重ねていたのでした。 一つのイベントを成功させる陰には、人に見えない水の底があるのだと痛感致しました。 それらの苦労や辛さ努力の積み重ねがあったからこそ、この時の舞台上での喜びの大きさがすごいのです 

このコンサートは、まさに命を掛けた私にとっては大イベントだったのです。 皆さんの協力があってこそ、成り立つもので、力を貸してくださった方、観に来てくださった観覧者さん、ボランティアを自分から申し出てくださった勇敢な方もいらっしゃいました  

これらの事実は、必ず私が未来に残してゆきたいです  この動画を民謡を始めたい方々が観てくださり、そこから何かを感じていただけたならば、この和楽の会の活動も意義があるのではと想像しております。 本日もご視聴、並びにご拝読、誠に感謝申し上げます。 有り難う御座いました 


人気ブログランキング
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  私は素晴らしき民謡人に提... | トップ | 鹿さんの覚悟 秋田小原節 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

熊本支援コンサートHANA」カテゴリの最新記事