和楽の会民謡(唄、三味線、尺八、太鼓、箏 etc..)

インターネットで民謡好きならどなたでも ネット民謡の会(和楽の会)情報交換、大会応援、交流会などを楽しみましょう♪

 いよいよ明日出発を迎える

2017-06-16 12:25:37 | 2017NHK日本民謡フェスティバル
 和楽民謡ファンの皆様、とうとうやってきてしまいました  私はあす、広島空港より JAL機  に乗り東京へと旅立たなくてはなりません。 私がちょっぴり怖いのは飛行機なのです  足が地についておりませんのでね  上空で何かありましても、私にはどうすることも出来ないから  いちよ 皆様にお別れの言葉を述べておかなければならないようですね  今まで、可愛がってくださって 誠に有難うございました  ゆうさん嬉しかったです  それでは月曜日の夜に無事に家まで辿りつけたならば またご挨拶させていただきたいと考えておりますよ 

ここからはフェスティバルのお話と行きましょうね  今回の大会では、私の知っている方が何名も参加されますので、母と共に楽しみにしているんですよ。 実は、この大会、ネットで検索しても出演者などの内容が出てこなくてですね  仲間からも問い合わせなどございましたが、情報がなかなか入らないようでしてね  楽しみにされている方々のために、私が一部だけでもご紹介させていただこうと思っておるところでございます。 知り合いだけでしたら大丈夫かと思いますので、ご紹介させていただきます 

6.隠岐しげさ節 なおみさん(陶山さんのお姉さまです)が唄われます。 なおみさん、私の開催した熊本支援コンサートHANAにも見学に来てくださってたんですよ  すごく嬉しかったですし、前年度も出雲追分にて出演され、大変素晴らしい島根民謡を披露してくださっていたのでした  

13.足尾石刀節 桜美人さん(私にグーブログを勧めてくださった方です) 栃木県の素晴らしい民謡人であり、関東などで数多くの大会で優勝され見事な成績を収められており、私が隠岐しげさ節大会に挑んでいた頃、誠に美しい唄声を披露してくださっておられました。 しげさ節コンクール東京大会でも、三味線の部門にて共に出場し、私は0.1点の差で3位となり、桜美人さんが2位だったことも懐かしいです  久しぶりに再会できますので嬉しいですね 

20.安来節 さおりさん(じろうさんや陶山さん属しておられた SOW(ソウ)という民謡グループで活動され、唄姫でした) さおりさんは隠岐しげさ節全国大会にも出場されておられましてね、私も何度も会場にて唄を聴かせていただいておりました。 島根県では有名な唄い手さんであり、広島県を代表する唄い手であります、福原さんの良きライバル(安来節にて)だったそうでしてね、誠に素晴らしい実力の持ち主でございます。 私のこと覚えてくださってるだろうか  じろうさんと一緒だから大丈夫だと思うのですがー  あっ そうそう、三味線伴奏には、陶山さんが入られるんですよ~ 

22.音戸の舟唄 高見春代さん(熊本県出身:全国で数多くの優勝経験を持たれております) 尺八伴奏に島根県出身のじろうさんを指名され、合いの手には、その相棒である広島県出身江田島市のゆうさんを指名してくださいました  ← うれし泣きです  私は、高見さんとまだ一度も、櫓音や掛け声を合わせた経験がございませんが、じろうさんの尺八とは、何度も合わせて参りましたので、その点につきましては有利であると考えているんですよ  初合わせを楽しみにしております 

28.淀川三十石舟唄 まりさん(兵庫県出身) まりさんとは第6回音戸の舟唄全国大会で共に決勝に挑みました。 当時、余りの着こなしの素晴らしさに私は芸能人だと勘違いしましてね  あれ 今年はプロの演歌歌手さんでも呼んでいるんだろうか  と疑ったほどでした。 まりさんは翌年の7回大会にて見事優勝されたのでした  私にとりまして、まりさんの歌はスケールが大きくて壮大なのです 

32.久住高原の唄 高見恵子さん(熊本県出身) 恵子さんとは、お会いしたことはございませんが、高見春代さんの娘さんなのです。 明日、羽田空港で初めてお会いできる予定でございます。 この久住高原の唄は、ラジオの民謡番組で聴いたことがありましてね、とっても素敵な唄であったのを、よく覚えております  壮大な久住高原の景色を思わせてくれるであろうと、今から楽しみにしておるところでございます 

44.吉野木挽唄 しいなさん(奈良県出身) 私にとりまして、しいなさんといえば、隠岐しげさ節の華でございます  いつも上級の部門に出場されては、私達に大変見事な隠岐しげさ節をご披露くださっておりました。 すでに優勝され日本一となりましてね、フェスティバルでもご披露くださったのをテレビにて観覧させていただきました。

46. 淡海節 今日子さん(大分県出身) 今日子さんとは、今年の音戸の舟唄全国大会で初めて会話できましてね、予選の時の唄は、それはそれは誠に見事な実力をかいま見せてくださり、度肝を抜かれたのでした  初出場された競技者が、あれほどの素晴らしい節回しを披露してくださいますと、私は本当に参りました  まったく太刀打ちは無理なレベルでしたから  淡海節は、私の好きな唄でもありますので、どんな唄を表現されるのか とても楽しみにしております 

これらの8組を特に楽しみにしているんですよ  ちなみにゆうママ(紫色の髪してますからの席はですね 中央5列目右端通路側の席です  つまり・・ 合いの手の真ん前かもです  ゆうママをご存じの方、おられましたら声をかけてあげてくださいましね  母は覚えてないと思うのですが  よろしくお願い致します  それでは、ファンの皆様、ゆうさん頑張って参ります  渋谷で迷子にならないように気をつけますね  アハハ 本日もご拝読、誠にありがとうございます 

                                            人気ブログランキング ← 皆さん、ここをクリックして民謡応援を宜しくお願いいたします 
『ヒミツ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  私にとっての星 スターとは | トップ |  素晴らしすぎる未知の民謡... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (夏生)
2017-06-16 19:43:42
ゆうさん、気を付けようにも飛行機だから気を付けられないけど、気を付けて行ってらっしゃいな〜(*^^*)渋谷はスクランブル交差点に圧倒されてしまうよ。
ゆうママとはぐれてしまわない様にね。
残念ながら、今回の民謡フェスティバル観覧が出来なくて、、、。ゆうママに会いたかったよう
夏生さんへ (ゆうさん)
2017-06-16 21:03:51
夏姉、観覧来れなかったんだねー 
ちょっと残念です 
あなたが来ればウルトラマンのように
いざとなれば助けてくれるんだったのに 

ゆうママねー 真っ紫にまたしたよー 
東京は最後になるかもしれないよ。
10周年で会おうねー 
それでは、あすの関東楽しみだよ

おやすみ姉さん 
いつも気にかけてくれておおきにね 
いよいよ大舞台本番ですね! (ま〜りん)
2017-06-17 07:41:04
東京遠征お疲れ様ですm(__)m
お母様も民謡がお好きなのですか?
安来節といえばどじょうすくいと銭太鼓。踊りを観るのが好きな方も多いです。どじょうすくいか銭太鼓の踊りは見られるのですか?
島根県では銭太鼓を練習している小学校もあるのです。
河内音頭と並ぶ大阪府の民謡の淀川三十石船船唄もあるのですね!大阪の唄を選んでいただけると嬉しいです。
楽しんできてくださいね!
ま~りんさんへ (ゆうさん)
2017-06-18 06:10:17
ま~りんさん、NHK民謡フェスティバルって
いうところは、良い意味で、とんでもなく
想像を絶するところでした 

こんなに見事で素晴らしい民謡の世界 
私も母も全く知らなかったんです 
ただ、ただテレビで観て知ってるフリして
たのでしたが・・

ここまでやるのか  ってくらい
に半端なく、とてつもなく 

もう僕なんか、舞台の素晴らしさや民謡人
の素晴らしさに圧倒されてしまいましてね 

中盤辺りから泣きっぱなしだったのです
(リハですので私服の段階ですのに)
ここは、まるで民謡ファンにとっての
極楽浄土そのものであるのです 

今まで10年民謡の道を歩んで参りましたが
このような世界があることを知らず・・
やはりテレビで観ただけではだめなのだと

実際に足を運ばないとダメってことを痛感
致しましたの。 これは、本当に究極の
勉強であり、夢の世界の現実です 

こんな、とんでもない極楽に私は連れて
いっていただいて  帰り
の飛行機、大丈夫でしょうか 

今、ホテルでパソコンをレンタルして
喜びに満ち溢れ、書いておりますよ 
コメントおおきに 
ほな、本番  いって参ります 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む