世の中は面白くもあるし、怖くもある

あれもこれも、言っておかねば、言っておこう、そんな気分になりました。お読み頂ければ、嬉しい限りです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有識者は「能力主義的価値観」への感度がやはり高いようです。

2017-04-20 | 国家主義は嫌いです
日常的に「さかしら」を覚えて腹を立てているかの様な姿も想像できるのですが、学者にして教育者でもある人にとって、何かと云えば直ぐに「人の能力問題」が頭に思い浮かぶのでしょうか、頷けます。天皇にも、その能力云々論をぶつけています。ただ、天皇の「能力」問題を提起した結果、引くに引かれない、しかし大切な諸問題を明るみに出した様に思います。

曰く「その偏った役割解釈にこだわれば、世襲制の天皇に能力主義的価値観を持ちこむことになりかねず、皇室制度の維持は将来困難になる。そこまでお勤めをせねばならぬとすれば、適応障害の方はどうするか。」

「能力主義的価値観」の持ち主ゆえにできるのであろう「能力主義的価値観からの埒外論」、実はこの「埒外論」もまた、「能力主義的価値観」そのものである点が、興味深いところです。「能力」を問題にするな、と云う「能力論」なのです。この「埒外論」が、恐らく図らずも、なのでしょう、明るみに出した問題を論じてみます。

「役割解釈」とは、「象徴天皇の能動性」をしめす「お仕事」=「公務」は天皇の役割だと今上天皇が言っているそうな、「偏った」「拡大解釈」のことです。「男系男子による」「万世一系の世襲」天皇の下、「適応障害の方」が皇位継承することもある、そうなれば「能動性」ある「お仕事」も天皇の役割、などと「偏った役割解釈」をすれば、「能力」を要する「お仕事」、「公務」が出来ず、「皇室制度の維持は将来困難」になり、その結果「125代続いた皇統が内から崩れかねない」と云うのです。

「皇室制度の維持」を困難にするような"公務能力なき"天皇の「適応障害」とは、どのような障害のことを指しているのでしょうか。

「優れた方もそうでない方も・・・健康に問題のある方も・・・」と云っています。また「そこまでお勤めを・・・」も一つのヒントです。「そこまで」とは、国民の象徴に相応しい「お仕事」とは、を考え行動することを意味してします。平川氏によれば、「公務のお仕事」は、「そこまで」の「能力」を要する、それ故に天皇には「余分な、余計な?お仕事」との認識なのでしょう。天皇の行為を「お仕事」とか「お勤め」と表現するのは、平川氏も戦後の民主教育を享受してきた人間の一人であることを示している点はともあれ、「国民」に接して「公務のお仕事」が出来ない程度の「適用障害」もその意味に含まれているのでしょう。

今上天皇が「お勤め」してきた「公務」が気に入らないことを合理化せんと、「教育者的」に「適用障害の方」を発想し、証明して見せようとした、と理解するのが真意に近いだろう、とは思っています。「公務」批判を直接繰り広げれば、賛同が得られないばかりか、非難必至と判断しているのでしょう。「能力主義的価値観」を持ち出し「適応障害の方」を想定して、どうだ、と廻り道をしての「公務」批判と考えます。しかし、為に、「適応障害の方」が天皇を世襲されても、「続くことと祈ること」の役割、すなわち天皇の「最も重要」な「お仕事」をするには支障がない、との文意は、さらなる論議を醸し出します。

「能力」がなくても天皇の役割は果たせます、「適応障害の方」でも出来る「続くこと」の役目を果たし、「適応障害の方」でも出来る「祈ること」を継続さえしておけば、「民族の永世の象徴」としての天皇/皇室は、維持され続けられます、「神道の文化的伝統の中心的継承者」であり続けることになります、となるのです。この点は、項を改めて論じますが、取り上げる課題に応じて、齟齬など気にも掛けず、「臨機応変」な対処をしている様子です。「便宜主義」、日本会議オピニオンリーダーが口にするイデオロギーの特徴の一つのようです。

ともあれ、「適応障害の方」と云う発想は、「能力主義的価値観」からしか出てこないものです。天皇と能力を関係づける発想をすれば、何処まで行ってもその議論は「能力主義的価値観」に基づくものになります。天皇の能力を公然と真正面から論じた問題提起は貴重です。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国家主義者なのでしょう、平... | トップ | 天皇の最重要な「お仕事」「お... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。