富士ヶ嶺 MOMの家

富士西麓に借りた大きな古家をどうしよう???

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

雨が降る前に

2010-12-13 | エネルギー
今日は一日雨が降る、
もしかして富士ヶ嶺は雪?
なんて予報を聞いていたものだから、
大急ぎでチェーンソーを取り出して
とにかく降り出すまで玉割りを!と決めていました。

午前中いっぱい、
お腹の調子が悪くて愚図るミンミを横目に、
ときに中断して相手をしながら、玉割り、玉割り。

チェーンソーはしばらく使うとすぐに疲れるので、
こうやって途中で邪魔されるのが本当はとてもいいんです。
そうでないと、今日みたいな日はついつい無理をしてしまう。

ミンミはいつもこういうときのストッパーになってくれます。
子どもの邪魔には感謝感謝。いつもそう思ってやってきました。

先日、Tさんを案内していて気づいたんです。
「ずい分と原木がたまってるなぁ」

そう、これらはもう2シーズンも前に伐ってもらったもの。
森林伐採の仕事を生業にしているウーファさんが、
すべてひとりでやってくれたのです!

改めて、どれだけ多くの仕事をしてもらったのか思い知り、
Yさんへの感謝の念が絶えません・・・何かお礼しないと?

さて、今日はとりあえずひと塊の原木を伐っておしまい。
ちょうどお昼になる頃、雨が降り出してきたのです。
大雨(もしくは大雪)になる可能性もあるというので、
取り急ぎ薪棚の薪を3日分ほど中へ搬入して終了!
(これで安心・・・)

滞在中にもう少し伐りたいと思っています。
次はミンミも本調子に戻っているだろうから、
一日かけたら結構な量が整理できるかな。
母の2月までの燃料づくりです。



この画像はTさん提供。
この原木は、近所の別荘地に住むFさんの助けで伐った
かれこれ4年も放置されている杉などです・・・
何かに活用できないでしょうか?






この記事をはてなブックマークに追加

薪ゲット

2010-12-12 | エネルギー
伯父の土地を借りているチップ製造業者さんが、
運び込まれた木屑を機械にかけたときにハネられる
大きな塊を軽トラ一杯分くれるというので、
朝から取りに行きました。

私はマニュアル車が苦手。
とりわけ伯父のポンコツは・・・
なので、運転は伯父に頼み、
もっぱら積み込みに励みました。

こんな感じ。



よく乾いてるし、手ごろな大きさで、
バンバン燃えてくれそうです。

一方では不用品なのに、私には宝物。
ここで引き取らなかったら焼却処分かな。
でも、どうせ燃やすなら有意義に燃やしたい。

すべて母の家に持ち込み、薪棚に積んだり
袋詰めしたりして保管しました。
10日分ぐらいは確保できたでしょうか。





この記事をはてなブックマークに追加

柿渋塗りお手伝い

2010-12-11 | 塗装
昨日に引き続き、壁の塗装ともうひとつ、
柿渋塗りです!

家のお風呂も、手作りの木製フタ、スノコ、
障子戸、コタツの天板などなど、
あらゆるところをこの柿渋で塗っています。

柿渋は実に優れた保護剤ならびに防腐剤。
しかも100%天然素材ですから、安心安全です。

口や体に入れることだってできる食品です。
それにはより熟成してまろやかな5年ものがいいみたい。
塗装用にはもう少し安価な3年ものを使っています。

3年ものはまとめ買いすれば1本あたり1500円弱。
1L入ってこの価格ですから、ニスと変わりません。
それなのにどうして、みんな使わないのかなぁ。

今日集まった3人の友人たちはみんな感激して、
それぞれ1本ずつ所望して帰りました。

私は柿渋業者さんの回し者では決してないし、
売れて金銭的利益をこうむるわけではありませんが、
いいものが広がり、みんなが自然で安全なものを
使うようになってくれることは、最終的には私や
子どもたちにとって大きな大きな利益になります。

こうやって知識や物をシェアし合える仲間がいることに
まずは感謝・・・こうして集まれるきっかけとなった
友人の呼びかけにも感謝・・・本当に嬉しいことです。

さて、その柿渋ですが、子どもたちも大喜びでお手伝い。
まあ、この姿は1時間後にはありませんでしたが(笑)。



子どもは遊ぶのが本業なので、気にしない気にしない。
お昼近くになって合流した子どもも交えて、
なにやら玄関先で相談中?



この後はただひたすら遊ぶ子どもたち。
そして母たちはせっせと塗装・・・

周囲で遊んでいられても、悪いものを吸ってしまう
心配もしなくて済むし、なんて素晴らしいんでしょう!






この記事をはてなブックマークに追加

壁塗りお手伝い

2010-12-10 | 塗装
今日は友人が隣市に買った家の壁塗りを
手伝いに出かけてきました。

知り合って以来ずっと家を探していたのに、
なかなかよいところが見つからずにいました。

それが、私にとっては幸運なことに、
わが家との距離が15分ほど縮まるところに、
素敵なお家が見つかったのです。
裏には畑もあって、日当たりもよく、
子どもたちも敷地内だけでじゅうぶん遊べそう。

時間をかけて探した甲斐がありましたね。
大きな買い物だし、借家と違って
相当な年数を過ごすことになりそうだし。

前の持ち主さんが大工さんだったので、
引渡しにあたっていろいろと造作を注文したとのことで・・・
壁を作った部分は、まだむき出しのまま。

それで、母の家で使った残りの漆喰を持って
お手伝いに伺ったというわけです。

これはゼオライトを配合した、
吸湿性が抜群の漆喰です。
色はクリーム。
オフホワイトに仕上がります。

これ、練っているところです。




こちらはベニヤの壁に塗っているところ。
アクが出ることを想定して、薄めに塗ります。
乾いたら2度目を塗ってできあがりの予定ですが、
今日はとりあえず一面だけ塗って、残りは後日。

なんとなく感じがつかめたら、私が帰った後も
自分たちで塗れるんじゃないかということです。
そう、自分で自分の家を作るって楽しいもんね!


この記事をはてなブックマークに追加

シェアリング

2010-12-09 | プランニング
1泊2日の滞在を終えたウーファさんを送り出した後
この家屋敷をシェアしたいという希望を持った方が
見学に見えました。代表のTさんです。

詳細は省きますが、大勢の自然志向の人たちが出入りし、
あらゆる活動に利用してもらうという計画です。



嬉しいな~。

だって、まさにそのようなことを望んでいたんです!

でも、私ひとりではオーガナイズできそうになく、
ずっとあきらめていた(先延ばししていた)こと。

とりあえず私には本業の母業があり、
副業としてみなさんの健康を預かる仕事があり、
維持していくべき田舎での暮らしがあり、
ときには四国~富士山麓間を往復し、
そこで老齢の母の世話もしなければならず・・・

とてもこれ以上のことに手が回りそうにないと思っていたら、
思わぬ助太刀が現れたのでした。

そしてまた先方のみなさんにしても、
目的に見合う場所がここであるというのなら、
願ってもいない幸運であろうと思います。

お互いにハッピー、お互いにラッキー。
そんな出会いであるように思えます。

私は人の役に立つのは大好きです。
そしてまた、その人が誰かの役に立ってくれたり、
回り回って及ぼされる影響が、必ずやいつか
自分や自分の大切な人たちを喜ばせてくれるはずです。

同じような価値観を持って生きる人たちが
周囲に増えるのはとても嬉しいし、
母や伯父・伯母を残して遠くにいる私としては、
実に安心なことでもあります。

この家と土地を、好きなようにいつまでも使っていい
と言ってくださっている家主さん。
ご両親が開拓して住み着いた土地、
そこに建てた家に非常に愛着を持っておられるので、
きっとこの計画を喜んでくださることと思います。



まだ確実に決まったわけではないのですが、
よい方向に進むことを願っています。

(画像はすべてTさんが先日撮影されたものです)





この記事をはてなブックマークに追加

早朝の樹海

2010-12-09 | 外出
ウーファさんが来るとたいてい案内するのが
早朝の樹海です。

家から車で5分ほど山を下ったところに
観光コースにもなっている樹海の入口があり、
そこから15分も樹海を進んでいくと、
ブナの原生林へとつながっています。



面白いのは、その境界。
ほら、ハッキリわかりますよね。
溶岩が流れて樹海となった部分(手前)と、
そのままの森が維持されているところ。



ここからは上り坂になり、それでも5分で
こんな大きなブナの木に出会えます。
私の散歩コースは、いつもここが終着点。



帰り道、誰かが作った雪だるまを見つけました。
昨日通った観光客さんの作品かな?




この記事をはてなブックマークに追加

雪の歓迎

2010-12-08 | その他 
ゆうべの夜9時ごろ、友人宅経由で富士ヶ嶺に到着しました。

「雪が降り始めて道路がうっすら白くなっているから」と
注意を促す母の電話が途中であったのですが、
河口湖あたりまではまだまだ雨で・・・
「もう止んでしまったのかも?」と思いながら山道を登りました。

すると、やっぱり上のほうでは降っていました。
あたりもかなり白くなっていて、「写真を撮りたいね」なんて
悠長なことを言っていたら・・・

前面がグシャグシャにつぶれた車が一台、
レッカーで引かれて下っていくのとすれ違いました!

たぶん、雪でスリップして転げたのでしょう。
木に激突したのかもしれません。

もう少し上がったところで、現場を片付けている人たちが。
パトカーもあるから、間違いないなぁ。
気をつけないと!

そんなこんなで、ゆっくり慎重に運転して無事に到着。
あまりに寒いし、夜も遅いので、母の家に泊まって
朝を迎えました。

そうしたらなんとなんと!
こんな大雪が積もっていたんです。



雪に歓迎してもらった気分。
ですが今朝は友人を迎えに行かないとなりません。
ああ、こんなことなら富士宮へ着くバスに乗ってもらえばよかった。

でも、道中あまりに美しく、
とくに本栖湖を見渡せる展望台からの景色は格別で、
やっぱり河口湖に来てもらってよかったのかな、と思い直しました。



素晴らしい景色ですよね。
たった1泊の予定で、ここまで美しい景色を拝めた友人も、
本当にラッキーな人なんだと思います。


この記事をはてなブックマークに追加

ハヌカ(光の祭り)

2010-12-07 | 外出
埼玉から富士ヶ嶺へと向かう途中で、
イスラエル出身の友人の家に寄ってきました。

前回会ったすぐ後に、彼女たちは長期の帰省に
出かけてしまったこともあり、1年近く会わずに
過ごしていたことになります。

時間が経つのは本当に早いと感じました。

前に来たときもそうだったような気がするのですが、
ちょうどイスラエルの『ハヌカ(光の祭り)』の最中で、
ろうそくに家族で火を点すところに立会うことができました。

8つの枝があるハヌキヤと呼ばれる特別な燭台には
中心のひとつの台を含めて9つの台があります。

ここに、1日1本ずつ点火し、8日目には全部のろうそくに
火を点すのです。今日は7日目だったので、8つの台に
ミンミと同じ歳のNくんが火を点してくれました。



これはユダヤ教版クリスマスのような厳かなお祝い。

色とりどりのろうそくは季節商品で、この頃になると
どこの店先にも並ぶんだそうです。可愛くて、思わず
私もほしいなぁと思ってしまいました。



この記事をはてなブックマークに追加

デッキ作り進行中(母の家)

2010-10-14 | 造作
これは私の仕事ではないんですが、
母の家にデッキを作ってもらっています。

以前のものは、私がコツコツ補修して
穴が開いては板を貼り直していましたが、
とうとうボロボロに朽ちてきたので、
思い切って知人に注文することにしたのでした。

その、施工を引き受けてくださった知人と言うのが、
私のピアノの先生のご主人Mさんです。
同じ別荘地にお住まいなのですが、最近、便利屋の
仕事を開業されたのです。その名も『ベリー便利

マメで親切・丁寧なお人柄が反映された仕事ぶり!
もしお近くにおられたら、何でも相談してみることを
お勧めします。

さて、これは既存の鉄骨枠に板を並べているところ。
低予算ゆえ、ごく普通のツーバイ材で、レッドシダー
などではありません。



でも、ニスやステインをやめてもらって、柿渋で何度か
色をつけました(写真ではまだ塗ったばかりで発色して
いませんが)。

そしてこちらは奥様のK子さん。
竹を割ったようなサッパリした女性。
母もたいへんお世話になっています。
今日はご主人の助手として来てくださいました。



さて、完成が楽しみですが、私たちはもうそろそろ
出発しなければなりません。
次回のお楽しみということになりそうですね~。




この記事をはてなブックマークに追加

漆喰壁塗り

2010-10-13 | 塗装
母の家のトイレがボロボロ剥がれてきそうだったので
漆喰で塗装し直すことにしました。

注文したのは、ゼオライト塗壁 厚塗り用(クリーム)です。
クリームとありますが、仕上がりはそれほどでもなく、
落ち着いたグレーっぽい白に近いものです。



なかなかいい感じ。

私の漆喰塗りは、とても簡単です。

まず、マスキングテープなどでの養生はナシ。
ボテッと落ちたときのために、下に新聞紙は敷きます。

コテはほとんど1種類しか使いません。
隅を押さえるようなタイプを買い足せば、
もっとプロに近い美しい仕上がりが得られるのかも?
と思いつつ・・・

そして、壁を壊さずに、そのまま上から塗ります。
土壁などの上に塗り直すときには、スプレーを使って
壁に水をうんと吸い込ませます。
そうすれば、塗った漆喰から水分をとられることがなく、
後々のひび割れ防止につながります。

しかしこの壁塗り、結構疲れました。

この後はお風呂も全面塗る予定。
徹夜による作業になりそうですね・・・

この記事をはてなブックマークに追加