俺のお金の使い道

お金で買えない価値がある

ESETのHIPSが反応しまくりで仕事にならない件

2017年05月17日 | パソコン

 会社ではアンチウィルスソフトのESETを使ってますが、ある時、俺のPCだけ警告が出始めました。

 「ホストベースの侵入防止システム???」

 「別のアプリケーションへのアクセスを許可しますか???」

 っなこと急に聞かれてもなぁ

 Google Chromeは俺がいつも使ってるブラウザで、それが急に引っかかるわけないし、なりすましの可能性もあるので、ここは取りあえず[拒否]

 ところが次々に警告が出ます。

 「この操作を許可しますか???」

 「Windows Publisher???」

 パブリッシャーは俺のPCにはインスコしてなかったと思ったんだが…
 レジストリを書き換えるってか???

 これも、取りあえず[拒否]する

 ところが、このESETのHIPSの警告はまるで手加減してくれません。次々に警告を発してきます。

 俺のPCに何が起こってるんだ

 ここのところTVは「身代金型ウィルス」のニュースで賑やかです。俺のも感染したかでも、身代金を請求されたりは今のところないみたいだし。

 ESET、HIPSでググってみるが、俺のPCと同じような症状を記したものは発見できず。

 しょうがないので、警告に対して、今度は[許可]で応じてみます。とにかく全部、[許可][許可][許可]
 しかし、拒否した時と何も変わらない。次々と警告が出て、その度にPCの他のタスクが止まってしまうので、何もできません。Excelファイル一つ開くのに10分くらいかかります再起動しようと思ってWindowsキーを押しても反応するのに5分くらいかかります

 最後の手段で、会社で使っている業務ソフトをつくっている目立システムさんのSEに電話で助けを求める。取りあえず「他への感染がないようにまずLANケーブルを抜いて、[拒否]をクリックしてください。そして、全ドライブのウィルスの検査をしてください。」とのことでした。

 うーむ

 そんなことはわかってるんだが急に電話で対応を聞かれてもそれくらいの答えしかできないよね

 とにかく、PCが使えないと仕事にならないので、取りあえずHIPS機能をオフにしたいが、そのESETの管理画面まで行きつくことができず。

 そろそろ読んでる人も飽きてきたと思うので結末です結局、ESETをアンインストールして、やっとPCがまともに動くようになりました。すぐにWindows Defenderでウィルスチェック。結果、脅威なし。ちょっとこれで様子見ますわ。ESETをアンインストールしたことが社長に知れたら何か言われるのは必至だから、黙っておこう報告なし。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤビツ峠が走れなくなる? | トップ | 6月1日からお酒の値段が上が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む