九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

鳩山由紀夫‏のつぶやき   らくせき

2017年06月18日 | Weblog
済州島で行われているAIIBの総会から戻ってきました。参加国は3カ国増えて80カ国となりました。金総裁と日本の加入についてかなり話し合いました。米国は形式的には参加していないのに、実質は参加も同然となっています。日本だけが取り残されました。多くの日本企業は残念がっています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールド左翼が残念すぎると... | トップ | 山城議長の国連演説、日本政... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「アジアの盟主」? (文科系)
2017-06-18 14:33:51
 日本政府の態度は、旧「アジアの盟主」ということなのでしょう。中国や中国元の、国際経済や、IMF、世界銀行、アジア開発銀行への介入を必死に止めてきた末のAIIB隆盛だから、なかなか意地が許さない。
 思えばあのアジア通貨危機の後始末時期の宮沢構想を通しておけば、こんな体たらくはなくアジアの盟主でいられた上に、他国に莫大な恩を売ることが出来たのだ。そういう機会を、アメリカの圧力によって、放棄してしまった。以来、日中離間は「米国発日本の国是」。そのしわ寄せが全て国民に来たのが、さらにこういう体たらく。

 以下は、90年以降の日本の政治を判断する、最大の視点だと思います。これをしも「経済だけは上手く回っている」と語るお人もいるから驚くのだが・・・・。

【 国連発表数字にこんなものがある。
 日本国民一人当たりGDPの歴史的推移というものだ。各国比較順位も含めて。一九九五年、二〇〇五年、二〇一五年で、こう推移している。順位は、五位、二三位、三二位と極端に落ちていく。一人当たり金額も、四万三千七七四ドルが三万四千六二九ドルにまで落ちた。この劣化ぶりが、九五年と一五年とそれぞれ十位の国との比率を観てみると、非常によく分かる。日本が三位であった九五年は十位の国の一二六%だったものが、二〇一五年には五七%にまで落ちてしまった。他国がどんどん上がってきた間に、日本GDPだけが急減しているからだ。十位の国はこの二〇年に、三万四千八七一ドルから六万五一四ドルにまで上がったのである。これが「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と呼ばれてアメリカまでを買い漁った当時からの、黄昏れた日本国の末路なのである。】 
Unknown (Unknown)
2017-06-18 17:05:42
ルーピー鳩山が、そうつぶやいたって事は、AIIB、行き詰まっているな・・
名義上の加盟国だけ増えて、資金は増えないでしたっけ?
Unknown (sica)
2017-06-24 16:05:48
鳩山氏の発言を信じたら、どのような結末を迎えるかは歴史が証明してます
そういえば鳩山氏の「腹案」とやらは結局何だったんでしょうね
沖縄県民の基地負担軽減の助けになるなら、是非腹案を発表して米国と交渉してほしいものです

それが、元首相として最低限の責任の取り方ではないでしょうか

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む