九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

随筆  僕は「ヒーロー」   文科系

2017年05月20日 | 小説・随筆・詩歌など
 名古屋中心部の一角。五月の花々が咲き乱れているその小公園に歩を進めると、三三五五と遊んでいた子どもらの中から七~八人ほどが一斉に駈けて来て、僕を囲む。一~四年生ほどの男女なのだが、なかで一番高学年に見える一人が進み出て、拳を握りしめながら尋ねる。「いいっ?!」。僕はいつものように両脚を広げ、腰を落とし気味にして、下腹に力を入れる。
「さー、どうぞ!」
「バシッ!」
 教えたとおりに腰を回しつつ、全身の力を込めて拳が僕の腹に打ち込まれる。いや、打ち込まれると言うよりも、跳ね返されると言った方がよいかも知れない。現に打ち込んだ彼が、拳をブラブラと振りながら顔をしかめて痛そうにしているのがその証拠だ。それでも彼は僕の顔、目を探るようにして、
「効いた? 痛かったっ?」
「ちょっとね!」
 それからは我も我も、延々と挑戦者が続く。なんとか僕をやっつけようという気概を全身に漲らせて。握った拳の人差し指と中指との付け根できちんと打ち抜くと教えたとおりの正しいフックの打ち方をしっかりと確認しつつ挑戦が続く。このごろいつも、本当に、全く、切りがない。

 ここは、僕の最初の孫娘ハーちゃんがこの春に入学して通うようになった学童保育所の前にある市の小公園。僕はハーちゃんをお迎えに来たところだ。そしてこの「遊び」は、ハーちゃんの保育園で僕が開発してきた大人気の「スポーツ」である。人間の腹筋そのものが思っている以上に強いものなのか、それともランニングと並行して僕がジムで鍛えているせいなのか、腹筋だけを目標にさせている限りほとんど痛みを感じないとよーく体験済み、分かっているのだ。そしてなによりも、この遊びを子どもらがどれだけ大好きかというその程度にこそ、よーく通じているのである。好きな理由は多分こんなところ、ゲームやアニメのヒーローが大好きだから。学童保育では特に、女の子の挑戦も続々と続くのである。ちなみに、子ども自身がその腕を折り曲げるポーズを取ったり、僕の下腹部を撫でてみたりしながら「筋肉見せて!」という注文も度々だ。僕はアニメのヒーローなのである。スポーツ大好きの僕としてもまた、興味津々の、面白くって仕方ない遊びになって、
「おーっ、今のは効いた! そのフォーム忘れんようになっ!」
その男の子が自分の拳に目を懲らしつつその形を確認している顔の、なんと誇らしげなこと! シオリちゃんと言う四年生の子だが、小さい身体の割に並外れた威力を示したのである。こういう子は、いろんなスポーツが得意に違いない。全身の協調能力が高く、筋力もあるということだから。

 ところで、この出来事からは僕には想像も出来なかった副産物が生まれた。ハーちゃんの心の中にも僕という大ヒーローが生まれ直したのである。それも「強いヒーロー」という以上のものが。なかなか見たこともないように目を輝かせながら、彼女がこう語ったから分かったことだ。
「爺ーは、学童でも大人気なんだねー!」
 確かに、彼女にとっては確固としてそうなのだろう。学童保育所でこれほど子どもらを自発的に集められる術など一年生ではもちろんのこと、最上級生でもなかなか持ち合わせていないはずだから。この事件からこの方、やんちゃなハーちゃんが僕の言い付けをよーく聞くようになった気がする。子どもには「子ども特有の能力世界」があるという、新たな大発見であった。



 昨日の閲覧数は、2,109! しかも、16日(火)から1,703、1,832、1,957と来た上でのこと。「ベネズエラ」連載がそれだけここの読者に大きな意味を持っていたのかと思いを馳せることができて、嬉しかったこと! 
ジャンル:
ご近所
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ほんとの話?   らくせき | トップ | ある書評として(1) 公の... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミドル級タイトルマッチ! (文科系)
2017-05-20 22:58:39
 20日夜の村田諒太のタイトルマッチ結果は、僕の頭でどう考えてみてもおかしいと思った。唯一向こうが優ったのは、手数だけ。村田のスタイルが、堅いガードでじりじりと敵を詰めて、ロープ際などの敵に強烈な右ストレートなどを当てるというスタイルなのだが、彼はダウン一度、ダウン寸前2度ほどの優勢を示していた。また、村田の固いガードの上から打つだけのような相手のパンチは、ほとんど効いていないようにも見えた。それで「手数で優勢勝ち」と言われても、全く納得できないのである。
 ボクシング界では、時々不思議なことが起こるものだ。

 1対2の判定だった。判定前のエンダムの消沈ぶりと、判定が出た瞬間の飛び上がりようとの対照的な落差も、この判定のオカシサを示していたと思う。
Unknown (Unknown)
2017-05-23 17:50:48
アニメのヒーローを自称する、高齢者?
色々とツッコミどころが多すぎて・・
まあ、それぐらいじゃないと、九条教徒なんて、やってられないのかもね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む