九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

長谷川素逝(戦争と俳句)について ①  遅足

2009年06月05日 | Weblog
★わたしも参加している 「575の会」という俳句ブログに友人の遅足さんがタイトルのような記事を載せています。花鳥風月だけではない俳句という世界を知ってほしくて転載させてもらいました。  (まもる)
****************************

{戦争を俳句は、どのように詠んだのか?}

雪の上にけもののごとく屠りたり   長谷川素逝

昭和13年の刊行された長谷川素逝の句集「砲車」は、まさにそうした句集です。

長谷川素逝は、明治40年、大阪生まれ。本名・長谷川直次郎
三重県の津中学卒業、第三高等学校を経て、昭和3年、京都大学へ。
この年、ホトトギスに初入選。
卒業後、津中学の国語教師に。

日中戦争が本格化した昭和12年8月召集。
京都の野砲兵第22連隊に入隊。第二小隊長に。
馬の乗って駅まで行進。日の丸に送られて戦地へ。

  汗の目に人も故郷も遠ざかる

砲兵隊の小隊長として、南京攻略戦に参加。
戦場体験を詠んだ句が、翌13年、ホトトギス1月号雑詠の巻頭に。

  みいくさは酷寒の野をおほひ征く
  友をはふりなみだせし目に雁たかく
  ねむれねば夜の焚火をとりかこむ
  をのこわれいくさのにはの明治節

南京陥落後、帰国する間もなく転戦。北支へ。
討伐行が続く。
昭和13年4月の句。

「ふたたび討伐に出づ、黄河北岸を掃討す」の前書き。

  匪ら棲むと李花咲く村をとりかこむ
  李花咲いて平和な村のすがたなれど
  おぼろ夜のいくさのあとのしかばねよ
  麦の芽をしとねと君がかばねおく
  おぼろ夜のはふり火に立つわれ隊長
  おぼろ夜の頬をひきつらせ泣かじ男

同じ13年の句

「討伐、敗残兵多し」の前書き。

  かをりやんの中よりわれをねらいしたま
  かをりやんの中よりひかれ来し漢
  てむかしゆゑ炎天に撲ちたふされ
  汗と泥にまみれ敵意の目を伏せず

最後のこうりゃんの句は、昔、見た映画「赤いコーリャン」を思い出しました。                        

                (つづく)
  


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北朝鮮は脅威か?     ... | トップ | 田中宇さんのブログ    落石 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遅足さんに謝 (只今)
2009-06-05 17:46:45
 その昔、いい値段で引き取ってくれた松本書店に手放してしまっ長谷川素逝の句集『砲車』を残念と思っていたところなので、紹介いただき、初めての思いで句を鑑賞できましたこと、有難うございました。「京大俳句」所属ならば当然に挙げられたと思われる句もあり、これは虚子門下ということでの見逃しと思われ、そんなことも改めて思い起こすことが出来、有難うございます。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事