九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

「よたよたランナーの手記」(208)10キロ65分ならまだ行けそう   文科系

2017年12月06日 | スポーツ
 前回これを書いたのが1か月ほど前と長く書かなかったのは、いろんな試行錯誤をしていたから。今までのやり方だけでは記録がどんどん落ちるようになったから。努力以上に、新たな工夫が必要な段階になった。

 まず、ジムマシンのランだけだと走力がどんどん落ちると分かったと前に書いたが、その分外走り、階段往復、サイクリングなどをやった。おかげで、ジムランは10月29日以降今日まで2回やっただけだ。11月13日と、12月4日と。この3回のジムランを比べると今のラン水準がとても良く分かる。11月13日は、9月14日以来の9キロ(4・3と4・7)で、12月4日は1週間ぶりのランとあって久しぶりなので軽く流して8・6キロ(4・1と4・5)。問題はこの内容である。

 戸外の走り方を、ストライドを伸ばすようにちょっと変えた。ピッチ150弱で、ストライドを5センチほど伸ばす感じに。するとやはり脚に負担が来て、右足首に違和感が生じている。この工夫、努力の分、同じ速度での心拍数が下がって来るなど、意外な好調が戻って来た。今はこんな状況だ。

 時速9キロでも心拍数140ほど、10キロ時でも150ちょっとになった。同じ速度の心拍数が以前よりも10~15程下がってきたことになる。心臓の拍動が強くなったのか、脚の毛細血管が太くなったのか、いずれにしてもこれだと脚の違和感さえなくなればマシンラン30分×2回で9・5キロほどまでいくはずだ。違和感そのものは、ストライドを伸ばす練習を押さえればどんどん引いていくから、本番ではピッチ160ほどとストライドを狭くすれば良いだけのこと。この9・5キロという記録だと、去年の春にまで戻ったということになる。前立腺癌の治療前まで戻ったという意味だ。当面、この9・5キロを目差してみよう。10キロマラソンを65分ほどで走れるということだ。
ジャンル:
サッカー
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 随筆 「僕の日本茶」   ... | トップ | 随筆紹介 「気疲れして」 ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日は・・・ (文科系)
2017-12-07 19:38:57
 今日の外走りは、1キロ6分59秒、10キロで約70分になる。マシンなら65分は可能かも知れないが、外走りでのこれはまだまだだと、痛感した。
 右足首の違和感は、走行フォームの問題だと分かった。左脚の送り方が遅いから、右脚の着地時間がわずかに長い無理が出てくるのである。年を取ると身体感覚も微妙に狂ってくるものだなと痛感。まー平衡感覚が狂うのと同類なのだろう。
 でも、10キロ65分を目差すぞ! 外走りでも、出来るような気がしてきた。

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事