九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

最近の日米関係記事の特徴   文科系

2016年11月08日 | 国際政治・時事問題(国連・紛争など)
 このごろのマスコミ論調で、日米関係、その今後の方向について、ちょっとした変化が見られると意識し始めていた。以下のような外交基盤問題に留意するからである。国家も家計も大赤字で苦し紛れのアメリカが、「猿の尻笑い」のような「日本保護主義批判」を始めたこと。日本企業に、アメリカ式経営への批判が兆し始めていること。現政府がロシアに接近していることへの、アメリカの目が険しいということ。韓国を中国から引き付けたいアメリカにとって、韓日関係はどうなるのかという問題。

 最近読んだこの手の雑誌「大特集」なかから、二つの特集に触れてみよう。

『米国流「ガバナンス」が企業を弱くする』
 このように、表紙にも唯一最大の大書がなされた経済誌「Wedge3月号」。その、20ページ近い「看板特集」を読む機会があった。この記事の最大焦点こそ、「金融による実体経済の攪乱」批判なのである。当ブログで9月中頃から連載し続けてきた「金融が乗っ取る世界経済」において著者が指摘している最大問題の一つである。この特集の焦点もこの著作と同じようにここ。「企業評価の基準を、金融が押しつけてきた短期利益指数にのみ求めるのは誤りである」というもの。

 東洋経済11月12日号の表紙にも、こんな看板大書が大きく踊っていて、こちらは40ページを越える大特集だ。
『日米関係の大不安 同盟のコストとリターン』
 この「大不安」の中身は、こんなところと言える。「混迷極まるTPP」、「米国に監視される『円』」。前者は、2人の米大統領候補の公約に内向き姿勢が目立ち、日本政府とは立場がかなり異なってきた事に目を付けているのだし、後者はこういうもの。日本政府の「円安操作」「輸出攻勢」によって、中国、ドイツ、韓国、台湾などと並び日本政府がアメリカ政府監視リストに入ったということだ。

 この40ページ特集には、例えばこんな記事があった。
『日本よ、Gゼロ時代を生き残れ』と題された日米二人の識者視点が展開されている。
 元中国大使・丹羽宇一郎に、「中国と米国は机の下で手を握っている」のに「なぜ、世界で日本だけが中国への投資を減少させているのか」と語らせている。また、「それは、日本(政府)のトップが中国に対して快く思っていないと経済界が察知しているから」、などとも語らせている。
 もう1人は、東洋問題に詳しい米政治学者イアン・ブレマーで、こう述べていた。
「内向き志向を強める米国にとって、日本の重要性は低下している」
 なぜならば、
「中国経済は安定的に成長しており、政治も盤石だ。・・・・重要性は明らかに中国の方が高くなる」
 同じ日中関連で丹羽宇一郎の方も、
「昨年9月、オバマ大統領と習近平国家主席が会談したときに、『お互い武器を取るのはやめましょう』と確認しあった。今年9月のG20のときも夕食を含め3時間に及ぶ会談をしている。一方、日本はそのときオバマ大統領に会えてすらいない。日米同盟で協力してきたのに『日本の片思いか』、これでは中国が日本をなめてかかる」

 この丹羽宇一郎氏らの記事のすぐ後のページに登場しているのが、元米国防次官補で日本でも有名なジョセフ・ナイ。彼の2ページ・インタビュー題名が『日米同盟は「瀕死」ですか?』とあって、その最大警告がこれ。「プーチン大統領に日米を分断させるな」。この日ロ接近関連では別にまた、「米中が目を光らす日ロ接近の危うい綱渡り」という2ページの解説記事もあった。この点では、日ロ外交に石油が絡んでくると特にアメリカの目が険しくなるのだし、日本としては中国対策絡みでロシアに近づきたいという側面もあるのだ。そんな事を述べた複数の箇所が他にも垣間見られた。


 これら最近のマスコミに溢れる「斜陽米の内向き姿勢」「日米両国の困難から来る、軋み」などが、米大統領選挙で『「ウォール街の代表」非難合戦』などに現れている事もまた自明であろう。日本マスコミがちかごろ冷ややかにこの大統領選挙を見ているのを意識したものなのでもあるだろう。

 この問題、皆さんははてどう思われるだろうか? 対米従属下だからこそ起こった「失われた日本」も、はや20年をとっくに超えて長期不況国として世界のダントツ、それも相当な限界に来ていると言える。このことは、「2%成長問題」における政府、日銀の動向、苦闘、お手上げ状態などを見ても、明らかだろう。GPIFなどは、まだまだ損を重ねるのではないか。そして、日本の購買力もまだまだ下がっていくのではないか。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「よたよたランナーの手記」... | トップ | 金融グローバリゼーションの... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安倍さんのロシア接近は (らくせき)
2016-11-08 09:29:55
アメリカに対する姿勢と少し違う。
ここはとても興味をひかれる点です。
Unknown (Unknown)
2016-11-09 17:26:07
ほら。トランプが勝ったよ。
いつまで、そんな黴の生えたような理屈をこね回しているのやら?
新古について (文科系)
2016-11-10 21:15:21
 名無し君は、新しい事が好きで、古いものは嫌いだそうだ。そして、明日を論ずる事がどうも、昨日を観てだけ出来ると考えているのだそうだ。
 対して僕はこう思う。
 1日先の何かの変化は、1年ぐらい過去からその何かを見てくれば分かるのかも知れない。なら聞くが、1年後、否20年、30年後の変化は? これは50年100年から過去を見て来た人でなければ、先ず何も正しい予測は出来ないはずだろう。

 こうして僕は貴男と違って1~2年程度の変化には興味がないのは、ご存知のように、今の世界を根本的に非難する立場だからだ。そして、前者と後者とでは全く違った視点が必要なのである。

 なお、今のは時間の問題だが、空間の問題もある。日本と言う狭い世界の変化だけみたい人と、世界そのものの変化を見たい人と。
 こうしてさらに、こうなる。
 現代では、世界の過去1年ほどが見えない人は、日本の(ほんの一部分の)明日も見えないといういことに、ね。

 以上の論理が、分かるかな? つまり君と僕とでは、日本の知識も過去200年と20年ほどの差がある。日本と世界となったら、僕は世界で君は日本のほんの一部。だから君はいつも僕にこう言うんだよ。
「そんな古い話関係ない!」
 そんな古い話が実は、以上の全てを上げて、関係あるんだよね。 
人間思考と、時間と空間 (文科系)
2016-11-13 02:39:08
 人間は他の動物と違って、言語・記憶・意識があるから、ものが考えられる。言い換えれば、歴史を学んで今を考え、他国からも学んで自国への知恵を得る。つまり、言語、記憶・意識があるという事は、難しく言えばこういうこと。時間・空間が広い人間こそ、知恵も多いと。この対照人間がこういうお方。この1~2年の事しか考えず、せいぜい10年の朧気な記憶しか無く、日本の国しか知らぬお人は、知恵がないと。

 「50年どころか、10年前の話も古いだけという人が、人にものを喋るなよな。喋ってもよいけど、上記の如く、愚か者と最初から白状しているようなものなんだけど・・・・恥ずかしい事です!」
 

コメントを投稿

国際政治・時事問題(国連・紛争など)」カテゴリの最新記事