九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

ハリルジャパン(127) 楽しみ極まりないブラジル戦  文科系

2017年11月09日 | スポーツ
 明日はいよいよ、僕も待ちに待ったブラジル戦。何せブラジルは日本が世界一苦手としてきた国なのだし、その相手と「このハリルジャパンが闘う」のだから、楽しみなのである。

 まず、世界一苦手としてきたというのは、こういうこと。そもそもいつも大差で敗れる。W杯に出るようになってからのフル代表同士の戦跡だけ観ても、日本の0勝5敗2引き分けで、得失点は3対19である。ブラジルを負かすことがあるヨーロッパ強豪国相手でも、日本がこれほど分が悪い国は他には先ず無いのだから、長谷部キャプテンがこう語るのは無理もないのだ。
『代表で100試合以上出場してきた中で一番かなわないというか、差を感じる国』
 何故なのかは、はっきりしている。長谷部がいつも言う「1対1で負けていては、まず話にならない」というその点、つまり個人技で負けてきたのである。特に当たり合いで敗れたきたし、こちらは逆に1対1の相手を潰せないというゲームばかりと、僕の目には見えた。

 さて、だからこそ僕は「このハリルジャパンが闘う」という点が楽しみなのである。前回も述べたように、ハリルになってから明らかに、日本全体が当たり強く、潰しと潰されとに強くなってきたからである。加えるに、代表チームコンセプト、メンバー選考もこの点に焦点を合わせていて、繋ぎを続ける技術を多少犠牲にしているという点でさえも以下のように、僕は注目しているのだ。
・ 潰しに強くなったから、先ず失点は減る。
・ かと言って得点を犠牲にしているかというとそうではなく、「組織的ボール奪取、潰しからの素速い攻撃転化」という「モダーン得点方」(ハリルの言葉)を最も重視したチームだとも、僕は観てきた。
 
 さて、この戦法、特に攻撃法が少しでも効を奏して行き、ブラジルに対して特別に抱いてきた「恐怖心」を取り除けるかどうか、そこがこのゲーム最大の課題だと観ることが出来る。この点について、今代表25人のメンバーを観るとこんな構成になっているから、心強い。
 まず、ドイツなど当たりの激しい国の経験者が、14人。残り11人のほとんどがまた、こんな選手である。最近のACLで、韓国勢、豪勢、そして最近はさらにブラジル人強力助っ人と当たり慣れてきた選手ばかりだ。コオロギ、倉田、昌子、遠藤、車屋などがそうである。浦和、ガンバ勢が多いというのは、ハリルのそういう狙いなのだと愚考した。

 こうして僕は「激しい潰しから素速い攻撃転化へ」という見所をこのゲームでいくつ作ってくれるかをこそ、期待している。そんな見所から僕が期待する選手は、原口、大迫、そして長沢である。
 結果については、その内容にもよるが、1対3ならコンセプト成功でそれ以上開けば失敗と、あわよくば1対2ならハリルの狙い通りと、そんな見通しを持っている。

 因みに、ハリルは「勝ちに行く」と語っているが、これが本心であると確信もしている。そうでなければ、「恐怖心が先立つゲーム」になってしまうのである。原口、大迫、長沢、吉田、槙野、乾、久保、長友、酒井宏樹らもそんなハリルの精神、ゲームプラン通りにプレーできる選手だと確信している。
ジャンル:
サッカー
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネトウヨの本質は | トップ | 米中対立を観る判断基準  ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
最大のキーマン (文科系)
2017-11-09 15:37:20
 日本最大のキーマンは、原口だと愚考する。その彼は、こんな方向を語っている。

『「バイエルンとやる時は、耐えながらなんとかボールを運んでっていう感じで、とにかく慌てないことですかね。(ボールを)取った時にまたすぐ取られてしまうときついので、取った時にどれだけ落ち着けるか。そこが肝心だと思います。あのブラジルが組織でやってるので、中はやっぱり堅いと思う。だからこそ、サイドから崩していくことが必要になる。サイドバックと2対1を作れたりするシーンももしかしたらできるかもしれない」と長友と組むであろうタテのホットラインを最大限有効活用することも視野に入れていくという。

 ボスニア人指揮官も、原口が合流した6日にはつきっ切りでサイドアタックを指導。65歳の老将は自ら左サイドのドリブル突破をデモンストレーションして見せ、インサイドハーフやサイドバックとのワンツーから中に入っていくプレーを原口に要求していた。』

 長沢と大迫は共にやったことがあるだけでなく、ヨーロッパリーグ戦出場権を取ったコンビ。このどちらかに原口と長友とが絡めば、何かが起こりそうな気がするのは、僕だけではないはず。バイエルンにも当たり負けず、ドリブルを突っ掛ける闘志の塊・原口。彼だけは、ブラジルにこそ真っ向勝負を果たしていくはずだ。
Unknown (Unknown)
2017-11-09 18:37:29
で、見ないで書くの?
流石に見るよね?
井手口への監督指示 (文科系)
2017-11-09 20:16:43
 多分中田ヒデ以来初めてと思うが、20歳で代表戦に先発している井手口は、10代でリオ五輪前の対ブラジル・テストゲームを体験している。その時の彼の衝撃に対して、今の井手口にハリルがこう指示していると、井手口が語っている。何と具体的な指示だろうか! 見事だと思うのである。 

『「監督から(ブラジル戦は相手に)前を向かせたら終わりだとずっと言われている。前を向かせないぐらいタイトに付きたい」
 171センチながら、球際での強さはJリーグ屈指の水準にある。豊富な運動量でピッチを所狭しと駆け回り、ボールホルダーに力強く襲いかかる様は、まさに狩人のそれだ。激しいボディーコンタクトを厭わないタイプだけに、ブラジル戦に出場するとなれば、球際の攻防が最大の見どころとなるだろう。
 指揮官の「前を向かせたら終わり」の意図を十分に理解している21歳の若武者は、ブラジル戦で自身に与えられたタスクを完遂できるだろうか』

 言い方を変えればこういうことだろう。今までの代表はブラジル相手にも簡単に前を向かせたから、ズルズルと下がるばかりだったと。今は例え前を向かせてしまってさえも、前を向いたその敵ボール保持者に対して以前の代表よりはまず1メートルは近くに詰めていくはずなのだ。
 そんな敵ボールへの厳しい寄せと、潰し目差した脚出しなどをこそ、きちんと見せて欲しいものである。
珍しく的中 (文科系)
2017-11-11 01:01:59
 エントリーにある僕のこの予想が、珍しく的中した。
『結果については、その内容にもよるが、1対3ならコンセプト成功でそれ以上開けば失敗と、あわよくば1対2ならハリルの狙い通りと、そんな見通しを持っている』
 
 「その内容にもよるが」と書いた方も、このように評価できる。ゲーム時間の半分以上は、日本の押し上げコンパクト・プレスが効いていた。失点しなかった後半全体がそうだったが、前半も30分過ぎまでの20分は特に。相手2点目は井手口のクリアミスからだったし、この押し上げに確信が持てるまでに2得点されたのが残念というゲームだった。
 ハリル・ジャパンの組織的潰し能力向上によって、やはり強くなっていると確信が持てた。
 今日の後半のゲーム力なら、世界25位という所。力で来るベルギーには、相当良いゲームが期待できる。
 

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事