九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

ハリルジャパン(99) 「途轍もないレベル」岡崎慎司のこと  文科系

2017年07月06日 | スポーツ
ハリルジャパン(99) 「途轍もないレベル」岡崎慎司のこと  文科系

 サッカーダイジェスト最新7月13日号に、ここでも08年からずっと追いかけてきた岡崎慎司のことで、標記の表現が載っていた。「宇佐美日記」と名付けられた宇佐美貴史の連載日記の内容、表現が大変面白かったし為にもなったので、抜粋してみる。
  
『これまで出会ったサッカー選手の中でこんなに面白くて、誰からも愛される人は他におらんのちゃうかってくらい、最強の男やと思う。実際、新しく加わったメンバーの緊張をほぐすのも、いつも岡ちゃんだしね。そのおかげで、代表にはいつも良い空気が漂っているんやと思う。・・・・(中略)
 かって岡ちゃんと清水でチームメイトだったアキさん(西澤明訓元日本代表FW)が、「自分の限界を超えた域まで追い込めるプロ意識は、途轍もないレベル」と感心していたけど、まさにその通り。
 どんな練習にもいつも全力で取り組むし、プレーの端々に「この人にはちょっと適わへんな」と思わせる凄みを備えている。実際、岡ちゃんが球際で戦っている時って、ラグビーを観ている時のような、身体がぶつかるバチバチって音が聞こえてくるからね。そのくらい相手に全力で立ち向かって、サッカーをしてきたから、今の岡ちゃんがあるんやと思う。
 そんな岡ちゃんともお別れの日。昼食後に選手に挨拶をできなかったのが心残りで、イラク戦への出発時間まで待機して、ホテルでみんなを見送っていたら、岡ちゃんが真顔で「貴史、いてくれて良かった。毎日楽しかったわ」と言って握手を求められ、スッと立ち去って行った。その瞬間、なに? この気持ちは? と。・・・・(後略)』

 岡崎というと、あちこち走り回っているだけのように見える人も多いはずだ。が、そんな走りから、寄せた相手の視界外に出たとたんにバッと身体を寄せていき、岡崎が何をするか。相手のボールに脚を出す。相手とボールの間に身体をねじ込む。ここにも書いたことだが、少し高く上がったボールならこれを迎えに行く相手の脚とボールの間に一瞬で頭をねじ込んで行くことさえ厭わないのである。当然マイボールになるが、頭から出血という場面でもある。ジェット式の白い血止めスプレーをかけられて包帯を巻くとすぐにバッと走り出していった。
 こういう闘いをしかも、例えばイブラのようなどんな大男に対しても全く躊躇はしないのである。僕には、こんな岡崎が堪らないのだが、彼は涼しげにこう評する。
「こういう闘いがしたいからこそ、プレミアに来た」

 まさに「一生ダイビング・ヘッド」を座右の銘にするからこそ、危険と親類になってきたような危ないお方ということだ。
ジャンル:
サッカー
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パリ協定など、ドイツの執念... | トップ | 父の短歌より  KEN »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう一つ、岡崎の偉大さ (文科系)
2017-07-08 10:37:22
 案外見落とされている岡崎の偉大さを、もう一つ。それは、大怪我をしないこと。
「無事、これ名馬」。

 この点では、ヒデという大先輩もいますが、岡崎のこの特性について、僕は密かにこう推察してきました。彼の座右の銘「生涯ダイビング・ヘッド」によって培われたもの、と。

 思い出して、考えてみて下さい。彼のダイビング・ヘッドって凄まじいもの。猛スピードで飛んでくるボールの飛行直線に対して直角という角度でも飛び込んでいきますから。彼はこういう自分を「弓矢の矢」と表現しています。
 さて、この「弓矢の矢」がボールを射貫いた直後にはどうなっているのでしょう? キーパーなど前の相手に激しく激突? 敵が防御で出した脚に衝突? ゴールポストには大丈夫? 岡崎慎司は子供時代から、こんな練習を重ね続けてきたわけです。これこそが「生涯ダイビング・ヘッド」の背景になってきた。
 つまり、空中も含めて、あるプレーの事前の危険観察、回避の熟練者というわけ。これに自信がなければ、あんな風には飛び込んでいけないと思うんです。空中危険回避に永年努めてきたお人ならば、地に足が付いている時の回避ははるかに容易なこと。

 格闘技においては、危険回避の技術がなければ名馬ではいられないわけです。特に岡崎が、上で宇佐美貴史が語っているようにこんな選手であるのだから。
「岡ちゃんが球際で戦っている時って、・・・身体がぶつかるバチバチって音が聞こえてくるからね」

 こんな事を考えていると、岡崎のプレーを観るのが何倍も楽しくなるのです。
Unknown (Unknown)
2017-07-08 21:25:47
最後に、ダイビングヘッド゜で得点したのは、何時?
無事に、試合終了までいたのは、何時だっけ?
・・昔話は楽しい?

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む