九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

日本の選択 1970

2017年04月20日 | Weblog
まあ以前から何度か言ってるんだが、北朝鮮情勢もあることなので。
島国というのはやはり特殊なんだよね。オーストラリアも同じだがあっちは近くに中国だの北朝鮮だの国は無いから、やはり日本は特殊になる。
海を守る、空を守るで特に経済水域を守るにはかなりの準備が必要になる。空を守るには飛んでくるミサイルも含まれる。
平和というのは相手もあることなんで日本だけが平和がいいよな~と言ってたって守りの準備は必要なのは当たり前。
そこで現在までは日米同盟のもとアメリカの軍事力を利用して広大な水域と空を防衛している。ここからが意見の分かれ目になるんだが、アメリカに依存するから巻き込まれるという意見があり、単独防衛は不可能に近いのだから多少のデメリットの覚悟は必要という意見がある。
私は後者ですよ。勿論。分かるとは思うけれど 笑
日本は日本単独で防衛やりますよと言っても今の自衛隊の装備ではとてもじゃないが不可能。北朝鮮からミサイルが飛んできたら大丈夫なのか?大丈夫じゃないだろとやってますが、アメリカと協力して行ってる今でもミサイル全部は撃墜出来ないだろうとやってるのに、単独でなんてとてもじゃないが無理。だから単独で可能になるようにするならば防衛予算を一桁増やさないと間に合わない。その金はどうするの?
当然、外交に力を入れ対話による努力に一層力を注げばお前の言うような防衛予算は必要無いという話も出るだろう。
しかし、これもやはり相手次第。対話すら難しい相手もいる。だから対話と軍事力は兼ね備えて初めて有効になる。
では、予算は難しい、単独は無理、アメリカも無理になるならば、何処かに協力してもらわないとという話になる。アメリカと別れればアメリカとは同盟解消になることも踏まえる。要するに、アメリカから見たら日本は仮想敵国のひとつに仲間入り。
こうしたことを前提に仲間を作らなければいけない。しかも日本の防衛に協力出来るレベルの軍事力を持つ国と。
まあ中国かロシアしかないんだけど。日米同盟解消ならば西側は相手にしてくれないからね。こうやって考えるから私はデメリットもあるがメリットの方が大きい日米同盟の方がいいねと考えるんだよね。
但し、アメリカとの付き合い方は変えるべき点もあるだろう。日本からの意見を強くする為にコッソリ軍事力を増強するのはいいかも知れない 笑
フランスやイギリスの話を聞くのは曲がりなりにも軍があるからね。
ちょっと脱線したが当分の間、東アジアの不安定化は続くと思うので日本の防衛や今後の道筋を考えるのは丁度いい機会だと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人殺しを減らし、平和を目指... | トップ | 人殺しを減らし、平和を目指... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
つまり (1970)
2017-04-21 07:39:03
日本のこれからを考えるときに、日本の防衛には相当なコストが必要だという認識が無いとアメリカについていくのが良いのか悪いのかといった単純な話になる。
今までは殆どこれなんだよね。
アメリカが悪いからついていくのは駄目だはいいんだけどそこから先の話は空っぽかグダグダ。コストを考えないで話をするからそうなる。
中国やロシアと同盟を組む可能性が出てきても未来はバラ色なんて保証はどこにもありません。
かと言って防衛予算を増大して単独で生き抜くという話にも議論はいきません。
国連は見れば分かる通り安全保障問題に関しては機能しません。機能すれば何とかなるというのは机上の話で、タラレバの話。
だから日本の防衛コストについて、もう少し真剣に考えた方がいいと思うんだよね。
理想は独立国 (らくせき)
2017-04-21 09:57:49
もちろん相応の軍事費は必要でしょう。
核はなるべく持たない方が良いでしょう。
独立国となれば外交も変える必要があります。
この際に9条は本来の力を発揮することに。
まあ私が生きている間は難しいかも・・・
プライドは髙くつくもでしょう。
武士は食わねど・・・ですから。

ちなみに (1970)
2017-04-21 10:06:21
軍事力の規模でも凄いことになってる中国だが、最近は技術力の向上も目覚ましい。
科学でもITの分野でも日本はもう中国には太刀打ち出来ないところに来てるんだよね。ここ数十年日本が怠った基礎研究や人材育成を日本を反面教師にして中国は力を注いだので、結果こうなった。
だからまあ軍事力に関しては、物量中身共にアメリカ抜きでは中国の相手にはならない。
そして、中国には例の核心的利益というのがあるので、東アジアの制覇を目指す以上は日本やアメリカ、韓国、台湾等と利害関係の衝突は避けられない。
日本の防衛コストにはこういう部分も考慮される。中国が軍事力と対話の2つを使い分けてくる以上、日本始め周辺の国もアメリカの軍事力をバックにしなければ対話にもならない。
Unknown (1970)
2017-04-21 10:13:57
覚悟を決めた独立国を目指すなら軍事力を持って9条も持つのは矛盾になるのではないですか?
相応の軍事費 (1970)
2017-04-21 11:42:30
何をもって相応と考えるかなんだよな。
自国の領土、領海、領空を防衛する為に必要な軍事費と考えるならば、当然経済水域も入る。
そうなれば桁違いの防衛予算になる。
私の相応はそういうこと。
違う相応があるとして、例えば広大な経済水域はとてもカバーしきれないから近海だけ防衛する。経済水域は外交で守る。
これは私からするととても無責任な国防に映る。軍事力をバックに対話を使う中国を知りながらバンザイするようなものなので。それが武士なら?武士じゃない方がいいな~。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む