九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

イスラム革命総本家   文科系

2017年07月17日 | 国際政治・時事問題(国連・紛争など)
 シリア情勢を学んでいて、サウジアラビアのことで驚いている。別エントリーで書いて、名著『「対テロ戦争」とイスラム世界』からの抜粋を冒頭に掲げたコメントをここに再掲して、若干の言葉を付け加えたい。

【 こんな国でも・・・ (文科系)2017-07-16 16:52:32
『そもそも犯罪者の公開処刑、女性の外出禁止、女性教育の制限、異教徒の宗教活動の禁止など、・・・・・・サウジアラビアの首都リアドでは、中央モスクの前の広場で金曜集合礼拝の後に公開処刑が実行されており、女性には運転免許証は発行されず、親族の同行なしには旅行も許されず、男女共学の中等・高等教育機関は存在せず、国内には一軒の教会、シナゴーグ、仏教・ヒンドゥー教寺院の存在も認められず、聖書や十字架を持ち込んだだけでも国外退去処分になる』

 知ってはいたが、こういうサウジアラビアは、現代世界の化石国に見える。アメリカが唱える「自由と民主主義の抑圧」の典型国もかくやと、こんな国でもと言ってはなんだが、国家主権は保証されているのである。国家主権は侵害されてはならないのだ。例え北でも、これを侵害したら国民が塗炭の苦しみを舐めるのである。イラクを見よ、シリアを見よ! 
 ただし、こういう国が大金持ちとして存在し、その金とアメリカの支援とを受けて有形無形周囲各国に干渉するのでは、まるで「憎まれっ子、世にはばかる」ではないか。イスラム原理主義騒動が止まないわけである。アルカイーダの創始者ビンラディン自身がサウジの王族で、彼には多大なサウジ資金も流れていたらしいのだが。

 とこう考えてさえ、こんな国の主権も守られねばならないのである。ただし、ある国の防衛問題にサウジが公然と触れた時には、集団安保体制ということで、国連公認の対サウジ自衛権発動はありうるのだろうか。】


 サウジ王族出身のビン・ラディンを匿ったとしてもたらされたアフガニスタン現在の惨状も、連載中のシリアの人道危機も、上記のような今のサウジが無かったら起こらなかったと思う。それほどに、この国の原理主義は強烈である。それでもって、有形無形の革命の輸出にも励んでいるんじゃないかと思われるほどに。この国が王制であって、世界第2位の原油埋蔵量を誇って英米資本と結びついているのだから、シリアやイラン、過去のエジプトなど周辺共和制国などは目の敵にされるはずなのだ。「自由と民主主義の輸出」に励んでいるはずのアメリカは、この国をこそ開放しなければならないのではないか。こんなことは僕は反対だが、アメリカの日頃の主張からすればということである。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 書評 「シリア情勢」(2)... | トップ | 書評「シリア情勢」(3) ... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-17 20:16:43
アメリカにアヤつけても、まるで埒が明かないので、
他に飛び火したと・・
Unknown (Unknown)
2017-07-17 20:47:22
総括として、「アメリカに逆らってもいい事無いよ・・」
文ちゃんは、そう言っているようにしか見えない。
もう戦争できない (文科系)
2017-07-20 21:46:00
 アメリカはもう、戦争を、それなりの相手と、規模では、できなくなったのだと思う。9・11理由のアフガン戦争と、「大量破壊兵器がある」との嘘の理由で開戦したイラク戦争によって、この国がすっかり疲弊してしまったからだ。国家財政に70兆ドルの累積赤字!

 本日20日、中日新聞夕刊3面最下段の小さな記事だが、この記事が今後の世界史に向けて持つ意味は、もの凄く大きいいものと愚考した。
「米 反アサド派支援中止」

 アメリカが入れ込んできた、シリア反政府派支援。これがとうとう効果なしで、諦められたと報道しているのである。
「天網恢々、粗にして漏らさず」
「正義は勝ち、悪は滅びる」
(この場合の悪とは、「国連も認めたれっきとした独立国に戦争をしかける行為は悪である」ということ)

 これで戦争勢力は、歴史的に、少少後景に退いていくだろう。アメリカが、世界史上70年続いた冷戦に勝ったということで、少しのぼせ上がった時代だったのだと思う。今や、中進国でもちょっと手強く、核兵器以外では手に負えないが、その核兵器は世界が使わせなくなったということではないか。

 シリア「内戦」。死者47万人、難民311万人、負傷者190万人。この犠牲が、標記のことをそれなりの国に教えたということで、人類史の明日への尊い犠牲だったとなって欲しいものだ。
 ちなみにシリア内戦に関わって、アメリカ新大統領トランプはこう述べたと報道されている。
『「関与すべきでない外国政権の打倒に奔走することはやめる」』

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む