九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

複雑さ増すベネズエラ情勢   文科系

2017年06月14日 | 国際政治・時事問題(国連・紛争など)
 ベネズエラ情勢は複雑怪奇。ベネズエラ政府が公式に語っているとおりにアメリカは、この複雑怪奇情勢をさらに複雑にするように大活躍しているから、アメリカサイドのニュースだけ観ても何も分からないだろう。ベネズエラを巡るアメリカ最近の国際的動きが二つあったが、それだけでも紹介しておく。

一つは米州機構外相会議におけるこの5月21日、アメリカの失敗。こんな題名のニュースである。
『米州諸国機構(OEA)外相会議は主権尊重派が動き、「ベネズエラ糾弾決議」に失敗。デルシー外相は21日のメキシコでの外相会議出席へ▼ベネズエラが国連・非植民地化委員会委員長国に選出さる▼制憲議会(ANC)議員選挙立候補登録始まる』。

 今一つが、これ。
『こうした中、国連安保理は(5月)17日、ベネズエラ情勢について初めて協議した。
 アメリカのヘイリー国連大使は会議の目的について、ベネズエラの現状を周知させることだとし、安保理による対応を求めていないと指摘。「人権を尊重しなければ、シリアや北朝鮮などで見られるような方向に進むことになると、国際社会は声を上げる必要がある」と述べた。
 これに対しベネズエラのラミレス大使は、アメリカがマドゥロ政権の転覆をもくろんでいると批判した。』

 上記の後者ニュースの中で、米国連大使が『安保理による対応を求めていないと指摘』というのが、極めて大きな作為を感じるが、興味のある皆さんにも、非アメリカサイドのベネズエラニュースを検索することをお勧めする。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベネズエラ転覆計画、怠惰な... | トップ | 一方的なベネズエラ論議  ... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
副大統領の制裁にしても (1970)
2017-06-14 14:35:16
内容はアメリカ国内にある資産凍結、取引禁止だからね。
麻薬取引におけるマネーロンダリングのこうした処置に関しては、例えば日本の暴力団幹部も全く同じ処置をアメリカから受けている。それと変わりない。
あくまでも個人に対するもの。
ベネズエラが麻薬の中継地になっていたことは、コロンビア政府とFARCの内戦時代コロンビア政府軍が入手したFARCのPCの解析から明らかにされた。副大統領の件もそこから数年間の追跡によるもの。ベネズエラの軍の関与も同じ。
ヨーロッパで流通するコカイン等薬物の3割が南米からと言われスペインが入口になっている。こういう流れの一端がFARCのPC解析により分かったことは大きかったんだよな。
アメリカの制裁もそれによるもの。
マイアミ方面はそういう麻薬カルテルの幹部の隠し財産がかなりあるからね。
Unknown (Unknown)
2017-06-14 18:31:28
陰謀論?「文ちゃん論」に惑わされないと、
予想通り、チャベス路線が失敗した・・
それだけの、シンプルな結果なのに。
その事実に直面したくないから、より複雑な事にするんだね。
麻薬戦争 (1970)
2017-06-14 19:15:41
南米や東南アジア等は特にそうだが麻薬とゲリラ、麻薬と反政府軍の関係は深い。武器調達の資金稼ぎとして麻薬の密造を行ったり麻薬カルテルを守る存在にゲリラがなる。コロンビアがそのいい例でコロンビア革命軍(FARC)とカルテルの関係は深かった。そして麻薬の輸出先にアメリカがあった。
アメリカは長年麻薬戦争やってるからね。自分の国に何処から麻薬が入ってくるかは神経を尖らせる。
その中継地にベネズエラが浮上した。
2013年にはベネズエラのカラカスからフランスのシャルルドゴールに着いたエールフランスの便から1300キロ余りのコカインが発見されたりした。この時はベネズエラ国防軍の人間も逮捕されている。
もうね、麻薬関係ではべったりマークされてる国なんだよ。
それもこれもコロンビア政府がFARCのPCデータを解析したお陰なんだけどね。
だから・・・ (文科系)
2017-06-14 21:33:49
 一国の存亡に関わるような激しい対立がある場合にはニュースソースを明らかにせよと述べたエントリーに、相変わらずそれが何もないコメント群。こういう一方的なニュースこそ、それが必要なのだ。

 みなさんも、ソースが明らかでないニュースばかり書く人は無視することをお勧めする。人を裁く裁判などでは、それは常識。「イラクに大量破壊兵器」というウソの米陰謀情報からこそ、イラクの今の悲劇が起こった。そこからの、最大の教訓のはずだ。アメリカはウソのニュースを流し、チリ・ピノチェト政権のような軍部独裁政治を何回産んだことだろう。
 (1970)
2017-06-15 00:41:42
ソースソースってお好み焼きじゃないんだけどね。
カラカスクロニクルが中心だよ。2回目。
それと以前誰かも言ってたが、アメリカ系メディアなんて分け方は無意味だと思う。
アメリカサイドに立つメディアがフェイクでアメリカに批判的なメディアが真実という分け方もおかしい。
それはただ偏るだけでしょう。
南米のこうした問題を見るときに麻薬を抜きにして話をしても肝心な所から遠ざかるだけだよね。
カラカス・クロニクル (文科系)
2017-06-15 08:54:05
 これって、ベネズエラ政府から観れば暴力主義で悪名高き野党系メディアでしょ。「こんなメディアだけ」をソースとしてるって、しかも「これこそお勧めって」70さんご推薦だったけど、冗談じゃないよ、全く?! これが出典なら、事態は僕が述べたことよりも遙かに悪い。直接間接CIAの影響下にあるメディアに決まってますから。そもそも、政府側は、必ずそう断定するはずだ。
 対立する両者の裁判として批判するならば不公平極まる弁護側無視です。
 
日本で言えば・・・ (文科系)
2017-06-15 14:40:08
 駄目押しをします。

 日本でも与野党の政争はある。その場合に野党のニュースだけある国に流して、「これが正しい日本の声だ」と決めつけたら、与党は怒り狂うだろう。
 ましてやベネズエラは、命さえ懸かった反乱と鎮圧続きの国。これを分析すると称して、野党の言い分だけを他国に紹介したら、これはもう完全にねじ曲げた報道ですよ!

 こんなことを恥ずかしげもなく堂々と、かつ細々にして延々と何故に敢行するんだろう。と考えてみたら、なんらかの工作員と決めつけられても仕方ないはずだ。日本にアメリカのある筋の情報を流す専門家・・・・。コソボでも、アラブの春でも、またウクライナでさえ、こういう人々が国を攪乱してきたとは、これまた有名な話。
何を言ってるのかさっぱり分からない (1970)
2017-06-15 15:46:06
①カラカスクロニクルが悪名高き野党系メディア?
②直接、間接問わずCIAの影響?
この2つは何を根拠に決めつけてるのか、意味不明。カラカスクロニクルは『独立系メディア』。確かに情報が統制されたベネズエラで政府に都合の悪い情報も取り上げるが、それで悪名高き?なんて話にはならないが。
③一方的に垂れ流す?
ベネズエラの情報が入ってこない?
実際インターネットではいくらでも政府寄り、反政府寄りの情報は手に入る。現に貴方は政府寄りの情報を手に入れてるわけでしょう。関心があれば誰でも同じことはできる。
④反政府、アメリカサイドの情報しか流さない。
これも③と同じ。更に言えばこのblogが毎日数十万~数百万人が見ているならばそんなことも効果はあるかも知れないが、IPの数は150前後、要するに150前後の人をせっせと洗脳しようなんて思いもしない。そこに効果を見出だせると思う程ヒマじゃないな。
⑤ベネズエラのことに関しては何度も書くが麻薬についての視点抜きで書くのは話の半分も書かないようなものだと思う。
また現在起きている反政府運動の動機についても同じ。
食料や薬等の生活必需品が無い、病院等の衛生環境も劣悪。こういう事態が全く改善されず住民が蜂起したということ。
物資は十分に足りている、生活に問題は無いということであれば、そうしたことを伝えている報道を是非紹介して欲しい。
反政府運動は民主主義がどうのなんて話より今日の生活の話なんで。
Unknown (1970)
2017-06-15 19:08:23
⑥何か問題が起きるとアメリカの仕業、アメリカが悪いという考え方に限界があるのをそろそろ理解した方がいい。
特にこのベネズエラで今起きていることに関しては好例になる。
その切り口だけで押し通しても何も見えてこない。
まあそれでも押し通すのだろうが。
繰り返しになるが、何故住民の怒りが爆発したのか?
何も政府の人間が反米だから怒ったわけじゃない。それを言うなら住民サイドだってそもそも親米じゃない。チャベスを支持してきたわけだから。
アメリカが糸を引くような次元の話じゃない。
そんなことよりも今日の暮らしの話。
世間にはアメリカが悪いだけじゃ何も見えない話があること位は知っておいた方がいいと思うけどね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む