九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

というわけで何だかなぁ(笑) 1970

2017年06月15日 | Weblog
ワタシが何かを書くとその内容がアメリカ寄りなので工作員だというお話。
これを真面目に考えてみる。
工作員たる者のつとめとしてはなるべく多くの人間と周囲に影響力を及ぼす人間を取り込むことが目的達成にマストの条件だろう。そしてアメリカもしくはアメリカサイドの指示を受けたワタシがそのマストの条件を満たす場として選んだ場所のひとつがこの『9条バトル掲示板』。
俺が上司なら間違いなく張り倒すね 笑
1日150人から200人の相手に何ヒマ潰してんだ、真面目にやれ。
いやいやたまに賛同者が匿名でチラホラ書いてくれてます。ふざけるなで、誤解されない人生敢えなく終了だよね 笑
で、こういうことを真面目に問われる。
君のような人間は工作員だと思われても仕方ない。
ギャグで言ってるならいいんだけどね。面白くないだけで。
真面目だから逆に心配になる。その発想はちょっとマズイのではないかなと。
例えばこの場所で誰が中国や韓国寄りの話を書いても、読んでるこちらはそれを書いた人間が中国共産党の工作員とか韓国政府の工作員なんてことは思わないよ。
そういう人間が何を好き好んで巷の話題に上らない掲示板で活動するなんて思わないからね。せめて2ch位のキャパじゃなきゃ意味が無い。
だからそういう疑いを持たれた文章を書かれれば書かれるほど、こっちは笑うしかリアクションが取れなくなるんだよね。
まあ、悪事の裏にはアメリカがいるのだという発想も、君のような人間は工作員だろうというのと同じと言えば同じなんで、あ~いつもこうやって思い込んでいくのかということだけは分かるけれど。
どっちにしろ、何だかなぁだよな 笑
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一方的なベネズエラ論議  ... | トップ | 沖縄山城議長、国連人権理で... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひとつ訂正 (1970)
2017-06-15 23:51:54
誤解されない人生敢えなく終了→工作員人生敢えなく終了

何だ誤解されない人生って。工作員らしくないミスだな 笑
工作員 (なんやかんや)
2017-06-16 14:40:32
 アメリカの工作員ということはたぶんCIA絡みだと思うのですが、報酬は固定制ですか?それとも出来高制ですか?
 報酬は源泉徴収されているのでしょうか?それとも確定申告をするのでしょうか?確定申告の場合、ネットでの工作に必要な諸経費は必要経費として控除されますか?
 
 ところで、ここって不思議な場所で、イラクやベネズエラについてはアメリカ絡みで熱を帯びて語られますが、肝心要の私たちの足元で起こっている事態、例えば共謀罪の問題、森友、加計などで行政が歪められているのかどうかの問題などはほとんどスルーですね。
 アメリカを中心とした国際問題が解決されれば、自ずからそうした国内問題も解決するということでしょうか。
 どうもあまりアクチュアルではない議論のための議論が続いているような気もしますが。
解答 (1970)
2017-06-16 15:19:16
詳しくは書けないが、DCの方から来ましたよ。
報酬についてはインテリジェンスに関わるからね、向こうで処理してるよ。勿論、固定。経費はみんな大好き青天井。

アクチュアルな議論は駄目なんだよ。そこに近付けないのが仕事のひとつだから。
そうならないようにこっちも正恩のケツ叩いてミサイル撃たせたり、そうそうこの前は上野のパンダに子ども産んでもらったよ。かなり苦労したけど。
経費は青天井。
悪いけどこれ以上答えるのは無理だから。
DCからメールがバンバン入ってるんだよね。
『イツマデ アブラ ウッテンダ ハタラケ
USA!USA!』
経費は青天井だから。
Unknown (Unknown)
2017-06-16 19:27:46
むしろ、文ちゃんみたいなのが、「サヨクの評価を下げる目的」の工作員じゃない?
Unknown (Unknown)
2017-06-16 20:05:39
パンダはビックリした。流石だなアメリカ
Unknown (1970)
2017-06-16 21:09:12
DCからは口止めされてるからあまり言えないけどな。
まあ何かが起きた時は全てこっちが動いたと思ってくれよ。
秘密な♪
経費は青天井。
なんやかんやさん (1970)
2017-06-16 22:09:09
ま、このキャラで加計がどうのもツラいところがあるんだけどwww
あの問題って何だかよく分からないんだよね。天下りの元締めでボコボコに叩かれてた前事務次官がいつの間にかヒーローのように扱われたり(これに関しては急に手のひら返したマスコミや野党には呆れたが)、獣医学部設置についても本当の所何が問題になるのか要領を得た報道もされてないし。何か悪そうなことをやってるかも?というだけで無理矢理突っ走ってる印象なんだよね。そして、例のごとく民進党にはちょいちょいブーメランが突き刺さるお約束の芸もあるしw
どうなんでしょうねぇ。
ご応答 (文科系)
2017-06-16 23:04:05
 工作員だと述べたのではありません。転載しますが、正確にはこう言いました。

『日本で言えば・・・ (文科系)2017-06-15 14:40:08
 駄目押しをします。
 日本でも与野党の政争はある。その場合に野党のニュースだけある国に流して、「これが正しい日本の声だ」と決めつけたら、与党は怒り狂うだろう。
 ましてやベネズエラは、命さえ懸かった反乱と鎮圧続きの国。これを分析すると称して、野党の言い分だけを他国に紹介したら、これはもう完全にねじ曲げた報道ですよ!
 こんなことを恥ずかしげもなく堂々と、かつ細々にして延々と何故に敢行するんだろう。と考えてみたら、なんらかの工作員と決めつけられても仕方ないはずだ。日本にアメリカのある筋の情報を流す専門家・・・・。コソボでも、アラブの春でも、またウクライナでさえ、こういう人々が国を攪乱してきたとは、これまた有名な話。』


 なんやかやさん
 貴男が言う意味でアクチュアルでなけれないけないとは思いません。それがこういう意味であるならば。
『肝心要の私たちの足元で起こっている事態・・・・などはほとんどスルーですね』
 「肝心要の私たちの足元」というのは、狭い世界観というしかありません。これでは、政治に興味がない人と会話が成り立ちませんから。ベネズエラはまた、一国民が塗炭の苦しみを舐めている「世界的な人道上の」問題。そして、それも含んだアメリカの本質を暴くことは、自民党政権の本質を暴くこと。さらに加えて、このグローバル社会では「(アメリカと)国連」の問題は世界平和の問題として、日本にとっても死活的な課題と考えてきました。
 本当の政治改革には狭い(当面課題での)実践主義のようなやり方だけではいけないとも反省してきたものです。世界や人生との関係で日本の政治を論じているつもりです。それが一番長いスパンの本質的なやり方だと考えて・・・。

 ちなみに、最近よくここに書いてきましたが、沖縄の山城議長を全く不当な5か月の拘留から解放したのは、国連の力です。国連から観て日本がいかに歪んだ警察、政治を持っているかということで、この後この事をちょっと書いてみます。
あ? (1970)
2017-06-16 23:16:49
『なんらかの工作員……』
同じようなもんじゃない。決めてかかってるわけだから。
今更みっともないと思うよ。
まあどうでもいいけど 笑
大違い (文科系)
2017-06-16 23:51:55
『工作員である』と以下とは、全く違いますね。
『こんなことを恥ずかしげもなく堂々と、かつ細々にして延々と何故に敢行するんだろう。と考えてみたら、なんらかの工作員と決めつけられても仕方ないはずだ』
 「決めつけられても仕方ない」というのは、この主語である貴方の言葉が、それぐらい酷いという比喩になっているということです。そういう人々の論調を鸚鵡返しに繰り返し、拡散する人々も当然含んでのことです。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事