九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

ベネズエラ「政権転覆策動」(3) ブラジルで「これはクーデターだ」    文科系

2017年05月17日 | 国際政治・時事問題(国連・紛争など)
 ベネズエラとともに南米で政変推移が注目されてきて、去年政権が転覆されたのが、ブラジル・ルセフ政権。それも、チリと同じように、政権中枢内部にもクーデター派がいました。チリで大統領殺害によって転覆されたアジュンデ政権の後に大統領になったのは、悪名高きピノチェト。彼は、執拗なアジュンデ反対派が多かった軍部の中では、海軍幹部達と並んで政権支持派の将軍と言われてきた人物。政権が転覆した途端に本性を現して大統領になった訳です。つまり、その内部から政権を攪乱し、崩壊目指していたということ。政権内部の中枢にいるスパイだった訳で、これでは政権は潰れます。なお、チリのこの事情については、記録映画「チリの闘い」を昨年10月21日にここで紹介しましたので、ご参照下さい。エントリー右欄外の今月分カレンダーの下にある「バックナンバー」年月欄で「2016年10月」をスクロール・クリックすると、すぐ上のカレンダーが10月分に入れ替わりますから、その21日をクリックして下さい。エントリー本欄が2016年10月21日だけの物に替わりますので、「チリの闘い」を探して、お読み願えます。この後のアジュンデは、「毒を喰らわば皿まで」というのか、チリの左翼を大量虐殺して死ぬ間際になって告発されました。そんな人生こそ歩みたくないものという典型人物です。

 さて、去年のブラジルも同じこと。だから「これはクーデターだ」と。それも政権中枢内部にスパイがいたクーデター。果て、そのスパイとは?


ブラジル・ルセフ大統領が弾劾裁判で失職「これはクーデターだ」一体どういうこと?

ブラジルの上院議会は(2016年)8月31日、政府会計を不正操作した背任罪で職務停止となったルセフ大統領の弾劾裁判を採決し、有罪61、無罪20の賛成多数でルセフ氏の罷免が決まった。ロイターなどが報じた。

ルセフ氏の罷免に伴い、ミシェル・テメル副大統領が大統領に昇格する。任期は、ルセフ氏の残り任期となる2018年末まで。弾劾裁判で大統領が罷免されたのはブラジル史上初めて。1992年に当時のコロル大統領も汚職疑惑で弾劾裁判にかけられたが、採決の直前に辞任している。

ルセフ氏は公邸で会見し、「テメル氏らはクーデターで権力を手にした。私は何の不正もしていない」と述べた。一方テメル氏は「国民のために公共の利益を促進する」と宣誓した。

BBCによると、ルセフ氏は軍事政権時代に左翼ゲリラとして活動し、国家反逆罪で3年間投獄されたのを経て、82年に政界入りし、リオグランデ・ド・スル州のエネルギー通信相を務めた。2001年には左派・労働党のルラ大統領政権で鉱業エネルギー相、官房長官を歴任した。2010年ルラ大統領の後継者として大統領選に出馬し、決選投票でセラ元サンパウロ州知事を下して当選。2011年1月、ブラジル史上初の女性大統領に就任した。

しかし、ルセフ氏が取締役を務めていた国営石油企業ペトロブラスの汚職疑惑で、ルラ元大統領らが訴追された上、2015年の経済成長率がマイナスとなるなど経済の低迷し、支持率が急落。ルセフ大統領も、社会保障費を捻出するために財政赤字の会計を不正操作した背任罪に問われ、5月12日に 弾劾裁判の開始が可決され、180日間の職務停止処分となった。

大統領に昇格するテメル氏は、中道右派の最大政党ブラジル民主運動党(PMDB)の党首。レバノン移民2世で、下院議長を3回務め、過去20年の大統領と協力して連立政権に加わるなど政治経験は豊富だが、ルセフ政権の支持が低下すると連立政権を離脱し、後継の大統領を狙っていた。しかし、世論調査で「大統領にふさわしい人物」として支持したのはわずか2%程度で、国営石油企業ペトロブラスの汚職疑惑でも名前が浮上している。ルセフ氏の職務停止に伴い大統領代行に就任したが、暫定政権の閣僚23人全員が白人男性で、女性や黒人が1人もいなかったことから批判を浴びた。』


 以上は、ハフィントンポストのニュースで、この真偽とかの解釈は読者各人にお任せします。ただし、チョムスキーの著作など僕の長年の中南米観測では、ここの全てが事実。そして、チリ以降の南米の政権転換には、アメリカと左翼のつばぜり合いが絡んでいることが確実と愚考してきました。ちなみに、南米における「解放の神学」と呼ばれたカトリック一派も、アメリカに抵抗してきた長い歴史があります。これだけ人気が高かった大統領を国内勢力だけで仕留めることなど、到底出来ないとも愚考します。この当該副大統領が大統領になって、このとてつもない不人気というのがまた、その証拠になります。「国民は知っている」、「チリと同じように、ブラジル上層部とアメリカとが結びついた画策」ということなのでしょう。


 ベネズエラといいブラジルといい、長い目で見るならば、南米におけるアメリカ人気の凋落は、イスラム世界と同じでしょう。ブレーキが外された坂道の車。トランプの「国内重視」も、そんな「やり過ぎ」の結末という所から来ている。アラブ相手にも、国連安保理拒否権をイスラエル絡みでアメリカは何十回使ったやら。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベネズエラ「政権転覆策動」... | トップ | ほんとの話?   らくせき »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-05-17 12:01:39
今日も陰謀論は絶好調
Unknown (Unknown)
2017-05-17 19:58:54
文ちゃんの意図とは別に、
むしろ、アメリカに逆らったら、ヤバイよ
と、言っているだけじゃない?
Unknown (Unknown)
2017-05-17 20:11:41
陰謀論の老舗、田中宇が、「ネオコンは多極主義者」と言うように、
文ちゃんも、実は、従米主義なのかもね。
Unknown (Unknown)
2017-05-17 23:29:04
僕の愚考によると真実だなんて素敵すぎますね。
閲覧数1,832 (文科系)
2017-05-18 09:58:25
 昨日の閲覧数1,832。 この3回連載で、一回ずつアクセスも上がって、昨日は154。それらの人が、1,2回目も読んで下さったということなのだろう。嬉しかった。有り難うございました。

 南米、特にベネズエラを、これからも御注視下さい。本当に心配なんです。アメリカ現行の世界(軍事政治経済イデオロギー)政策は、そのほとんどが、中南米に対して歴史的にやって来たことから学んだもの。ここの国々が結局どうなっていくかが、アメリカと国連との関係、つまりアメリカの運命を決するように思うのです。
 当面はこれです。ベネズエラが潰されるか否か。ベネズエラは上のように、非同盟諸国会議に訴えたり、国連に訴えたりしていくでしょうが、そんなニュースは日本マスコミにはほとんど載らないようです。ただ、日本外務省だけはそういうニュースも翻訳して流している。これはとても嬉しいことです。グローバル時代にこれが欠ければ、公民など育つ訳もありません。
Unknown (Unknown)
2017-05-19 19:15:08
・・アメリカ現行の世界(軍事政治経済イデオロギー)政策は、そのほとんどが、中南米に対して歴史的にやって来たことから学んだもの。ここの国々が結局どうなっていくかが、アメリカと国連との関係、つまりアメリカの運命を決するように思うのです。
も、「僕の愚考によると真実‥」程度なんですよ。
残り少ない人生で、陰謀論から卒業できるのかなぁ・・
Unknown (Unknown)
2017-05-19 22:09:32
ベネズエラの麻薬関係はコロンビアのカルテルから調べていくと解りますが。
それは陰謀論の邪魔になってしまうのでしないのでしょうね。
ここ数日の閲覧数の多さに感謝 (文科系)
2017-05-20 04:18:56
 19日の閲覧数は、2,109!
  しかも、16日(火)から1,703、1,832、1,957と来た上でのこと。

 この「ベネズエラ」連載がそれだけここの読者に大きな意味を持っていたのかと思いを馳せることができる。嬉しかったこと! 
週間閲覧数、11,880! (文科系)
2017-05-22 12:02:13
 20日までの週間閲覧数累計が、11,880に上った。この数は、遡れば16年1月第一週の14,768以来の記録になる。
 この記録の原因は当然「ベネズエラの『政権転覆策動』」3回連載にあることは明らかで、これが僕にはことの外嬉しかった。ここの読者が、この連載の初回に記したようなこういう大事さを抑えて世界を見ようとしている方々が多いと深く知ることができたような気がするからである。

『周辺国と欧米にしか興味がないような日本では南米の事件はなかなか話題にならないが、アメリカ大陸外交で最大の問題だと思う。ちなみに、この国は石油埋蔵量世界一。2位のサウジアラビアと並んで、ダントツなのである。同じく4、5位に並ぶイラン、イラクの歴史を見ても、ベネズエラで何かが起こらない訳はないと、凄く不安になっている。』

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む