九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

シリア論争、僕なりのまとめ   文科系

2017年07月29日 | 国際政治・時事問題(国連・紛争など)
 本当にごちゃごちゃしていますが、結論を言えば実に簡単なこと。この論議で僕が述べてきたことをもう一度改めてまとめてみます。

① 反乱が起これば、どの政府も鎮圧するし、この双方暴力がエスカレートすれば、何でもありになる。憎しみの連鎖から、世界も巻き込まれることにも。その途中結果だけをあちこち見て、あーだこーだ言ってみても始まらない。より残酷になっていくとか、互いがその罪をなすりつけ合うなんて当たり前のことだからである。

② こうして、この一方側だけのニュースを、特に反乱軍側のニュースを発信するのは、一種の国際戦犯行為と言える。国際法上の合法政権を潰しても良いと語っているのだから。

③ ①②について善悪を言うと、国連が認めた政府は普通は国際的に合法なのだ。よって、反乱軍が悪いとなる。それに武器を与えたり、ましてその軍隊に軍事教練を施すなどは、悲劇を増やす論外の行為である。アメリカ、サウジ、カタールがこれを大々的にやってきたとは、ほぼ公言されていることに属する。イラン、ロシアの支援は、政府の支援要請があったはずで、これは国際法で合法だろう。

④ 「解放区」だけで反乱軍だけを支援する行為はもちろん反乱加担行為である。それに金を出す国も含めて。どこで救命、医療活動をしようが、政府が認めた行為、団体は合法となる。

⑤ 以上の中で、特に①②③のようなことが起こるからこそ、独立国に外から武力干渉などを働くことは最悪の国際犯罪行為なのである。アメリカは、これを無視して反乱支援をあちこちでしてきた。国際警察のように。僕は、ここを批判しているのだ。

⑥ 最後に、だからといって、世襲共和制を僕が支持しているわけでは全くないとも言っておく。とはいえ、サウジの政治体制に比べたら、民主主義の名においてシリアはまだ随分マシとは言えると思う。


 人間社会問題である一つの大論争が起こる難問には、ほぼ必ず立ち返る原則というものがある。原則は他よりぬきんでていてしかも他を規定するという重要なものだ。なお、そういう社会原則の重要性とは、歴史的に確かめられてきたものであって、他とごちゃごちゃには決して出来ないという、言わば「思考構造上の上位に置くべき事」といえる。
 シリア問題のそういう原則こそ、上記③だと思う。ちなみに、反政府派を支持する人がこれを語ったのを観たことがない。アメリカと同じように、国連が眼中にない日本人だからだろう。これを同じく無視してきた日米マスコミなどに毒されているとしか、僕には思えないのである。

 書評した「シリア情勢」作者は、僕と同じここをこそ最も重視している。以下のように
『ロシアの空爆は、国際法上正統性を有するアサド政権の要請に基づいていた。米国をはじめとするシリアの友ブループはアサド政権の正統性を一方的に否定しており、その限りにおいてロシア側の主張には根拠はない、と反論することもできた。しかし、有志連合には、欧米諸国が「シリア国民唯一の正統な代表」と認定してきたシリア国民連合を含むいかなるシリアの当事者も参加しておらず、その空爆はシリアの誰からも承認を得ていない主権侵害、侵略行為だった』(138ページ)

 最後である。僕やこの著作者・青山弘之氏はこうして、アサド派というよりも実は、国連法派なのである。 トランプが「シリア介入も、他政権打倒に奔走するのも、止める」といったのだから、日本政府なども反乱軍加担は止めて欲しい。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なお黄昏れ行く世紀初頭の日... | トップ | シリア政権、国連加盟国の権... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-07-30 11:42:06
ようするに権力には歯向かうなってぇことで、フランス革命もハンガリー動乱も、プラハの春も蜂起したほうが悪いってことなんよ。文ちゃんて所詮は権力者側てことだな。
Unknown (Unknown)
2017-07-30 18:49:41
「反乱」と、一纏めにしてしまっている段階で、「まるで分かっていない」と、言い切っていいね。
シリアで、「反乱」を起こしている勢力が幾つあるか・・
方向性も正反対含めてバラバラ。
本一冊読んで、分かったつもりになっていた?
いつもお馬鹿 (文科系)
2017-07-31 18:05:14
 僕が、内乱が悪いと語ったと? 全然言ってない事を言ったと言うなよな、お馬鹿さん。内乱を外から、煽る革命の輸出が悪いと語ったのである。内乱は国内問題で、その良否は国民が決めること。
 シリア内乱は、革命の輸出勢力がいくつかついていたのを悪いと言ってきた。

 いつものようなこんな読解力の乏しさ、欠如で、物を書いてくるなよな。君はこんなのばかりだから、本来は返事を貰う権利さえない。それをわざわざ回答して、添削までしてあげてる俺って、なんと優しいんだろう。

 君って、中国や旧ソ連が革命の輸出をすれば烈火の如く怒るんじゃない? 日本で内乱が起こったらどうよ? それを外国が救援にでもきたら? 好きな国がやるのは良くて、嫌いな国はイカンってか? ご都合主義だよね。

 重ねて、お馬鹿さん!

コメントを投稿

国際政治・時事問題(国連・紛争など)」カテゴリの最新記事