九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

ほんとの話?   らくせき

2017年05月19日 | Weblog
公共放送BBCはNHKとの番組交換を中止したということです。
同じ公共放送とは考えられないという理由です。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベネズエラ「政権転覆策動」... | トップ | 随筆  僕は「ヒーロー」 ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありえます。 (なんやかんや)
2017-05-19 11:54:03
 制度的には同じような体質ですが、報道機関としての志が違います。
 NHKは先ごろ問題になった首相のお友だちの会長就任とか、国会での予算承認という政権や多数派からの関与がありますが、BBCはそれらから相対的に自由です。
 だから、過ぐるイラクへの侵攻については、英政府の介入に対し、反対の論陣を張ることができました。NHKには逆立ちしてもできない芸当です。

 最近では、真子という人の婚約を独占的に報じましたが、あれは決してスクープではなく、NHKが上意下達の機関であることを示すものでした。
 しかも、そのタイミングたるや共謀罪強行採決の直前とあって、陰謀論者ならずともきな臭いものを感じてしまいます。

 公共放送とは、権力の意に従って情報を流したり、流さなかったりする、ヒラメやカレイのようなものではありません。
 何が公共性に利するのかを報道主体としてきちんと判断して望むのが公共放送です。それを審査するのは、放送免許の取り上げをちらつかせて威嚇的に望むこの国の権力の様なものではなく、まさにその情報に接する視聴者なのです。

 その意味で、BBCはNHKのような権力の腰巾着と一緒にされてはかなわないと思ったのでしょうね。
 BBCが「公共放送」であるのに対し、NHKは戦前の大本営発表とさして変わらぬ体質の「国営放送」なのです。
 ちなみに、BBCへの審査は、10年毎に更新される国王からの特許状で、これは全く形式的なもので、その公共性を何ら制限するものではありません。
 それはBBCの皇室報道が歯に衣をかぶせるようなものではないことにも表れています。
もうね (1970)
2017-05-19 18:32:12
ツイートした本人が皆から突っ込まれて、『人から聞いた話』だと腰引けちゃってるからね、まあそういう話なんでしょ。
ジャーナリストを名乗るならば裏は取った方がいいと思うけどね。
偽ニュースのようですね。 (らくせき)
2017-05-22 09:06:29
BBCの番組を配給しているBBCワールドジャパンの広報担当者は「一切事実ではない」としているそうです。
そのようですね。 (なんやかんや)
2017-05-22 11:39:41
 でも、私が上に付けたコメント、BBCとNHKとの差異については基本的に違ってはいないと思います。
これ (1970)
2017-05-22 13:36:23
ありがちな話だが、自分の希望や願望に沿うような話をいかにも事実のように膨らませるジャーナリストのお話しなんだよな。
そして昔ならこのスタイルがある程度通用したが今はSNSやネットでの双方向が出来るようになったんでガセはすぐバレる。
まあ真実と言い張る場合も中にはあるが。
古いタイプのジャーナリストは大変だろうね 笑
ありとあらゆる所から盛大に突っ込まれるから。でも、そうなることを想像出来ない方もちょっとおかしいんだけどね。
Unknown (Unknown)
2017-05-22 20:13:31
左翼とフェイクニュースとの親和性が、かなり高いように見えるね。
サヨチョン新聞ばっかり読んでいるから?
Unknown (1970)
2017-05-22 23:59:58
NHKについては、なんやかんやさんの話も分かるが、垂れ流そうが何しようが昔と違って一方通行じゃないからね。
どのメディアも同じだけど右に偏る左に偏るをやっても結果信用無くすだけだから。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む