九条バトル !! (憲法問題のみならず、人間的なテーマならなんでも大歓迎!!)

憲法論議はいよいよ本番に。自由な掲示板です。憲法問題以外でも、人間的な話題なら何でも大歓迎。是非ひと言 !!!

ハリルジャパン(79) 希望見え始めた日本サッカー①  文科系

2016年12月31日 | スポーツ
 近年ちょっと低迷していた日本サッカーに、明るい明日が見え始めた年だったと思う。かなり長く続いた世界比較の最大弱点がカバーされ始めたからだ。その弱点とは、サッカーが格闘技だという事を計算に入れず、育成の柱からも外していたに等しいと思われること。この事にまつわって近年の経過を2回連載で書いてみたい。

①この弱点はかなり長く続いていて、例えば中田英寿が最後に出たドイツワールドカップ。初戦のオーストラリア戦を終わって、監督ジーコがこううめいたのは有名な話。
「日本選手が、こんなに体力がないとは! これは、予想外のことだった」
 オーストラリア監督フィディング見え見えの「挌闘戦略」にじりじりと体力を奪われた末に、終盤に攻められっぱなしで1対3、惨め過ぎる大逆転を喰らったゲームだった。第3戦のブラジル相手にはもうヒデ1人が孤軍奮闘。それは、誰の目にも明らかなことであった。
 この中田英寿が当時世界1位のイタリア優勝チームでレギュラーを張れた理由は古いサッカーファンならば誰でも知っている。高校時代にナイジェリアと対戦して以来、「あの体力に少しでも追いつかなければ」とハードな、当たり強さなどの筋トレを日課としてきたからである。
 ところが、このヒデの「経験」をその後、長谷部と本田が現れるまで、受け継いだ選手が途絶えていたように僕には思われる。

②南ア大会直前になって、本田が彗星のように現れた。その理由は岡田監督の言葉では「日本は先取点を取られると苦しい。守備に人数を割くから、少ない前はボールがキープできる選手にする」。本田は、日本人離れした力強さでボディコンタクトを物ともしない選手になっていた。同じような選手が長谷部。彼はドイツに渡った08~09年の1年間をマガト監督の「軍隊式トレーニング」に費やした。「このトレーニングの後は家に帰って、バタンキューと寝るだけの生活」、この1年を後で振り返った長谷部の言葉である。その結果として後の長谷部は、ヒデと同じようにドイツ優勝チームレギュラーになっただけではなく、その年の独キッカー誌ベスト11にも選ばれている。それから10年近く、長谷部が立派な代表キャプテンを張り続けていられるのも、日本人離れしたデュエル(1対1、決闘の意味)の強さがあったからだ。「先ず、デュエル。これで負けていては話にならない」、これが長くキャプテンを務めてきた長谷部の口癖だ。

③さて、ヒデ、本田、長谷部から、Jリーグ選手はちっとも学んでこなかったと思われる。その結果が、これ。Jリーグ選手だけで戦うアジアチャンピオンズリーグで全く勝てなくなったことだ。ワールドカップ南ア大会があった2010年ちょっと前からのことだが、明らかに当たり負けていた。闘いを避けていた。だから中東や韓国チームなどは、日本相手には余計に体力勝負で来た。そこから、鍛え抜いた優れた(組織的)技術もさっぱり使えなくなっていた。1対1の競り合いで負け始めると、すべてが後手後手に回らざるを得ないのである。
 こうして、14年W杯ザックにしても、今のハリルホジッチにしても、海外組中心に使うのは以上のような理由が第一だったと思う。初めの頃のハリルなどはもう「デュエル」のことしか言わないと感じて、驚いた覚えさえある。そう見抜いた彼は、ジーコやザックよりも現代サッカーをよく知っているということだろう。弱小ドルトムントが世界を席巻してからは、なお走り合い、当たり合いが激しくなったことだし。


(その2に続く)
ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 随筆 「ソルのエチュード・... | トップ | ハリルジャパン(80) 希... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事