ネコのヒトビト

ネコにまつわるヒトビトについてのお話等

いじめにまけるな

2017-06-13 14:32:40 | 思ったこと
学校の先生がからんでいた(ような感じ)なんだね。
文春の記事を読むと

いじめの首謀者の子をえこひいきしていたということか

ガラスを割ってないのに割ったと言われて弁償させられたりとか
ただ簡単に「いじめ」という言葉だと
なんだそれぐらいと思うけど

先生までも えこひいきして いじめのかたぼうを担いでいたのなら
教育委員会も隠蔽したい気持ちになるわな。

いじめっこの親とかが実力者だとかなのかなあ。

先生は、いじめられたからって味方になったり、解決してくれないよ
昔っから

先生はたよりにならないし

大人もたよりにならない

自分で解決するしかない

自分で解決する方法は、
死ぬことではなくて

いじめを避ける行動をする

反応をしないということも一つ
(私は 反応をしなくなったらいじめる人がいなくなりました)

転校をするのも一つ


大切なのは 発作的に 命をすてるなんて選択をしないこと


死んだって 相手の心にも 周りの大人の心にも響かないよ
そんなものなんだ

死んでたって、
先生も いじめっ子も だれもなんにも感じないと考えたほうがいい。



仕返しするより


自分の命を大切にしよう



自分の命を最優先にしよう

生きてればいいこともあるし
わるいこともある


なんにも人の心を感じられない奴らのために 死ぬことないよ

夢を叶えるんだ。
そのためには、しんじゃダメだよ
生き抜くんだ。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 和紙アート | トップ | いじめのしくみ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。