大学大学そして院短大

東大京大教員懲戒事件
早大慶大川短  〃

<「9条の会」と9億円の金塊>

2017-06-20 14:05:58 | 日記

 いま、知人の金庫には、時価約9億円相当の金塊が蔵ってある由。金塊は、かれの祖父が、マックのGHQから「貰った」、のだそうです。ただ最近、近隣で強盗事件が頻発しているとかで、愚痴がたえません。持てる者の悲哀ですかね。金品はおろか命まで狙われた例もあったそうで、安眠できない日がつずいているとききました。いつわが家が標的にされないともかぎらない、そう思うとおちおち眠れない、と深刻な面持ち。

 もっとも、「9条の会」の論法にしたがえば、心配無用・杞憂にすぎない、のではと半ば冷やかし半ば心配。この金塊は、福祉団体に寄付して、何らかのお役に立てたいという、かれの善意の塊でもあり、無形の9条に比肩できる、有用な有形物とみとめえます。

 いったい、戦後の日本の平和を維持してきたのは9条の存在そのものである。同条がなかったら、日本は、疾のむかしに戦争に巻き込まれ蹂躙され戦禍に喘いでいたろう、と同会はいいつのり、どうだ顔。つまり9条の存在自体が、戦争を回避させ惨禍から国々民を護ってきたのである、と。

 さてこの論法が成立つなら、かれの金庫に蔵われている9億円相当の金塊は、さしずめ憲法9条に当り、金塊があるだけで・それが魔除けと化し、強盗の標的とはならない、ということになりませんか。人類や国民の理想や善意を胚胎させた9条は、存在自体が効果をよびこむ。この論法は、じつに説得力があり、あまりの明解な論理に気が抜けてしまいそう。流石に、俊秀ぞろいの「9条の会」の仰ることはちがう、と唸ったことです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« rt (1) | トップ | rt (2) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL