@

@

香芝市民の安保法制・憲法9条についてのアンケート結果

2017-01-25 12:08:08 | 憲法動向
  安保法制      憲法9条改定
  賛成 反対 分からない 変える 変えない 分からない
  32 83 98 51 110 58
  12.3% 31.9% 37.7% 19.6% 42.3%

22.3%

 

市民アンケートー安保法制への意見

 

誰が考えてもおかしい。現状では。
対中国・北朝鮮の軍事的な動きで、対抗する意味は分かる気もあるが、防衛上必要と言っていても、それが攻撃に転じるエスカレートが恐い。
「いくら説明しても理解が得られない」と言われるが、この所の法案も拙速しすぎのように思う。
目的は平和ではなく「戦争しない」という価値観。
市議会の方でも賛成する人がいるとの事。大々的に公表してください。
選挙が近いからあせってますか?
自分の国は自分で率先して守のは当たり前。
市会に要求しても仕方ない。
与党に「立憲主義とは?」と質問すべし。
中国の横暴、北朝鮮の無謀、トランプの出現、極右の世界的台頭等、不安要素ばかりの世界、何がベターか分からない。
当然の事、国として。
戦前の帝国主義、特に第一次大戦後の日本のように右傾化が進む様な気がする。
よくwさからないが、自衛隊の立場を明確にし、他国任せ、他人任せにしないで考えたい。
国を守ることは必要だとは思いますが、武力だけが国を守るのでしょうか。人には言葉があると思うのですが。
危険な法制だと思う。
自衛隊に入隊する人は今減少しているのでは?いづれは徴兵制になるのではないかと危惧しています。
国防を真剣に取り組む時期。
自分の国は自国民が守り、自国のみで守れない場合は集団的自衛権で他国と互いに守りあいする。そのたんちょになれば良い。
現政権は(18歳以上の男子)を米国の圧力によって徴兵し、米国創作戦争に強制参加させるつもりだろう。もちろん断固反対する。
駆けつけ警護なんてとんでもないです。全く理解できない。参考、カジノ法案、自民党全くもって理解できない。
戦争に巻き込まれてしまう。
わからないけど、中国・北朝鮮に対抗するには、核保有もありかと思える。
細かい部分が理解できていないのでわからないが、少なくともあの採決はおかしいと思っている。
「永世中立」の現状を十分に認識すること。自国の主権を保守することは当然である。他国に防衛を頼らないような法整備が必要である。
朝日新聞が反対しているので、朝日=ウソ、よって賛成が正解なのでは。
戦争反対。
自民党員の方々は、どういう国にしたいのでしょうか?戦争がおきたら自分の命をささげることが愛国心でしょうか?よその国のけんかに首をつっこんで命を落としたらいいのでしょうか?
中国などの暴力に対して、日本も自衛以上の力を持つべき。
国民の話を良く聞いてほしい。自民党が何でも決めないで欲しい。
アベの声、アベの顔は見たくない!TVに出たらスイッチOFFにする。ちゃんと答弁しろ!! 逃げるな!! 説明責任を果たせ!!
戦後71年間、武器でもって他国の人を一人も殺さなかったことは、何にも変えがたい国の財産である。(某現代思想化)
多勢の反対がありながら数の力(議員の人数)で決められ、今後が不安。野党議員の奮闘を期待します。
今となっては、トランプ氏となって安保法は良かったのではと思う面もあります。
日本がアメリカを助けるのはおかしい。それなら沖縄を中心とした日米地位協定の完全見直し、おもいやり予算を含め、米軍駐留費の廃止。
今も自民党は自衛隊職員が海外で死亡(殺されて)して始めてわかるのであろうか。非常に懸念している。
来年は世界は500年の危機(経済戦争)と言われています。年々増える防衛予算を減らし、国民の年金は減らさないことを考えて下さい。来年は日米関係も変わって参ります。安保体制も。
戦争に巻き込まれるのは嫌です。安全に過ごしたい。でも他から救って貰って手を貸さないという状況ができるのはいけないと思う。
どうしても誰かが国民を守らねばと思うが、少し一方的か、今までほったらかしか?
すべてアメリカにおんぶはだめ。
国際関係上必要では?
戦争に参加する法は反対です。
世界中で紛争が起こり、極めて不安定な状況にある中、日本だけが何にもしないことは許されない。国連の再構築が必要。新しい国連の中、日本が担うべき役割は必ずあるはずと思う。
廃案への働きかけをして欲しい。
脅威に備え、国防を強化するのはあたりまえ。反対する理由など、コスト面以外にあり得ない。平和に生きたいなら国防しましょう。
絶対反対!
世界中の国が使っている軍事費をゼロにしたら、どれだけみんなが幸せになるか。軍需産業が戦争を起こしているのと、自分の国さえ幸せであれば、という悲しい思想。みんな地球号という一つの宇宙船に乗っているのに。
自国で守る事は当然で、米国に頼るのも限界がある。共産党は対案がない。反対するだけだ。
自衛隊の人達が南スーダンへ家族に見送られ出発しました。その映像をテレビで見ながら涙が出ました。自衛隊の人達も同じ国民です。そしてアメリカの若者が戦争から帰り、精神病になっている実態、私は仕事の上でそういう若者を身近に見ています。自衛隊の人達危険です。
国民の幸せは安心して暮らせる事、それをどう守るのが国の役目のなので、いろんな方面から努力してもらいたい。
この法案をきっかけに憲法改正を経て右翼化していかないかと心配しています。
自衛隊は自衛のため、防災の為である事を憲法でハッキリさせて、それ以外は違憲の文言を入れる。
戦時中に戻って行くような気がする。自衛隊の危険国への派遣を実施されているし。

 

市民アンケートー「憲法9条改正」についてに考え

 

国民全体でもっと議論して、現状維持するか、改憲するか、話し合うべき。
安保があったから戦争しなかったは誤り、アメリカは世界中で戦争をした。日本は世界中の戦争の兵器工場をして儲けた。
変えなければならない時期なのでは?解釈変更ではなく。
あいまいな表現がある。出来ること、出来ないことをきちんと明記すべき。
今の政治家(屋)に憲法をさわれる「品格」を有する人材はいない。
9条を変えたらどうなるか、私達の中、又、議会の人も判ってないのでは、将来に向かって小学生からほとんどに判りやすい方法、対策はないものでしょうか。
集団的自衛権は必要。
どの政党でも良い。日本を良くするのであれば…、以前と違い中国が恐い。
今に合ったようにすればいい。
現在存在する自衛隊の位置づけをはっきりと(認めるべき)。
自衛隊の存在は認知すべし。
憲法は現代に合わない部分も多く見掛けられる。良い部分は残し、時代に合わないものは変えるのが当然。従って9条は残すべき。
戦前に戻るのではないかと心配。
そんなもんで国守れない。日米安保はあるから守られる。北朝鮮、中国に侵略されるよ!
9条を廃止すれば、行くところを知らぬ武装化が進む。近隣諸国との摩擦が増加する。
国会で野党の質問を聞いていると、中途半端な感じで、本当に日本の事を考えているのかと思う。
現憲法が出来て70年、今の時代に合わない所も有るかも知れませんが、9条に関しては変えるべきでないと思うし、世界中に発進すべきだと思う。
変えると言うことは、戦争を容認する事につながるのではないでしょうか。
加憲で自衛隊の在り方を明記する。
憲法を変えるとまた戦争に巻き込まれてしまうのではないか、自衛隊の海外派遣も反対である。
自国は自国民が守るべき。
理想を言えば現状のままが良いですが、(もし平和国家に囲まれているなら)現実は、中国、北朝鮮、ロシアの様な軍事力しか信用しない国に囲まれている為、日本の国力に見合った、例えばイギリス並みの軍事力、法整備が必要だと思う。
自分の国は自国の軍隊で守のがまず第一義です。
戦争体験者として絶対に改正してはならない!やっと掴んだ平和を何故放棄したがる愚かな自民党。
日本が日本らしくある為には、9条は絶対条件!!憲法解釈の問題ではない。
共産党も市民に訴える時もっと具体的にアピールした方が良い。ぼうずの空念仏では無意味です。
反対です。憲法9条が今まで日本を守ってきた!!
戦争の時代をもっと深く考えてもらいたい。
9条の良さをもっとアピールして欲しい。(世界にも)。
このままで済むわけない!!
国の基本法である「憲法」が「伸び縮みする物差し」であってはいけない。憲法9条を適切な文言に改正し、陸海空軍の戦力を保有できないようにすべきである。(自衛隊は災害時等の救援活動等を主な任務とする。)「憲法9条を守る会」等の活動が、戦力の撤廃の障害となっていることを理解させるよう、広報等に努める。
変えたから、わが国がすぐに他国を侵略すると考えるのは思考停止。戦争に備えて、効率よく勝つ事を研究すれば良い。
絶対に変えるべきではありません。反戦については、日本共産党がもっともっと頑張って下さい。
防衛力を強固にしないと、米国などあてにできくなる。
今のままで、世界情勢の大変動に耐えられるとは思えない。
戦争につながってほしくない。
絶対変えるべきでない。
憲法は国民がどのような思想の元に生活していくのかの規範。政治家の道具にしようとする考え、改正をしようとしている。
変えるべき事は変える。その他は変えない。
放棄するのは、言い続けなくてはならない(世界に向けてが、近国との関係等を考えれば、保持しないは…・?です)。
●自衛隊を国防軍とすべし。●自分の国を守れないのはおかしい。●〝侵略戦争はしない〟と名帰すれば良い。●いつまでアメリカの属国になるのか?主権回復。
70有余年、日本は現憲法9条の下で戦争無くてきた。いいことは変えてはいけない。
●戦争は二度とすべきでない!●絶対変えるべきでない。●軍事国家にはすべきでない。自衛隊員に武器を持って人を殺すことは決してさせてはいけない。9条(第2条)交戦権はこれを認めない(これで守られています)。
歯止めをして変化は仕方ない。一方的なことは駄目かも。
不戦憲法は必要であるが、今の時代にそくしたものであるべきだとも思うので。
現状にあっていない(国にとって必要不可欠)。
9条があっても憲法解釈の変更で駆けつけ警護が出来るまで変質している。変え場合は余程慎重にしないとダメと思う。
但し、慎重細部に亘り、検討は要す。
世界状況から見ても、それなりに変えるべき。
解釈でどうとでも取れるのか危険だと思います。誰が読んでも解釈できるようにすべき!
子や孫世代の安全を、戦争なんてダメ!
時代おくれ、というか、9条改正したら日本が侵略戦争を好んではじめるとか、本気で考えているのですか。すごいですね。
国際的な圧力があっても、日本は憲法9条を変えるべきではないと考えます。
戦後(昭和20年直後)とは、余りに状況が変化しすぎている。時代に適した憲法に替えざるを得ないのではないか。平和憲法を遵守できる時代ではない。
すばらしい、世界に誇るべき9条改正、野党ももっとがんばってほしい!!
時代、情勢に合わせて変えるのは当然。憲法の為に国民があるのではなく、国民に合わせて法律はあるべき。
他国の侵害に対処できていない現状を改めたい。
守らないといけない時には守るべき。自ら改めるのは良くない。
戦争は絶対やってはいけない。現在の兵器では地球滅亡につながる。
 
市民アンケートは、12月下旬~1月下旬の1ヶ月、JCP香芝が実施したものの中間集約です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平城ニュータウン九条の会が... | トップ | 関西市民連合 野党共闘へシンポ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

憲法動向」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL