@

@

立憲主義の回復求める安堵の会ー憲法学習会に40人

2017-05-19 08:34:29 | 地域での活動

 安堵町の「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める『安堵の会』」は14日、「憲法施行70周年-改めて憲法の意義を考える-」講演会を開催。諸富健弁護士(あすわかKYOTO事務局長)がテロ対策とは名ばかりの「共謀罪」を廃案に追い込むためにできることから行動を始めようとよび
かけました。町内や近隣市町から40人が参加しました。
 諸富氏は、安倍首相が狙う、緊急事態条項や自衛隊を9条の3項に追加する「憲法改正」と、嫌疑をかけられた段階から一般市民を「阻織的犯罪集団」に変えてしまう、テロ対策とは名ばかりの「共謀罪」の2つの問題について紙芝居やDVDなどを使いながら説明しました。
 諸富氏は、「憲法改正」阻止、共謀罪反対の運動を大きく広げるためには、「関心を持つ人をどれだけ多く増やすことができるかがカギです。電車やバスなどでビラを周りの人に見えるように読むなど、自分の出来ることから行動を始めていきましょう」と呼びかけました。
 会場からは、「『共謀罪』(テロ等準備罪)というがどこまでが準備罪になるのか」など質問があり、諸富氏が答えました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民と野党共樹で改憲阻むー... | トップ | 共謀罪に「NO」 JR奈良駅前市... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL