たーったったららったー 9M6NA

Radio Contest Station @ Labuan Island, Malaysia

GW中のアンテナ工事@ラブアン島

2017-05-14 21:12:00 | Radio

諸事情により、年内にラブアン島のシャックを移転(距離にして100m少々)し、タワーの1本を撤去することになったため、このゴールデンウィーク中にアンテナ工事を実施しました。連休中の貴重な時間を割いて、JH1BXH加藤さんとJA1EAX村井さんに遠路はるばるラブアンまで駆けつけていただきました。タワーが1本だけになるため、ハイバンドはモノバンダーを諦め、トライバンダーとし、SO2Rにはトリプレクサーで対応することにしました。↓工事後のアンテナの様子です。

9M6NA Antenna System May 2017

KT20R上に、上からAFA40、CL6DX、318C(いずれもクリエートデザイン)。サイドマウントには、ナガラのTA-351-40のラジエータ部分。

今回工事を始めようとしたところ、KT20Rのサイドマウント取付部分辺りのブレス6本が破断していることが判明しました。サイドマウントに取り付けていた318Cが強風に煽られて捻じれたためと考えられます。撤去予定のKT7Nからブレスを拝借して修理しましたが、同様の問題が心配なので、当初予定のTA351-40をサイドマウントすることは諦めました。

10月にシャック移転を完了し、160mのハーフスローパーと80mの逆Lを張って完成させる予定です。受信アンテナのSAL-30はコンテスト期間中だけ展開するつもりです。

アンテナ工事人

左から、JA1EAX 村井さん、JH1BXH 加藤さん、9M6MO Mohammed の皆さん(右端は私)。

炎天下の中、GW中のほぼ1週間毎日汗を流して作業していただきました。本当にありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年CQWWCWコンテスト Raw ... | トップ |   
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様でした。 (kazu260)
2017-05-16 08:35:41
ブレスの破損に気付かずにあげていたら途中から捻れて倒壊した可能性大でした。
何気に登っていて捻れるなと気付いて正解でした。
お疲れ様でした。
お疲れ様でした。 (JE1JKL)
2017-05-16 22:17:20
最初に気付いていただけなかったら、破断したブレスを掴んでそのまま…と言う大事故になる可能性もありました。
とにかく無事故で良かったです。
ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。