なんて素敵な九条ネギ

☆○o。 素敵な日常 。o○☆

刺身を冷やす

2017-06-15 15:21:51 | 日記
日本人はお刺身大好きですよね~

普段食べるもの、というよりもご馳走な気がするのは貧乏くさいんでしょうか?

寿司、刺身のように生魚を食べる習慣がない国もたくさんありますが、寿司は海外からも注目されてきてますね。

テレビでも、よくわからない作り方で、日本の寿司!と言い張って扱っているお店があったりしてビックリします。

一般的にお刺身で食べる魚は、死後硬直状態がおいしいといいます。

お刺身は鮮度が命!時間がたってしまうと軟らかくなり、あのコリコリした歯ごたえがなくなってしまいます。

だから、お刺身は新鮮な状態を保つために冷やして食べるんです。

「あらい」といわれる調理法がありますが、活魚の身をそぎ切りにし、流水に打たせたり氷水の中でさっと振り洗いをして作る料理です。

魚のうま味ではなく、新鮮な魚の締まった身やコリコリした弾力といった活きの良さを味わう料理なんです

「湯引き」という調理法もありますね。

こちらは切り身を熱湯にくぐらせてすぐ冷やすというものですが、表面を殺菌するために熱湯を使っています。

湯引きもお刺身として扱われ、新鮮な魚を味わうための調理法なので、数秒お湯にくぐらせた後は、すぐ冷やす!

これが大事
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京野菜 | トップ | ホンネとタテマエ、どうつか... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。