KB press

板橋区を中心にした極狭なサイト
面白ければエリア以外も取り上げます

【板橋区ニュース】『第25回 夏休み親と子の木工教室』

2017年07月13日 | ニュース

(ドリームニュース プレスリリース:2017年7月11日)

 
端材を利用した作品づくり 1,000人をご招待 『第25回 夏休み親と子の木工教室』を開催
8月17日(木)~21日(月)の5日間、 9時~16時 東京都板橋区高島平 華飾市場


(ドリームニュース プレスリリース) - 内外装華飾材の国内トップメーカー・みはし株式会社(本社・埼玉県和光市、代表取締役会長・三橋英生)は、小学校1年生~6年生を対象に「第25回 夏休み親と子の木工教室」を8月17日~21日の5日間、当社ショールーム「華飾市場」(東京都板橋区高島平)で開催いたします。

「夏休み親と子の木工教室」は、地域・社会貢献活動の一環として、当社の工場の生産過程で生じた端材を利用して、子どもたちに“木のぬくもり”に触れてもらうもの。1993年の初開催以来、今年で25年目を迎えます。その間、延べ1万人の家族が参加し、昔楽しんだ子どもたちが成長して、今度は自分たちの子どもを連れて参加するという、親子に引き継がれるイベントとなりました。

 5日間で計1000人の親子を招待(参加費無料)し、「鳥の巣箱」「本立て」「状差し」などの工作に挑戦してもらいます。自分たちで図面を引く作業から始まり、くぎ・金づちなどの道具を使い、親子が力を合わせて作り上げます。当社の熟練の職人たちが丁寧に指導しますので、初めての方でも安心して取り組めます。


毎年、参加した方々に参加動機を尋ねると、「子どもと一緒に楽しめる」、「夏休みの宿題に役立つ」、「子どもが興味をもった」、「木工やDIYが好き」、「いろいろな経験を子どもにさせたかった」、「よい思い出になる」などの声が返ってきます。夏休みの自由課題や宿題制作の場としても好評を博しており、何よりも親子のコミュニケーションの場として最適です。
当社ではこれからも、一人でも多くの子どもたちにモノ作りの大切さと喜びを伝えていくべく同教室を開催し続けて参ります。

【応募要項】

■日 時:平成29年8月17日(木)~21日(月)   
■場 所:みはし株式会社 華飾市場
     東京都板橋区高島平6-2-5
■交 通:都営三田線「新高島平駅」北口下車 徒歩1分 
■テーマ:夏休み親と子の木工教室    
■参加費:無料 
■定 員:1,000人(1日200人×5日間)
■応募方法:郵便番号、住所、氏名(フリガナ)、
学年、電話番号、参加人数、(保護者含む)、希望日を入れ、下記の応募先にFAXでお申込み下さい。
FAX:03-5997-1407
インターネットでの応募(携帯可)http://www.mihasi.co.jp/

■締 切:7月25日(火)迄
■応募先 :〒175-0082 東京都板橋区高島平6-2-5
華飾市場 木工教室係 まで
■お問い合わせ:TEL03-5997-1405

<夏休み親と子の木工教室 スケジュール>
午前の部
9時~       全体の説明
10時        制作開始
11時50~      午前の部終了
11時50~13時   お昼休み

午後の部
13時~      午後の部開始
16時       制作完成  終了

【本件に関するお問い合わせ先】
みはし株式会社華飾市場 担当/関根
TEL03-5997-1405 FAX03-5997-1407


『社会』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【板橋区ニュース】下村博文... | トップ | 【練馬区ニュース】石神井公... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イベント (rf)
2017-07-13 09:10:27
面白そうなイベントですね。
子供を連れて行ったら喜びそうです。
ちょうど休み撮れそうです。

先日、皆さんからお聞きしましたが
「飛車角」行かれたそうですね。

料理関係おいしくて値段も安かったと絶賛していました。
前から狙っていましたがチャンスがありませんでした。
rftさんへ (管理人)
2017-07-14 13:06:05
区役所で用事があり何人かで集合することになり
お薦めがあるということで行ってきました。

料理も酒も言うことなしで!!スタッフもキビキビしていて大満足でした。

場所が場所ですのでしょっちゅう行けないのが残念です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL