gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

XDピクチャーカード

2010-03-02 03:34:38 | 日記
xDピクチャーカード表面 (TypeH 1GB) 同裏面xDピクチャーカード (エックスディー-、xD-Picture Card) は、富士フイルムとオリンパスが共同開発したメモリーカード規格である。2002年9月発売。概要メディアのサイズは長さ20.0mm×幅25.0mm×厚さ1.7mm、重さは2gで、主要なメモリーカード規格では小型の部類に入る。裏表、前後方向の誤挿入防止のため、断面形状が非対称である。端子は18ピンで裏面に配置されているが、剥き出しであるために指で容易に触れられるので、取り扱いには注意が必要。転送速度は後述の#データ転送速度を参照のこと。富士フイルムとオリンパスは、それまでデジタルカメラの記録メディアとしてスマートメディアを採用していたが、スマートメディアの大容量化が限界に達していたこと、機器の小型化に際してより小型の形状が求められたこと、書き込み・読み込み速度が遅いことを理由とし、新たな規格を開発した[1]。SDメモリーカードなどの既存規格ではなく、あえて新規格を立ち上げた背景には、この時点で両社がデジカメ市場に占めるシェアが非常に高く、強者連合として市場を牽引していく見通しが立てられていたことがある。しかし、両社のシェアはこの時期がピークに下がり始め、その後他社が参入まったくしないXD規格がハンディとなっていまう悪循環を招くことになった。しかし、同じメモリカードであるSDメモリーカードやメモリースティックなどがデジタルカメラ以外にもオーディオ、ビデオ、携帯電話などにも採用されているのに対し、xDピクチャーカードはデジタルカメラしかサポートしていない(著作権保護機能がない)ことなどが普及の障害となっており、採用メーカは規格提唱者である富士フイルムとオリンパスの2社のみとなっている(コダックも一時期採用していたが現在は採用していない[2])。普及率の差からSDメモリーカードより割高であり、量販店などでは同一の容量・メーカー品で数倍の値段差が付くことも少なくない。従来xDピクチャーカードのみに対応していた富士フイルム製のコンパクトデジタルカメラでは、2007年発売の機種からSDメモリカードとの両対応となり、2009年6月発売のFinePix Z300ではSDHC/SDメモリカード専用となった。またオリンパスも2008年発売の一部製品からMicr

橋下知事“空港維持”豊中市長を批判 廃港派選挙応援は撤回(産経新聞)
「親族4人死亡」休み不正取得し弔慰金詐取、陸自尉官を停職(産経新聞)
<羽田空港>システム障害、210便に欠航や遅れ(毎日新聞)
<消費者庁>英会話教室で虚偽勧誘、業者に業務停止命令(毎日新聞)
トキ 求愛の「枝渡し」確認 3歳の雄と1歳の雌 佐渡(毎日新聞)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日医のすべてを懸けて反対... | トップ | <インサイダー取引容疑>上... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。