なんちゃかんちゃ

できるだけ毎日更新を目標にしています。

『スノーデン』

2017-02-13 21:24:39 | 17 外国映画
ポイントが溜まっていたので1人で『スノーデン』を観に行って来た。

彼は英雄か犯罪者か?
NSAなどの情報機関からすれば機密事項を暴露されて犯罪者となるのかもしれないのだろうが、
そもそも機密事項とはなんぞや・・・?と言う疑問からこう言う事態が起きたのではないだろうか・・・?
1人の人を監視すると、その人に繋がる人が監視され、そして繋がる人に繋がる人が監視され、
まるでねずみ講のようにどんどんとその監視網が広がっていく・・・
見ていて怖いと思った。
最初に監視対象になった人とは全く接触のない人までが監視対象になってしまうと言う、
人から人への繋がり・・・

例えば、私が本来の監視対象だとして、家族が監視対象となり、家族の職場や友人関係までが監視されてしまう・・・
私は家族の職場の人など知らないのに、その人達までが監視されてしまうなんて考えられないことだ、、、。
そう言うことが平然と行われることが許されるのだろうか・・・?

それが正しいことなのか?仕事だからと割り切ってやるべきことなのか?と言う疑問が生じ、
その重圧に耐えられなくなって内部告発をするに至ったのであろうと思われるのだが、
それを犯罪と見なしていいものだろうか・・・?

英雄と言うのもちょっと違うのではないかと思うが、
彼は自分の信念を貫いただけなんだと思う。
それがいいか悪いかの判断をつけるのは人それぞれの感じ方だと思うが、
何もかも監視すればいいと言うのはちょっとどうかと思う。

そして、それを映画にしてしまうアメリカもまたすごいなと思った。
内部告発をされ、映画にまでされてしまった当局はどう思っているのだろう~・・・?
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相性・・・? | トップ | バレンタインデー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。