早稲田大学ソフトボール部

早稲田大学ソフトボール部です。試合の情報などを随時こちらで発信していきます。ご声援宜しくお願いします!!

全総東京都予選 対東京SC 対 日本体育大学

2016-05-23 | 全総東京都予選
早稲田 0167|14
東京SC 0000|0
松木、豊田 ー 山本
(二塁打)山根
(三塁打)塩沼、川上、新堀
(本塁打)松木、水本
1.(中)水本
2.(一)鳥岡
3.(投)松木→(走)西川→(投)豊田
4.(遊)金子→(打)林→(再・遊)金子
5.(三)塩沼→(走)村松→(右)笠井→(打)新堀
6.(DP)川上→(打)濱中
7.(二)増形→(打)坂本→(再・二)増形
8.(右→三)飯泉
9.(左)萩野谷→(打)山根→(再・左)萩野谷
FP.(捕)山本
初戦をコールドで勝利し流れに乗る早稲田は、決勝進出をかけて準決勝東京SC戦に臨んだ。初回、早稲田は二死から松木の安打、金子、塩沼の連続四球で満塁とするが、得点には結びつかず0点で終える。その裏、先発松木が相手打線を三者連続三振と完璧な立ち上がりで流れを引き寄せると、2回の早稲田の攻撃、飯泉の安打と2つの四死球で満塁とすると3番松木の中前適時打で先制。3回には塩沼、川上の連続三塁打、増形の適時打で追加点を奪う。さらに好機で松木の中越3点本塁打が飛び出しこの回一挙に6点を加える。その後も攻撃の手を緩めることなく4回には、山根に二塁打、水本に本塁打、新堀に三塁打が飛び出すなど7点の猛攻を見せる。投げては松木、豊田が相手打線を完全に封じ込め14対0で大勝。チームの大黒柱である松木の投打に渡る活躍が光る試合となった。

早稲田 2010000|3
日体大 005000×|5
松木 ー 山本
(二塁打)金子、川上
1.(中)水本
2.(一)鳥岡
3.(投)松木
4.(遊)金子
5.(三)塩沼
6.(DP)川上
7.(二)増形
8.(右)飯泉
9.(左)萩野谷
FP.(捕)山本
早稲田は初回、準決勝からの連投で調子が今ひとつの相手先発を攻め、二死二、三塁を作る。このチャンスに、五番塩沼のタイムリー内野安打が飛び出して二人が生還し、幸先良く先制をする。
先発の松木も準決勝からの連投だったが、こちらは危なげなく一、二回を無失点に抑えこむ。
早稲田は三回表、変わったばかりの二番手投手からチャンスを作り、増形の内野ゴロの間に一点を追加してリードを広げる。
しかし、得点は重ねているものの、もう一本が出ず、今ひとつ流れに乗り切れずにいた早稲田は三回裏、春のリーグ王者日体大の反撃にあう。この回先頭からの三連打を含む、五本の短長打や守備の乱れなどにより一気に五点を取られ逆転を許す。
その後は両チーム共にランナーを出すも得点をあげられず、このままゲームセット。去年に続き決勝で日体大に敗れ、この大会は幕を閉じた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全総東京都予選 対東京アスリート

2016-05-23 | 全総東京都予選
早稲田 21160|10
東京ア 00100| 1
松木、豊田 ― 山本、林
(二塁打)鳥岡
(三塁打)萩野谷
(本塁打)川上
1.(中)水本
2.(一)鳥岡
3.(投)松木→(投)豊田
4.(遊)金子
5.(三)塩沼
6.(指)川上
7.(二)増形→(打)前多→(再・二)増形
8.(右)飯泉
9.(左)萩野谷
FP.(捕)山本→(捕)林
春季リーグ戦ページシステムを3位で終え、迎えるは全日本総合東京都予選初戦東京アスリートとの対戦。早稲田は初回三塁に水本を置いて2番鳥岡がタイムリー、一死となったあと4番金子もタイムリーを放ち二点を先制する。その後も水本のタイムリーなどで得点を重ね、四回には今日スタメンの1年生川上が満塁からライト線へ痛烈なあたりを放つ。これがランニングホームランとなり四点を追加。さらには増形、萩野谷のバントヒットなどで満塁とすると水本にこの日二本目となるタイムリーが飛び出し勝負あり。投げては松木、豊田が危なげないピッチングを披露し三安打一点に抑え、早稲田は初戦コールド発進。明日の準決勝、決勝へ弾みをつけた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春季リーグ戦 国士舘大学 中央大学

2016-04-28 | 春季リーグ戦
【春季リーグ戦 対国士舘】
早稲田 0002000|2
国士舘 0010000|1
松木ー山本
(三塁打)水本(4回)
(二塁打)塩沼(1回)、松木(4回)
1. (二)増形
2. (右)笠井→打 右 飯泉
3. (三)塩沼
4. (遊)金子
5. (中)水本
6. (投)松木→走 村松→再
7. (左)萩野谷
8. (一)鳥岡
9. (捕)山本
春季リーグ戦第3戦は、ここまで何度も敗北を喫してきた因縁の相手国士館大学。試合は初回、2アウトから3番塩沼が二塁打を放つも先制点を取ることができない。3回、相手の3番打者の放った打球はライト笠井がフェンスを倒しながらもキャッチ、しかし判定はホームランで1点を先制される。直後の4回、先頭の4番金子がヒットで出塁すると、5番水本、6番松木の連続タイムリーで逆転に成功する。その後は緊迫した投手戦になるが、松木は4回以降をわずかヒット1本で抑え、因縁の国士館相手に勝利を収めた。
【春季リーグ戦 VS中央大】
早稲田 0240002|8
中央大 0000000|0
豊田、杖子-山本
(本塁打)塩沼、水本、金子
(二塁打)萩野谷、飯泉
1.(二)増形→(打)田原→増形
2.(DP)川上
3.(三)塩沼→(打)林→塩沼
4.(遊)金子→(打)山根→金子
5.(中)水本→(打)新堀
6.(一)鳥岡→(打)西川→鳥岡
7.(左)萩野谷→(打)前多→萩野谷
8.(右)飯泉→(打)村松→飯泉
9.(捕)山本
FP(投)豊田、杖子
春季リーグ戦第4戦、早稲田大学所沢キャンパスグラウンドでの中央大学との試合。早稲田は二回、2アウトランナー2塁から萩野谷のレフトオーバーのツーベースヒットで先制すると、続く飯泉のセンターへのヒットで2点を挙げる。その後も塩沼、水本、金子の本塁打などで、得点を重ね、中央大を圧倒する。投げては先発の豊田が初回にノーアウト満塁のピンチを作るがしっかりと無得点で抑え、その後も危なげないピッチングで締める。四回から登板した杖子も相手打線を封じ、勝利を収めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春季リーグ戦 日本大学 日本体育大学

2016-04-28 | 春季リーグ戦
【春季リーグ戦 対日本大】
早稲田 03042|9
日本大 00001|1
松木、吉田ー山本
(本塁打)松木(2回)
(二塁打)金子(4回)
1. (二)増形
2. (右)笠井→打右 西川
3. (三)塩沼
4. (遊)金子
5. (中)水本
6. (一)鳥岡→打一 新堀
7. (DP)山根
8. (投)松木→走 村松→投 吉田
9. (左)萩野谷→打左 飯泉
FP(捕)山本
春季リーグ、国士舘大学多摩キャンパスのグラウンドでの日本大学戦。早稲田は2回、1死1.2塁から8番松木の3ランホームランで先制。更に4回にも打者一巡の猛攻で一挙4点を奪う。続く5回にも3番塩沼のタイムリーヒット、4番金子の押し出し四球で2点を挙げる。投げては先発松木が3回打者9人を6奪三振と完璧に抑える。4回からマウンドに上がった吉田も、最終回に連続死球などで1点を失うが、粘りの投球を見せ後続を抑えた。
終わってみれば10安打9得点の猛攻で、5回コールド勝ちとなった。

【春季リーグ戦 対日体大】
早稲田10000
日体大1000
豊田ー山本
1(二)増形
2(左)山根
3(三)塩沼
4(遊)金子
5(中)水本
6(一)飯泉
7(右)笠井
8(DP)前多
9(補)山本→代走村松→再山本
FP(投)豊田
春期リーグ戦第三戦。雨の降る中で行われた日体大戦。早稲田は初回に塩沼の安打と金子の四球で二死一、二塁のチャンスを作ると続く水本が左安打を放ち一点を先制する。しかしその裏の守備で日体大の一番打者、三番打者に安打を浴び同点とされてしまう。そこからは先発豊田の好投により相手打線を完璧に抑える。早稲田もチャンスは作るもののあと一本が出ず同点のまま試合が進んでいく。
迎えた五回の早稲田の攻撃中に雨が強くなったため降雨ノーゲームとなってしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春季リーグ 東京学芸戦

2016-04-28 | 春季リーグ戦
早稲田 5220001 |10
学芸大 0030110 |5
豊田ー杖子、山本
(本塁打)金子(1回)、水本(2回)
(二塁打)松木(3回)、水本(7回)
1. (二)増形
2. (右)笠井
3. (三)塩沼
4. (遊)金子
5. (中)水本
6. (左)萩野谷→左 山根
7. (一)鳥岡
8. (DP)松木→走 村松→再 松木
9. (捕)山本→打 西川→再 山本
FP(投)豊田→投 杖子
春季リーグ初戦、国士舘大学多摩キャンパスのグラウンドでの学芸大学戦。早稲田は初回満塁から4番金子のホームラン、さらに8番松木の犠飛でこの回5点を先制。続く2回も水本のホームランで追加点を得り、3回までに9点を挙げリードを広げる。しかし、3回にはヒットと味方の拙い守備もあり3点を奪われる。その後は両チーム得点を重ね、早稲田は10-5で春季リーグの初戦を勝利で飾った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関東大学選手権 対国士舘大学

2015-11-20 | 関東大学選手権
対国士舘大学
早稲田 0000000 |0
国士舘 000003× |3
松木、豊田ー山本
1(二)増形
2(右)笠井
3(三)塩沼
4(遊)金子
5(一)鳥岡
6(左)萩野谷
7(DP)林
8(投)松木→豊田
9(中)飯泉
FP(捕)山本
関東大学選手権優勝決定戦、対戦相手は秋リーグでは屈辱のコールド負けを喫した因縁の相手国士舘大学。リベンジに燃える早稲田は、初回に先頭の1番増形が四球などから1.2塁のチャンスを作るも後続を抑えられ無得点。その後も国士舘先発の池田にヒット1本に抑え込まれ、中々チャンスを作れない。一方、早稲田の先発、エース松木も、センター飯泉の2度のフェンス際での好捕など味方の好守にも助けられ、国士舘打線を5イニングで4安打無失点に抑え込む。しかし、6回からリリーフで登板した豊田が先頭の池田にホームランを打たれ、その後もミスなどでこの回3点を先制されてしまう。最後まで池田を打ち崩せなかった早稲田はリベンジならず、3ー0で惜しくも敗退、関東大学選手権は準優勝に終わった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関東大学選手権 対中央大学 日本体育大学

2015-11-20 | 関東大学選手権
対中央大学
早稲田 0101400 |6
中 央 0000010 |1
松木ー林
1(二)増形
2(右)笠井
3(三)塩沼
4(遊)金子
5(一)鳥岡
6(左)萩野谷
7(捕)林
8(投)松木
9(中)飯泉
早稲田は2回、5番鳥岡のバントヒットから6番萩野谷の送りバント、更に松木のセンター前へのタイムリーヒットで1点を先制。4回にも同じく鳥岡のヒットから盗塁、7番林のライト前ヒットで1点を追加する。そして5回には1番増形から3番塩沼まで3連打を放つと四球や犠牲フライなどで更に4点を追加し中央大を突き放す。
投げては先発の松木が6回にエラーで1点を取られるものの、散発4安打で完投勝利。リーグ戦の雪辱を果たし準決勝進出を決めた

対日本体育大学
早稲田 0000024 |6
日体大 01 10000 |2
松木ー豊田、林ー山本ー林
(2塁打)金子
1.(二)増形
2.(右)笠井
3.(三)塩沼
4.(遊)金子
5.(一)鳥岡
6.(左)山根→打 萩野谷
7.(捕)林
8.(投)松木→投 豊田
9.(中)飯泉→走 村松
関東大学ソフトボール選手権大会、準決勝日体大戦。リーグ戦の雪辱を果たすべく松木が先発する。初回は互いに無得点の立ち上がり。しかし、2回日体大6番にセンター前にタイムリーをあび、先制される。3回にも日体大4番にレフト前タイムリーで追加点を奪われると、4回からは豊田が登板。ピンチの場面もありながら日体大の追撃を退ける。早稲田の反撃は6回、先頭3番塩沼のセンター前、4番金子の四球でチャンスを作ると5番鳥岡のレフト前タイムリーで1点差、7番林の遊ゴロの間に同点に追いつく。さらに7回先頭飯泉の死球から満塁のチャンスを作り、4番金子のタイムリーツーベースヒットと相手のエラーで4点を勝ち越した。早稲田は7回日体大の攻撃を退け、決勝へと駒を進めた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

関東大学選手権 対東海大学

2015-11-20 | 関東大学選手権
対東海大学

早稲田 10206|9
東海大 00000|0
豊田、松木ー山本、林
(本塁打)塩沼、金子、鳥岡、飯泉
1.(二)増形→(守)浜中
2.(右)笠井
3.(三)塩沼
4.(遊)金子
5.(一)鳥岡→(守)田原
6.(左)萩野谷
7.(中)飯泉
8.(DP)松木→(投)
9.(捕)山本→(守)林
FP(投)豊田→松木
一回表、増形のフォアボール、盗塁でチャンスを作ると、塩沼のセンター前ヒットで早稲田大学が先制。3回には、ツーアウトから笠井がバントで出塁し、塩沼のホームランで3対0とする。投げては先発の豊田がテンポの良いピッチングで東海大打線を封じ、相手に得点を許さない。そして、迎えた五回、ツーアウト2、3塁から金子のホームラン、さらに鳥岡、飯泉のホームランが飛び出し、6点を追加する。最終回は投手松木、捕手林、一塁手田原、二塁手濱中の3年生4人が守備に入り、4ー6ー3のダブルプレーで試合を締め、5回9ー0、コールドゲームで初戦を勝利で飾った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早学定期戦

2015-11-11 | 定期戦
早稲田 0011001| 3
学習院 1000010| 2
杖子、豊田ー山本
(本塁打) 田原
1(遊)西川
2(中)萩野谷
3(DP)坂本→(打)村松
4(一)田原→(打)新堀→(右)鳥岡
5(右)飯泉→(一)
6(ニ)浜中
7(三)実重
8(捕)山本
9(左)林新
FP杖子→豊田
1回裏、早稲田はエラー絡みでチャンスをつくられると、4番バッターにセンター前へタイムリーを放たれ1点を先制されるが、落ち着いていたピッチャー杖子は2者連続三振で後続を切り抜ける。3回にワイルドピッチで同点に追いついた早稲田は、4回の先頭バッター田原が三塁線を切り裂くランニングホームランを放ち逆転する。6回に同点に追いつかれるも、続く7回に浜中のレフト前ヒットを守備が後逸しそのままホームインとなり逆転。7回に登板した豊田は落ち着いたピッチングできっちり3者凡退に抑えゲームセット、早稲田が勝利を収めた。奪三振が光った杖子は優秀選手賞を受賞した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 対東京学芸大学

2015-11-11 | 秋季リーグ戦
東京学芸大学戦

早稲田 300035l11
学 芸 000001l1
豊田、杖子ー林、山本
(本塁打)塩沼、鳥岡
(三塁打)鳥岡
(二塁打)実重
1(二)増形
2(右)笠井→(打)飯泉→(再)笠井
3(三)塩沼→(打)田原→(再)塩沼
4(遊)金子→(打)浜中→(再)金子
5(一)鳥岡→(打)前多→(再)鳥岡
6(左)山根→萩野谷
7(DP)松木→(打)坂本→(打)実重
8(中)水本→(走)林新→(再)水本
9(捕)林友→山本
FP豊田→杖子
1回の表、早稲田は笠井、金子の安打で二、三塁とすると5番鳥岡がライトの頭を越える2点三塁打で先制、続く山根にも安打が飛び出し3点目。その後は、抑えられるものの5回に塩沼の中越え本塁打、四球の走者をおいて鳥岡の左中越え2点本塁打で3点追加。6回には、先頭の水本が左前安打で出塁、笠井に代わり代打飯泉が左前安打、ここで水本の代走林新の好走塁があり1点追加、浜中、実重の適時打などでこの回一挙5点。豊田、杖子の継投で学芸打線を1点に抑え、11対1で快勝。控えの選手も活躍し、秋季リーグ最後の試合をいい形で終えることができた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 対中央大学 日本体育大学

2015-10-20 | 秋季リーグ戦


中央大戦
早稲田 0022000 |4
中 央 402200× |8
豊田、吉田ー山本
(本塁打)松木
(二塁打)金子、水本
1(二)増形
2(左)山根→(打)萩野谷
3(遊)金子
4(中)水本
5(三)塩沼
6(右)笠井
7(DP)松木→(打)前多
8(一)飯泉
9(捕)山本→(打)鳥岡→林
FP(投) 豊田→吉田
早稲田は初回、1番増形のヒットと盗塁で無死二塁のチャンスを作るも後続が続かず無得点。先発の豊田は先頭打者の二塁打や四死球で一死満塁のピンチを迎え、先制のライト前ヒットを打たれる。更にその打球の処理をライトの笠井が後逸、一挙4点を献上する。早稲田も3.4回に7番松木の本塁打などで計4点を返すも、その裏の回に中央に反撃され点差を縮められない。最後まで試合のペースを握れないまま悔しい2敗目を喫した。


日体大戦
日体大 0400012 |7
早稲田 0010030 |4
松木ー林
(本塁打)鳥岡
(三塁打)塩沼
1(二)増形→(打)前多→(再)増形
2(右)笠井
3(三)塩沼
4(遊)金子
5(中)水本
6(捕)林→(走)山根→(再)林
7(一)鳥岡
8(投)松木→(走)萩野谷
9(左)飯泉
先発の松木は2回に4本のヒットと本塁打を浴び、早稲田は4点を先制される。対する早稲田も3回に鳥岡のランニングホームランで1点を返す。更に6回にも2番笠井から5番水本まで4連打を放ち、更にエラーなども重なり3点を追加し、1点差まで詰め寄る。しかし、日体大の攻撃を止めることができず7回に追加点を献上する。宿敵日体大との初戦は敗戦に終わった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 対中央大学 日本体育大学

2015-10-20 | 秋季リーグ戦


中央大戦
早稲田 0022000 |4
中 央 402200× |8
豊田、吉田ー山本
(本塁打)松木
(二塁打)金子、水本
1(二)増形
2(左)山根→(打)萩野谷
3(遊)金子
4(中)水本
5(三)塩沼
6(右)笠井
7(DP)松木→(打)前多
8(一)飯泉
9(捕)山本→(打)鳥岡→林
FP(投) 豊田→吉田
早稲田は初回、1番増形のヒットと盗塁で無死二塁のチャンスを作るも後続が続かず無得点。先発の豊田は先頭打者の二塁打や四死球で一死満塁のピンチを迎え、先制のライト前ヒットを打たれる。更にその打球の処理をライトの笠井が後逸、一挙4点を献上する。早稲田も3.4回に7番松木の本塁打などで計4点を返すも、その裏の回に中央に反撃され点差を縮められない。最後まで試合のペースを握れないまま悔しい2敗目を喫した。


日体大戦
日体大 0400012 |7
早稲田 0010030 |4
松木ー林
(本塁打)鳥岡
(三塁打)塩沼
1(二)増形→(打)前多→(再)増形
2(右)笠井
3(三)塩沼
4(遊)金子
5(中)水本
6(捕)林→(走)山根→(再)林
7(一)鳥岡
8(投)松木→(走)萩野谷
9(左)飯泉
先発の松木は2回に4本のヒットと本塁打を浴び、早稲田は4点を先制される。対する早稲田も3回に鳥岡のランニングホームランで1点を返す。更に6回にも2番笠井から5番水本まで4連打を放ち、更にエラーなども重なり3点を追加し、1点差まで詰め寄る。しかし、日体大の攻撃を止めることができず7回に追加点を献上する。宿敵日体大との初戦は敗戦に終わった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 対東京学芸大学

2015-10-16 | 秋季リーグ戦
10月11日(日)の試合(東京学芸戦)は、雨天のため10月24日(土)に延期となりました。
場所:早稲田大学所沢キャンパス
開始:9:30~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋季リーグ戦 対日本大学 国士舘大学

2015-10-15 | 秋季リーグ戦
日本大学戦

早稲田 21070 |10
日本大 00110 |2
吉田、林
(本塁打)松木
(二塁打)笠井
1(遊)金子
2(ニ)増形
3(三)塩沼
4(中)水本
5(DP)松木
6(右)笠井
7(捕)林
8(一)鳥岡
9(左)山根
新チームになってから初めての公式戦となる秋季リーグ戦が開幕した。初戦の相手は日本大学。まず初回に金子、増形が四球で出塁すると笠井のタイムリーヒットで2点を先制する。さらに4回には松木の満塁本塁打などで7点を追加した。
投げては先発吉田が安定した投球を見せ、5回コールドで新チームの公式戦初勝利を挙げた。

国士舘大学戦

早稲田 1000 | 1
国士舘 2036× |11
(大会規定により4回コールド)
松木ー林
1(遊)金子
2(二)増形
3(三)塩沼
4(中)水本
5(捕)林
6(右)笠井
7(一)鳥岡
8(投)松木
9(左)山根
早稲田は初回 相手投手の乱調に乗じ、立ち上がりを攻め 二死満塁から6番笠井の三遊間を破る安打で1人が生還し 二塁走者も本塁を狙うも憤死。しかし、その裏 先発松木が一死一塁から本塁打を浴び逆転を許す。その後も、勢いに乗った強力国士舘打線を止めることができず、終わってみれば11失点。打線も初回以降は沈黙し、散発4安打。大会規定により4回コールド負け、悔しい敗戦となった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東日本選手権大会 三日目

2015-08-15 | 東日本大学選手権

【東日本選手権 3位】

8/8〜10で行われました東日本大学選手権大会で弊部は準決勝で日本体育大学に7-3で負けてしまい3位という結果で大会を終えました。

優勝を目指していただけにとても悔しい結果でしたが1回戦、3回戦とサヨナラ勝ちで試合を決めるなどチームとしてとても勢いづく大会となりました。

4年生としては最後の大会である全日本大学選手権大会では勝ちにこだわり、何としても4連覇を果たしたいと思います。

応援よろしくお願いいたします。

8/29(金)〜31(日)
全日本大学ソフトボール選手権大会
@三重県伊勢市、志摩市

一回戦:神戸学院大学
時間:第4試合目
場所:磯部ふれあい公園

-------------------------------

《東日本選手権大会 準決勝 日本体育大学》

日体大0011032|7
早稲田0020001|3

松木、吉田、豊田ー大嶋

(本塁打)溝口

1(左)貴志
2(一)吉野
3(ニ)溝口
4(捕)大嶋
5(遊)金子
6(右)笠井
7(DP)増形
8(中)水本
9(三)塩沼
FP(投)豊田

東日本選手権準決勝は宿敵日体大との負けられない一戦。2回表の守備で日体大に連打で先制されるも、2回裏に溝口のツーランホームランで逆転に成功する。しかし、次の3回にすぐさま日体大に同点に追い付かれる。さらに6、7回とリリーフした吉田、豊田がホームランを打たれ7回までに7点をとられてしまう。最終回の攻撃で貴志のタイムリーヒットで1点を返し、さらにツーアウト満塁のチャンスを作るも最後のバッターが打ちとられ、敗北を喫した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加