gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-04-20 16:19:00 | 日記
ている。1年次からコースに分かれる。
^ 2016年入学生用の大学案内の学部・学科一覧によると、分野として、環境設計工学分野、開発基礎工学分野、社会基盤工学分野がある。2016年入学生用の工学部案内[2]によると、社会建設工学コース、東アジア国際コースというコースが記載されているが、大学案内の学部・学科一覧には記載されていない。
^ 2016年入学生用の大学案内の学部・学科一覧によると、分野として、精密応用化学分野、分子生命化学分野、材料化学分野がある。
^ 2016年入学生用の大学案内の学部・学科一覧によると、分野として、材料デバイス分野、計測・制御分野、通信分野、電気エネルギー分野がある。
^ 2016年入学生用の大学案内の学部・学科一覧によると、分野として、計算機工学分野、知能工学分野、応用システム工学分野がある。
^ 2016年入学生用の大学案内の学部・学科一覧によると、分野として、建築構造分野、環境工学分野、建築・都市計画分野、デザイン工学分野がある。
^ 2016年入学生用の大学案内の学部・学科一覧によると、分野として、環境材料分野、環境システム分野、環境プロセス分野がある。
^ 山口大学の講座等に関する規則によると、修士講座として、生物生産科学、地域環境情報科学がある。
^ 山口大学の講座等に関する規則によると、修士講座として、生物機能化学、環境生化学がある。
^ 2016年入学生用の大学案内によると、講座、研究室の構成は、生体機能学講座(獣医解剖学研究室、獣医生体システム科学研究室、獣医薬理学研究室)、病態制御学講座(獣医病理学研究室、獣医衛生学研究室、獣医公衆衛生学研究室、獣医実験動物学研究室、獣医微生物学研究室、獣医感染免疫学研究室)、臨床獣医学講座(獣医外科学研究室、獣医寄生虫学研究室、獣医放射線学研究室、獣医臨床病理学研究室、獣医内科学研究室、獣医繁殖学研究室)となっている。いずれも博士講座。
^ コースは、人文学部・人文科学研究科のホームページ[3]による。
^ 「山口大学大学院人文科学研究科規則」によると、研究分野には、思想文化論、歴史文化論、現代社会分析論がある。
^ 「山口大学大学院人文科学研究科規則」によると、研究分野には、日本語学文学論、中国語学文学論、英米語学文学論、独仏語学文学論、言語学・言語情報論がある。
^ 「山口大学の講座等に関する規則」(2015年4月1日施行)によると、教員組織として、システム統御医学系学域(器官解剖学分野、整形外科学分野、機能神経解剖学分野、システム神経科学分野、高次脳機能病態学分野、神経内科学分野、脳神経外科学分野、麻酔・蘇生・疼痛管理学分野、法医・生体侵襲解析医学分野、救急・生体侵襲制御医学分野、環境保健医学分野、環境統御健康医学分野、医療環境学分野)、情報解析医学系学域(病理形態学分野、放射線医学分野、放射線治療学分野、小児科学分野、産科婦人科学分野、泌尿器科学分野、歯科口腔外科学分野、耳鼻咽喉科学分野、皮膚科学分野、眼科学分野、プロテオーム・蛋白機能制御学分野、ゲノム・機能分子解析学分野、分子薬理学分野、臨床検査・腫瘍学分野、総合診療医学分野、医療情報判断学、臨床薬理学分野)、応用医工学系学域(医化学分野、細胞シグナル解析学分野、病態制御内科学分野、医療支援工学分野、生体機能分子制御学分野、器官病態内科学分野、器官病態外科学分野)、応用分子生命科学系学域(分子機能生物学分野、生命物質化学分野、分子病理学分野、消化器病態内科学分野、消化器・腫瘍外科学分野、生命分子工学分野、生物機能開発科学分野)、保健学系学域(基礎看護学分野、臨床看護学分野、母子看護学分野、地域・老年看護学分野、基礎検査学分野、病態検査学分野)がある。
^ 2016年入学生用の学生募集要項[4]
^ 領域は、2016年入学生用の医学部保健学科・医学系研究科保健学専攻紹介[5]による。
^ 領域、教育研究分野の構成は、2014年10月および2015年4月入学生用の学生募集要項[6]による。
^ 領域、教育研究分野の構成は、2014年10月および2015年4月入学生用の学生募集要項[7]による。
^ 領域、教育研究分野の構成は、2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項[8]と博士後期課程の学生募集要項[9]による。
^ 領域、教育研究分野の構成は、2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項[10]と博士後期課程の学生募集要項[11]による。
^ 「山口大学の講座等に関する規則」(2015年4月1日施行)によると、教員組織として、自然科学基盤系学域(数理科学分野、応用数理科学分野、物理科学分野、情報科学分野、地球科学分野)、システム設計工学系学域(機械設計工学分野、機械エネルギー工学分野、社会基盤工学分野、社会システム工学分野)、物質工学系学域(量子デバイス工学分野、エネルギーデバイス工学分野、先端材料工学分野、精密化学分野)、情報・デザイン工学系学域(電子システム工学分野、情報システム工学分野、建築デザイン工学分野、知覚情報工学分野)、環境共生系学域(環境共生生物学分野、環境共生化学分野、循環環境学分野、安全環境学分野)がある。
^ 専攻、領域の構成は、2015年入学生用の大学案内(71ページ)[12]
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項[13]によると、教育研究分野には、解析学、代数学、微分幾何学、位相幾何学、偏微分方程式、非線形解析学、数理情報学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、理論物理学、相転移物理学、誘電体物理学、電磁宇宙物理学、システム情報科学、物理情報科学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、地球物質学、地圏環境学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、領域には含まれないが、社会建設工学専攻の教員による、動的構造解析学、水圏環境動態システム工学という教育研究分野がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、エンジンシステム工学、機械エネルギー制御工学、応用熱工学、流体工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、計測情報工学、機械システム制御工学、マイクロメカトロニクス、材料信頼性工学、材料力学、微小生体機械学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、地盤安全工学、情報化建設学、土質基礎工学、地盤材料工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、都市・社会システム工学、動的構造解析学、施設材料学、構造材料開発工学、水圏環境動態システム工学、環境衛生工学、国際建設工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、物質変換デバイス工学、結晶工学、物性制御工学、有機分子材料工学、セラミック工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、電子化学、高分子化学、分子反応化学、分子設計化学、機能性高分子工学、有機化学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、半導体光物性工学、半導体デバイス工学、グリーンイノベーション、結晶材料工学、固体物理学、応用物理学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、超伝導・簿膜工学、電子物理工学、プラズマエネルギー工学、先端機能材料工学、先端エネルギー工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、センシングシステム工学、制御情報工学、通信デバイス工学、電磁波・光工学、パワーエレクトロニクスがある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、計算基礎学、情報通信工学、ソフトウエアシステム工学、確率システム工学、生体情報システム工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、空間計画学、空間造形学、人間環境工学、構造設計学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、映像情報科学、情報メディア表現学、人間感性学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、環境共生生物学、環境共生化学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、環境計画学、循環環境工学、環境化学・生化学プロセス工学、環境化学工学、グリーンケミカルプロセス学、資源環境システム学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士前期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、社会基盤メインテナンス工学、環境地盤工学、防災システム工学、環境医学がある。
^ 専攻、領域の構成は、2015年入学生用の大学案内(71ページ)
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項[14]によると、教育研究分野には、複雑系数理学、非線形解析学、数理構造学、システム情報科学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、物理情報科学、理論物理学、物性物理学、地球物質学、地圏環境学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、エンジンシステム工学、機械エネルギー制御工学、応用熱工学、流体工学、計測情報工学、機械システム制御工学、マイクロメカトロニクス、材料力学、材料信頼性工学、微小生体機械学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、地盤安全工学、情報化建設学、土質基礎工学、地盤材料工学、都市・社会システム工学、動的構造解析学、施設材料学、構造材料開発工学、水圏環境動態システム工学、環境衛生工学、国際建設工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、半導体光物性工学、半導体デバイス工学、グリーンイノベーション、結晶材料工学、超伝導・簿膜工学、電子物理工学、固体物理学、応用物理学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、プラズマエネルギー工学、先端エネルギー工学、先端機能材料工学、結晶工学、物性制御工学、有機分子材料工学、セラミック工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、物質変換デバイス工学、有機化学、高分子化学、電子化学、反応設計化学、物質循環工学、機能性ソフトマテリアル工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、先端センシングシステム工学、電子制御工学、電磁システム工学、電磁波デバイス工学、パワーエレクトロニクス、確立システム工学、生体情報システム工学、計算機科学、情報通信基礎学、ソフトウエアシステム工学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、空間計画学、人間環境工学、構造設計学、人間感性学、映像情報科学、情報メディア表現学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、環境共生生物学、環境共生化学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、環境計画学、環境化学・生化学プロセス工学、環境化学工学、グリーンケミカルプロセス学、資源環境システム学がある。
^ 2014年10月および2015年4月入学生用の博士後期課程の学生募集要項によると、教育研究分野には、社会基盤メインテナンス工学、環境地盤工学、防災システム工学、環境医学がある。
^ 2015年入学生用の大学案内(78ページ)[15]
^ 農学部のホームページ[16]によると、園芸利用学、分子植物病理学、環境情報学、分子昆虫学、栽培学、野菜園芸学、応用動物生態学、昆虫学、植物育種・遺伝資源学、土壌化学、生物環境情報工学、大気環境学、農業市場・流通学、環境土壌学、作物学、施設園芸学という分野がある。
^ 農学部のホームページ[17]によると、教育研究分野には、生物無機化学、分子微生物学、食品機能化学、応用微生物学、応用情報生物学、土壌微生物学、生体反応化学、有機化学、環境微生物学、植物代謝生化学、植物分子生理学という分野がある。
^ 山口大学総合科学実験センター規則によると、分析実験分野(機器分析実験施設、生体分析実験施設)、生命科学分野(実験動物施設、生命科学実験施設)、アイソトープ分野(システム生物学・RI分析施設、RI実験施設)、資源開発分野(遺伝子実験施設)、排水処理分野(排水処理施設)がある。
^ 国立大学法人山口大学学則に記載されていない施設。
^ 経済学部に置かれている。
^ 国立大学法人山口大学学則、山口大学図書館規則、山口大学メディア基盤センター規則、山口大学東亜経済研究所規則、山口大学大学院教育学研究科規則、山口大学大学院医学系研究科規則、山口大学農学部及び共同獣医学部附属中高温微生物研究センター規則
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/Image/18land(1).pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2011』42頁)
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/Image/11library.pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2011』35頁)
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/File/intro/institute.pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2010』28-33頁)
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/Image/13accommodation(2).pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2011』36・37頁)
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/Image/14extra(1).pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2011』38頁)
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/Image/10_h24-academic-exchange-agreements.pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2012』26・27頁)
^ http://www.yamaguchi-u.ac.jp/user_data/upload/Image/17extension(1).pdf (PDF, 国立大学法人山口大学『山口大学要覧2011』39頁)
^ 山大教授不正経理 物品869点を偽装購入 山口新聞
^ 不正経理 山口大学で物品架空発注 毎日新聞
^ 中国からのサイバー攻撃? HP改ざん相次ぐ, web R25, (2010-09-29) 2011年8月17日閲覧。
^ http://www.asahi.com/national/update/0225/022.html
^ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Sp200801100348.html
^ http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090227k0000m040131000c.html

関連項目[編集]
ウィキメディア・コモンズには、山口大学に関連するカテゴリがあります。
山口大学の人物一覧
西日本の大学一覧
外部リンク[編集]
山口大学
[表示]
表 話 編 歴
山口大学の源流・前身諸機関
[表示]
表 話 編 歴
Flag of Japan.svg 日本の国立大学(国立大学協会正会員)
[表示]
表 話 編 歴
大学研究力強化ネットワーク
[表示]
表 話 編 歴
Flag of Japan.svg 全国大学獣医学関係代表者協議会
典拠管理
WorldCat VIAF: 130810512 ISNI: 0000 0001 0660 7960
執筆の途中です この項目は、大学に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者を求めています(P:教育/PJ大学)。
座標: 北緯34度8分51.5秒 東経131度28分5.2秒
カテゴリ: 削除依頼中のページ山口大学学校記事
案内メニュー
ログインしていませんトーク投稿記録アカウント作成ログインページノート閲覧編集履歴表示検索

Wikipedia内を検索
表示
メインページ
コミュニティ・ポータル
最近の出来事
新しいページ
最近の更新
おまかせ表示
練習用ページ
アップロード (ウィキメディア・コモンズ)
ヘルプ
ヘルプ
井戸端
お知らせ
バグの報告
寄付
ウィキペディアに関するお問い合わせ
印刷/書き出し
ブックの新規作成
PDF 形式でダウンロード
印刷用バージョン
他のプロジェクト
コモンズ
ツール
リンク元
関連ページの更新状況
ファイルをアップロード
特別ページ
この版への固定リンク
ページ情報
ウィキデータ項目
このページを引用
他言語版
Deutsch
English
Français
한국어
中文
リンクを編集
最終更新 2017年4月17日 (月) 08:39 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。追加の条件が適用される場合があります。詳細は利用規約を参照してください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 記事のタイトルを入力してく... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。