コツコツぼちぼち

30代の男のぼやき

哀愁の町に霧が降るのだ

2017-07-11 01:52:29 | 日記
椎名誠さんの作品だ

高校の時に読んだ

社会人になった男達の共同生活

内容はさておき、私に『こういう生き方もあるよ』『人生なんとでもなるよ』という事を教えてくれた本だ

バイタリティをもらったと思う



私は今どうだろうか

自分の生き方に自信を持っているのだろうか

明日死んでも後悔しないのだろうか

自分を見つめているだろうか

窮屈ではないか

謙虚であるか

やりたい事をしているのか


もう一度考えるべきである
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リスト | トップ | ヤクルトが好き »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。